エール!

劇場公開日:

エール!

解説

聴覚障害を持つ家族の中でただひとり耳の聞こえる少女が、歌手になる夢を家族に理解してもらおうと奮闘する姿を描いたフランス製ヒューマンドラマ。フランスの田舎町に暮らすベリエ家は、高校生の長女ポーラ以外の全員が聴覚障害者だったが、「家族はひとつ」 を合い言葉に明るく幸せな毎日を送っていた。ある日、ポーラは音楽教師からパリの音楽学校への進学を勧められる。しかしポーラの歌声を聴くことのできない家族は、彼女の才能を信じることができない。家族から猛反対を受けたポーラは、進学を諦めようとするが……。人気オーディション番組で注目された新人女優ルアンヌ・エメラが主人公ポーラ役で歌声を披露。共演は「しあわせの雨傘」のカリン・ビアール、「タンゴ・リブレ 君を想う」のフランソワ・ダミアン、「ゲンスブールと女たち」のエリック・エルモスニーノ。「ビッグ・ピクチャー 顔のない逃亡者」のエリック・ラルティゴが監督・脚本を手がけた。フランス映画祭2015で観客賞を受賞。

2014年製作/105分/G/フランス
原題:La famille Belier
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
劇場公開日:2015年10月31日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2014 - Jerico - Mars Films - France 2 Cinema - Quarante 12 Films - Vendome Production - Nexus Factory - Umedia

映画レビュー

3.5『コーダ』との違いは

2022年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

『コーダ あいのうた』を比べるためにもう一度観た。『コーダ』は何を変えて、何を変えていないのか確認しようと思ったのだが、根幹はほとんど同じだが、ディテールは結構違う。
『エール!』では主人公一家の仕事は酪農や農業だが、『コーダ』の方では漁業になっている。漁業にすることで船舶からの警告が聞こえないというシーンが生まれ、よりドラマティックな展開を生んでいたが、こちらの作品ではあのような命の危機を感じさせるシーンはなく、牧歌的な雰囲気が漂う。また、主人公の兄弟を弟から兄に変えている。姉が弟の面倒を見るのは普通だが、妹が兄の世話を焼くのは、長男のプライドにかかわるのでここでも緊張感が生まれる。フランス版の『エール!』はいい意味で、そういう緊張感が『コーダ』より少ないので、ほんわかしているのだが、これはこれで心地よい。クライマックスの感動はどちらも素晴らしく、改めてよく出来た作品だと思った。

コメントする (0件)
共感した! 10件)
杉本穂高

4.5公開時に見逃していたのを後悔するほどの傑作!

2016年11月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

幸せ

両親と弟が聴覚障害者で、家族で唯一健常者のミドルティーンの少女が歌の才能に目覚め、都会の音楽学校への進学を目指す。かなり奇をてらったような筋書きだが、ユーモアあふれるエピソードの数々と、それらに説得力を持たせる演技と演出のおかげで、作品の世界に引き込まれたまま最後まで興味が途切れない。

「最強のふたり」もそうだったように、障害者と健常者のギャップと支え合いをユーモア交え感動的に歌い上げるセンスは、フランス映画の伝統的な長所であり美点だと思う。

主演ルアンヌ・エメラのいかにもあか抜けないルックスと美声も作品にぴったり。また、ヒロインの快活な親友を演じたロクサーヌ・デュランは、最新作「エヴォリューション」でまったく別の顔を見せる。彼女の演技の振り幅にも感銘を受けた。

コメントする (0件)
共感した! 11件)
高森 郁哉

2.0 ハリウッドリメイク『CODA』のオリジナル版。  監督が違うにも...

2024年2月7日
PCから投稿
鑑賞方法:その他
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
疲れたおじさん

4.5成長と成熟を軸に、尊重しあう家族の強さを描く

2024年2月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

「エール!」と「コーダあいのうた」どっちを先に観る?という悩ましい問題について、原作(という表現で良いのかな)の印象に引っ張られないよう、「コーダ」の方を先に観ておいた。
結果、作品賞を獲ったりレビュー評価が高かったりする割に、面白味のない映画だったなという悲しい感想になってしまった。
とばっちりで「エール!」の方も興味が薄れてしまったのだが、月イチ開催の映画鑑賞会で是非観たい!というリクエストがあり、あんまり気乗りしないまま「エール!」を観た。

何これ、全然違うじゃん!めちゃめちゃ面白いじゃん!ストーリーほぼ同じなのに、笑えるところはちゃんと笑えて、しかも感動してホロッと来るじゃん!全部知ってるのに?!

