アンフェア the endのレビュー・感想・評価

アンフェア the end

劇場公開日 2015年9月5日
137件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

アンフェアシリーズの中では、1番怖くもなかったし、衝撃展開もなかっ...

アンフェアシリーズの中では、1番怖くもなかったし、衝撃展開もなかったけど、まぁおもしろかった。

tomo
tomoさん / 2018年11月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結局いつもどおり

おもしろかったけど、結局はいつもの裏切りで終わる。篠原涼子のケツが、見れた事がラッキーくらいな映画だった。

tachi36
tachi36さん / 2018年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

“雪平夏見、最後の事件”終章~最後の最後で不満が残った… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「アンフェア」劇場版シリーズ第3作にして、シリーズ堂々の完結編。
ついに“雪平夏見、最後の事件”が完全決着。ポスターのキャッチコピーでは地味に“最後”が“最期”になっていたので、もしかしたら…なんて思ってドキドキしておりました(笑)
全ての謎にようやく終止符が打たれました。やっとここまで来たか、という感じでした。8年も掛かっちまったなぁ…。到達までのスパンが長過ぎました…。
時間が掛かり過ぎた故かは分かりませんが、真相が全部判明したにも関わらず、それほどの高揚感と満足感は得られませんでした。ちょっぴり残念です…。
しかも、連ドラが始まった当初からの謎だった雪平の父の死の真相が、個人的には何とも不満が残るものでした。殺した犯人が明かされましたが、シリーズ開始当初から出てる登場人物にして欲しかったなぁ、と思いました。そして“闇の組織”の黒幕もしかり。最後の最後に、本来の「アンフェア」らしさを取りこぼしてしまったようで、如何ともしがたいなと。引っ張った割には、みたいな感じでした。
でも、長年に渡って裏切りと猜疑が渦巻く中を、自分の中の正義と信念を曲げずに戦い抜いた雪平の強さはすごいと思いました。その強靭な精神には敬服します。

syu-32
syu-32さん / 2018年11月10日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

篠原涼子さんは魅力的でしたが

テレビや映画でシリーズを観ていなかったので、登場人物のキャラクターや関係性がよくわからずに単品としては楽しめませんでした。シリーズを観ていない人にはオススメできません。
が、篠原涼子さんのシャワーシーンというご馳走がついてます。

光陽
光陽さん / 2018年11月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

次から次へと主要人物がいなくなる中、山路刑事(寺島進)と薫ちゃん(...

次から次へと主要人物がいなくなる中、山路刑事(寺島進)と薫ちゃん(加藤雅也)だけは味方だった。それがまた本当はどっちなんだ?!と、元夫の一条(佐藤)があっちへ行ったりこっちへ来たりと混乱させる。

 復讐の連鎖を打ち切りたいという気持ちが伝わってくる映画ではあるが、そのままセリフにするのはださい。まずは一条、そして雪平。終盤は津島を亡命させようと躍起になる逃亡劇が待っているし、エンドロールではだましあいの裏の場面が紹介されるのだ。なんにせよ人を殺しすぎというのが日本に合わない内容だった・・

kossykossy
kossykossyさん / 2018年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

the end ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

雪平は気が強く、一見冷徹そして非情に見えて、
実はとてつもなく深い愛情と、切ないほどにピュアな心をもっている。自分を犠牲にしても悪と戦っていく正義感の塊のような人間。
そんな雪平を篠原涼子が力強くも丁寧に演じる。

罰サイトの復活。
闇は人の心を弄び、あらゆる手段を使って雪平を追い詰める。雪平の父を殺したのは、元恋人の一条。そして、黒幕かと思われた薫ちゃんは雪平を守るために組織に入っていたことが判明するが、一条に撃たれ死亡。
撃ちたいはずなのに一条を撃てない雪平を演じる篠原涼子の迫真の演技がなんともいえない程に巧み。
10年間を締めくくるに相応しい美しい作品だった。

目には目を。復讐には復讐を。
アンフェアにはアンフェアを。

ayane
ayaneさん / 2018年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:TV地上波、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルなし ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なんだかんだで、みんな雪平の味方で見ていて苦しくもなったが彼女は守られてた。
ラスト、雪平は生き残れたという解釈でいいのかそこが消化不良。
長年追っていた黒幕にも、正直疑問を憶えた記憶がある。スペシャルでの伏線は、回収されたのか?気になるが、一から見直す気力は起きない。

なさ
なささん / 2018年6月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館、試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ま、続きが気になるので、というくらいで見に行ったけど、ちゃんと裏切...

