いつだってやめられる 7人の危ない教授たちのレビュー・感想・評価

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち

劇場公開日 2018年6月30日
13件を表示 映画レビューを書く

よく分からない専門知識を軽視してはいけない

イタリアの大学の研究費削減で職を失った大学教授たちが、自らの専門知識を生かして犯罪で一儲けするというコメディ。監督は大学教授が込収集の仕事をしているというニュースに出会い、この映画の構想を思いついたそうだが、社会への皮肉を見事にエンタメに仕立てている。

大抵の犯罪は、貧困が原因であるわけだが、イタリア社会ではエリート研究者たちもが不況の煽りで職を失っている。専門分野の研究は、一般人にはそれらがなんの役にたつのかわかりにくい。だから世論に押されて大事な研究も予算削減の対象になる。

その果てに社会は大事な知の集積を失う。それは結果的には国力を失わせるだろう。本作はそこにとどまらず、研究者たちの能力が犯罪に活かされれば、こんなにも恐ろしいのだと警鐘をならす。皮肉なことに犯罪のほうが、彼らの専門知識のスゴさが一般人にわかりやすく伝わるのだ。見事な風刺コメディだ。

ローチ
ローチさん / 2018年6月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

イタリアの社会問題も見え隠れするシニカルコメディ

合法的麻薬?を作り出す元教授たち。
痛快イタリアンコメディ

まお
まおさん / 2019年4月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほんとこれ

研究者が安いバイトで生活してることが日本国内でも取り上げられてますが、イタリアでも同じことが起こっていたことを知りませんでした。研究や教育の予算を削っているのは、きっと世界中で起こっていることだと思います。中間層が一定層いないと社会が崩壊すると何かで読みましたが、確かにこの作品を観ると社会が崩壊しかかっているのが妙にリアルに感じられました。でもさすがイタリアなので、反逆の方法が笑えます。日本人は優等生なので、ここまでやらないだろうなあ。やったら面白いのに。せめて日本の映画ではちゃめちゃしてくれたらなあ。

ミカ
ミカさん / 2019年3月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好きなタイプの映画だったが

ネオンカラーが基調の映像と、早口のイタリア語(吹き替えなし)を聞きながら字幕を追うのがかなり疲れる

好きなタイプのコメディーだったが続編観るのをためらうくらい

アクアMARINE
アクアMARINEさん / 2019年3月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本年最後の劇場鑑賞1本目。 怖すぎて笑えない。干された大学の先生が...

本年最後の劇場鑑賞1本目。
怖すぎて笑えない。干された大学の先生が合法麻薬に手を染める。
本来、麻薬はダメ!ってのがテーマになるはずなのだが、本作見る限り、合法ならいいじゃん、すごくいい気持ちになれるよって感じが強い。
正義の立場の主人公恋人も最後には…
笑える箇所もあるのだが、合法ならいいでしょ、わからなきゃいいでしょ、って感満載の怖い映画に思えて全面的には賛同出来ず。
イタリアの国民性を見たようでなんとも…

はむひろみ
はむひろみさん / 2018年12月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

マフィアじゃなくてギャング

面白い、これ。

テンポ良く転がる話。噛み合うセリフの応酬。クッキリとしたキャラ。適度な知的ワールド感。交錯する登場人物の想い。恐妻にして可愛らしい奥様。ちゃんと笑える御笑いネタ。この質感、日本映画には無い、と言うか、日本語じゃ出来ないのかなぁ?

脚本が良いのか字幕の勝利かは不明ですが、二作目、三作目につながるのもうなづける完成度だと思いました。

研究者なら分子構造書きそうなもんだが、化学式なのは大人の事情ですか?

自己フォロー
同棲なので、奥様じゃないですね。
内縁の妻、ってところです。

bloodtrail
bloodtrailさん / 2018年11月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

2作目はあくまで3作目への前振り

1作目の方が馬鹿馬鹿しくて笑えたような気がします。
今作はまさに前後編の"前"の部分であり、カタルシスはありませんし、笑どころはあるものの、シチュエーション的にあんまり笑えない。
とにかく主人公がただの詐欺師のように口から出まかせばっかり言ってるだけの口八丁野郎に成り下がっており、かなり残念。科学者の片鱗はほとんど見せません

あかつきき
あかつききさん / 2018年9月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こっちの公開が先でしょ!

先に「・・・10人の教授・・・」を観てしまったので、本作の結末がすぐに分かってしまいました。作品は面白かったです。

aki007
aki007さん / 2018年7月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

社会風刺コメディ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

といやぁ、そうなんでしょうけど
500ユーロの取り立てで、汲々としてたり、1000ユーロ月の月給がもらえずに、首になるなどイタリアの実際的な問題が描かれている
そうこの映画の頃はユーロ危機だとかPIIGSなんて言われた時期
イタリアも大変なんだなぁ

nakawankuma
nakawankumaさん / 2018年7月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

賢すぎてバカ

主人公が賢そうな感じでバカなことを閃いて実行するところが痛快。仲間達も周辺の人々も総じて間が抜けてる。じわじわとくる笑い、大人なコメディ。3作目が待ちきれない気持ち。

Zita
Zitaさん / 2018年7月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

単なる笑い話と思ってはダメ。深刻な社会風刺です。

『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』の前日譚。ここからすべてが始まります。

この話を見る前に『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』を見たので、“なんのこっちゃ?”と思わずにはいられませんでしたが(苦笑)、この作品を見て、やっと話がつながりました。うーん、結局のところ、ポスドク就職問題ですよね。ポスドクの就職は、いつの世にも重要な課題です。って言うか、いまの日本を映し出しているような気がしてなりません。

とはいえ、この作品は、この作品で完結と言う思いで作ったんじゃないでしょうか?そう思う程、次作の『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』との雰囲気の違いを感じずにはいられません。本作は、当たるか当たらないか判らないまま作られたので、次作の予告が、エンドロールにはありませんでした。ですが、この続編にあたる『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』では、完結編に相当する次作の予告編が、エンドロールにちりばめられていました。

めっちゃ、現代社会を風刺していて、上映中、時折映画館内で笑い声が起きていました。まぁ、笑う所だよね(笑)

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2018年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こっちはそれほどでもなかった

こっちはそれほどでもなかった

ききみみ
ききみみさん / 2018年6月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

七人のギャング

続編である10人の怒れる教授たち鑑賞済。

 大学教授として長期雇用が約束されず個人で学生を教えるも授業料の回収も出来ずという男が、似たような境遇の仲間と連み合法ドラッグで稼ぐ話。

先に続編を鑑賞してしまっていたので半分答合わせ的な感じになってしまったが、大筋はあらすじに書かれている通りなのであまり影響はなかった様に感じる。

殆どスキルが活かされていないメンバーもいたけれど、大学教授やそれに準ずる知識を持ちながら、フリーターの様な生活しか出来ていない7人の面々が、持っているものを活かして市販の日用品からドラッグをつくり出し売って行く。

続編同様ドタバタコメディでハチャメチャではあるけれど、1作目だからかそれ程突飛な感じはなく、こちらの方がストーリーがちゃんとしていて入り込みやすく感じた。

いつだってやめられるとか、生活を変えるなとか言いつつドンドン目立って行くのは良かったものの、キレがイマイチというか面白味を感じないというか笑わせてくれるネタが乏しい。

暇つぶしには良いんじゃないかというところ。

Bacchus
Bacchusさん / 2018年6月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

13件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報