リメイク作品がダメだというわけじゃない。「荒野の七人」や「バニラ・スカイ」、「ディパーテッド」は元の作品との違いこそあれ、1つの映画作品として洗練され、描きたかったテーマをとことん追求し、名作と呼ばれるに相応しい1本となっている。
しかし、「コーダ」は「エール!」が持っていたシンプルだけれど強いテーマに余計な要素が足され、本来のテーマを曇ガラスの向こうへ追いやってしまっていた。

「エール!」のテーマはズバリ「成長と成熟」、運命なんていう不愉快な観念をぶっ飛ばす「羽ばたきの物語」だ。
オープニング、主人公ポーラの一家が営む牧場での牛の出産から物語は始まる。産まれてきた仔牛はやがて我々が食べる牛肉になる。それは運命なのだ。白と黒の斑模様の牛たちの中で、たった一頭真っ黒な仔牛は、ベリエ家とポーラのメタファーである。
彼女もこの仔牛のように、運命に縛りつけられ、彼女の一生は変え難い運命に決定づけられている、ように見える事を狙ってこのシーンは存在するのだ。
この真っ黒な牛に、父ロドルフによって「オバマ」と名づけられ、以降も大事なシーンを担う。

考えてみれば、オバマ大統領だって白人ばかりの歴代大統領の中で今のところ唯一黒人の大統領となった、「YES,we can」の人である。しょーもない差別的なジョークなどではなく、畜産業における牛という「運命」を、「我々は変えていける」という重要なメッセージなのだ。

歌うことを選んだら、家族と離れなければならない。家族と離れてしまうことなど想像もできず、自分に自信も持てない。そんなポーラがふと目を止めた先で、オバマはポーラをじっと見返すのだ。
ポーラが見ているのはオバマを通した自分の姿だ。いずれ出荷される運命、私はそれで良いの?
ポーラに訴えかけるのは、牛じゃないオバマだ。自分を、可能性を信じて。「きっと出来るから」。

可能性を信じて闘うことは、父ロドルフ自身が選挙に出る事でも描かれる。父こそ、「耳が聞こえない」という運命をものともせず、自分の力を信じて、自分のやりたいことを真っ直ぐにやってきた。
成長というパートは、弟クエンティンの恋パートでも描かれる。女の子とスキンシップしたい!という欲求に素直に従う姿からは、聴覚が不自由であることへの不安も不自由さも一切感じない。
母であるジジが、ポーラのパリ行きを反対するシーンは、チーズ工房である。泣きながら「ポーラはまだ私の可愛い赤ちゃんなの」とすがる姿は、母の愛情とまだ子離れ出来ないジジの両面を描いている。それが熟成が必要なチーズとともに描かれているのが、また興味深い。
ジジにとっての「羽ばたき」とは、自分の子どもが手を離れ、一人前になることを見守れる強さを手に入れることなのだ。

成長、或いは成熟へのそれぞれの道のりが重なるように描かれ、互いが互いを必要とすること以上に、互いに尊重し合う。繊細で緻密な演出と構成が本当に素晴らしい。
この映画の中でハンディキャップは必要最小限の要素に留まり、メインのテーマを圧迫することなく、また不要で不可解な感動ポルノに変化することもなく、「当たり前」に存在する個性として捉えられるよう細心の注意が払われていると思う。

この象徴的なシーンの数々を生み出せるのに、なぜこの部分を残さなかったんだろう?アメリカにだって牧場はあるでしょうに。
逆にメロドラマチックに盛り上げようとして、「エール!」が持ち合わせていた各々の個性や、ポーラや家族や先生の気持ちを想像しうる「タメ」の時間が微妙に削られてしまっていた。

どう考えても「エール!」の方が良い映画なのに、なんでレビューの点数は逆なんだろ?

コメントする (0件)
共感した! 0件)
つとみ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る