ま、続きが気になるので、というくらいで見に行ったけど、ちゃんと裏切り・どんでん返しあり、疑問点を回収もちゃんとありで、ある程度納得の内容。

前回までの裏切りが実は・・・とか、自分に都合のよい方に行ったり来たりというのがおもしろい。最後の最後まで仕掛けがあるとは。一生懸命に助けることが仇となるとはこのことだろう。

他の人のレビューもあるが、黒幕があっさり登場したり、父親を殺した人物があっさり登場したり、最終的な目的もあっさりしてた(そこはもうちょっと掘り下げて欲しかった)。

本当に信用するとは、どういうことだろう。

キッスィ
キッスィさん / 2017年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感想

個人的感想です。
地上波放送を録画、それを観ました。やはり、劇場で観たかったという思いが強くなりました。観たかったことに悔やんでいます。その様に思っているので、面白いです。

一応、完結ですが…

突っ込みたい所がいくつかありました。
ラストとか(笑)

xexoss
xexossさん / 2017年5月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 萌える 知的
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

えんど?

篠原涼子が美しい。それに尽きる映画でした。

過去から裏切りが多すぎて、敵の組織は謎すぎですが、
今回は2周ぐらいまわって、敵が味方になった感じです。

ただ、裏切りが多すぎて、味方のふりをしすぎて本当に?それならあのシーンどうなるの?みたいなところがぽつぽつあります。

あと、エンドって話ですが、本当にエンドなのかな?まだ作りようがあるような気がします。

hon
honさん / 2017年5月3日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ここ数年なんでやたらと篠原涼子脱ぎたがってんの スタイルはいいけど...

ここ数年なんでやたらと篠原涼子脱ぎたがってんの
スタイルはいいけど需要ねーだろ
こんなおばさんで興奮するのはハゲオヤジくらい
永山何とかの演技が微妙

2018/11/26 再鑑賞
評価☆1.5から1へ引き下げ
やっぱり面白くないし面白くない
綺麗事だらけでバカバカしいって感じ

ハル
ハルさん / 2017年4月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人が死にすぎ裏切りすぎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

たくさんの死と裏切りがあったけど、最初から怪しくて、それでも憎めない薫ちゃんが、最後にあんなカッコいい事言う薫ちゃんが、あっさり殺されてしまったのが何よりショックでした。津島と武部は怪しさぷんぷんで裏切りは納得。スッキリとはいかなかったけど、面白かったです。

向日葵
向日葵さん / 2017年3月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い作品

驚くシーンは多かったが、非常におもしろかった。

ロコモコ
ロコモコさん / 2017年3月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フェアな決着? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

日本の警察や法曹界の不正を告発しようとする津島。
彼の姿はSnowdenらと被りますが、在日米軍基地で通信データを集め(米国が日本を)監視しているというのは、実際Snowden自身の業務だったということが、先日の別映画で描かれていましたねぇ。

裏切ることが前提というか、このシリーズの特色になっているので、まぁ誰が雪平を裏切るのか予想はついてしまいます。でも、この登場人物必要か?って人も居て、伏線を回収しきれていないような印象でした。
三上はダブルスパイだったとして、結局一条の本心は何だったのか。雪平を見守り過ぎて、情と使命感の間で揺らぎ続けたのでしょうか?肝心の闇組織全容もよく分かりませんでした。そこは観客にもアンフェアな気がします。
簡単に入れてしまい、銃撃戦が始まっても誰も出てこないという警備皆無の大使館…。それと、外国のニュースキャスター役、笑い過ぎです(^^;)。

犯人射殺の過去に苦しめられてきた雪平は、最後に犯人を信じ、自ら銃を置いたのですね…。

everglaze
everglazeさん / 2017年3月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バカか?お前 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アンフェア見てからバカか?お前が口癖になっちゃって困るね!
瑛太の弟が出てるからみょうな期待をしてしまった!いつも通りアンフェア面白かったよ。そうだそうだ阿部サダヲこんな役だった!とかいろいろ思い出せてたのしかった。三上かおるちゃんが死んだのがちょーーーかなしかった!

