劇場公開日 2016年3月5日

  • 予告編を見る

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー : 映画評論・批評

2016年3月1日更新

2016年3月5日より角川シネマ有楽町ほかにてロードショー

“最高齢のファッションアイコン”アイリスの言葉には人生のヒントがいっぱい

昨年公開された「アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生」を例に挙げるまでもなく、年齢を重ねても自分らしいファッションを楽しむ女性は以前から讃えられている。が、注目されるということはまだまだそうした女性が特別な存在であることの裏返しでもある。撮影当時94歳、最高齢のファッションアイコンにして現役キャリアウーマンであるアイリス・アプフェルを追った本作が魅力的なのも、彼女がやはり特別な存在であるからだ。

とにかく、その日常も人生も刺激的。インテリア業界では知られた存在だった彼女が、メトロポリタン美術館でのプライベートコレクションの展示によって一躍「80歳の新人」としてファッション界注目の存在になるという展開もドラマティックなら、そもそもインテリア業界に入ったきっかけといい、好奇心が原動力の並外れた行動力は、朝ドラのヒロインのモデルにもなれそうなほどだ。

もちろん、「人の目を気にするのではなく、自分のために着る」という彼女の華やかでパワフルなファッションは誰もが真似できるものではない。けれども、そのファッション哲学をはじめとして、「人と同じ格好をしないのは、自分の意見を持つということ」という名言など、全編にちりばめられた彼女の言葉には人生のヒントがいっぱい。ファッションアイコンに密着はしているけれども、ファッションに興味がない向きも人生への刺激を受けること間違いなし。服やアクセサリーに限らず、オモチャや室内装飾品も大好きな彼女のコレクションが遊び心たっぷりに飾られたパームスプリングスの別宅にときめく人も多いはず。

アイリスが登場するイベントやパーティーの撮影にNYの名物フォトグラファー、ビル・カニンガムが訪れていたり、本作のアルバート・メイズルス監督も撮影当時88歳だったり。人生の大先輩たちが年齢を重ねても最前線で活躍している事実そのものもまた観る者に元気をくれる。そして、アイリスと仲睦まじいところを見せている夫もまた長寿。この夫妻の長寿の秘訣に迫ったドキュメンタリーも見たかった気がするが、その答えは既に本作の中にあると言える。

杉谷伸子

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー」の作品トップへ