もこりんぺん
もこりんぺんさん / 2017年2月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少しきになる部分も多いが面白かった

少しきになる部分も多いが面白かった

まるじゅん
まるじゅんさん / 2016年12月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そのお仲間が一番信用できないんでね ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「アンフェア the end」(佐藤嗣麻子監督)から。
警察内部の権力組織をネタにした作品は、映画に限らず、
作家・横山秀夫さんの小説でも人気がある。
どの作品にもリアリティがあり、もしかしたら本当に
こんなことがありえるかも?と思えてしまうほど、巧妙だ。
だからこそ、残したい台詞もメモも増えてしまう。
今回は、ちょっと皮肉っぽくこの会話を選んだ。
「事件に関する情報を一番先に教えてくれ」と頼むシーン、
篠原涼子さん演ずる、雪平夏見がこう切り返す。
「警察にはお仲間がたくさんいるんでしょ?」
それを受け、佐藤浩市さん演ずる、一条道孝が、
間髪入れずに、こう答えた。
「そのお仲間が一番信用できないんでね」
志を同じくし、仲間だと思って一緒に行動していた人たちが、
実は対抗勢力だったりすることもあり、最近、
新聞紙上を賑わしている事件は、内部告発が多いのも頷ける。
作品内、何度も出で来る台詞、
「私はあんたを完全に信用したわけじゃないからね」が輝く。
「人を信じる」ことがテーマの「アンフェア」は、
「何度、人に裏切られても、お前は人を信じた。
たとえ口では、信じないといっても・・
悲しいくらい優しいな」のフレーズで、ほっとさせられた。

shimo
shimoさん / 2016年10月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ワンパターン

誰もが雪平に近づき、
誰もが雪平を裏切るが、
誰もが一方で雪平に惹かれていく。

しかし心に決めた使命を全うするため、
復讐の連鎖を続けていく…

ドラマからずっとこのパターン。
それならドラマで止めとくほうが
千倍よかった。映画が全体の質下げてる。

そして、裏切り者が多すぎる。
こんなにバンバン裏切り者がでたら
見てる方は驚くより逆にシラけるって
なんで分かんないかなー?

ラストも…は?ですよ。
夢オチでしたくらいのこじつけ。
伏線も何もないこじつけ。
とってつけたようなこじつけ。
ひどいよーードラマファンなのによーー

前作は佐藤の死という大っきな展開の
おかげでドラマチックになってたけど
今作はだめだ…

あとAKIRAの演技がもう何だろうあれ
何なんだろうあれ、もう何なのよあれ

永山絢斗と加藤雅也はかっこよかった

伊織
伊織さん / 2016年8月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不完全燃焼 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ラストと銘打ちながら、続編もありそうな終わり方。ただ薫ちゃんが亡くなったので、やっぱりラストなのかなぁと・・・

裏切り・裏切りの連続で楽しませていただきました。

敢えて苦言を呈するならキャスティングミス感が否めません。AKIRAはないでしょ。

全体的には「何だかなぁ」って感じです。

ボンボン
ボンボンさん / 2016年7月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フジテレビは映画作るなよ。

ドラマだけが面白かった。良かった。復讐というテーマ、巧みな話の構成と意外性のある展開、キャラクターの動機、それらはドラマでは非常に説得力があり、よく出来ていて面白かった。しかし第一弾の映画は安っぽいアクション、第二弾は陰湿なミステリーでドラマから元旦那を演じている香川照之があっさり死に、ヒロインの篠原は唐突に出てきた佐藤浩市に恋に落ちている。それが第三弾では復讐の連鎖を断ち切る動機になってるらしいのだが、父親を殺され元旦那まで殺られてこれまたドラマから出演している加藤雅也演じる最も信頼を置いている親しき同僚まで殺されてるのに、佐藤浩市の演じるキャラをそこまで愛する経緯なんて第二弾でもなかったしよ、どうして許せんだよ。警察と司法機関の不正を告発するという事を達成して復讐を果たしたってことか?とにかく脚本が最悪で、
寺島進の役もご都合主義で生きていて、他にもミステリー、サスペンスとしては壊滅的な箇所ばかりと同じ手法の連続で酷すぎた。

読書&映画オタク
読書&映画オタクさん / 2016年7月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

137件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi