マルガリータで乾杯を!のレビュー・感想・評価

マルガリータで乾杯を!

劇場公開日 2015年10月24日
7件を表示 映画レビューを書く

『ママ、私、好きな人ができたの』

いろんな感情はあったけど、前向きに生きてる彼女が素晴らしかった!

海(カイ)
海(カイ)さん / 2016年5月23日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アッパレな主人公。

チラシのイメージで抱いていた内容への予想は見事に裏切られ^^;
これはインド映画か?と思ったほど。ヒロインを演じていたのが
インド育ちのフランス人女優なので顔立ちもあってフランス映画
っぽい。身体障害者で車いす生活という時点でおおよその見解を
抱いてしまう鑑賞者をよそに、普通感覚で若さゆえの体験を重ね
てゆく主人公にはアッパレという気分。特にセックスライフでの
描写があっけらかんとしていて驚いた。五体満足人でもこれだけ
の体験ができるかどうかは謎だ。それにしても笑顔でマイペース
な彼女の魅力は十分すぎるほど伝わる。母親のエピソードは唐突
すぎて不自然。主人公の恋愛遍歴だけでお腹一杯になれる作品だ。

ハチコ
ハチコさん / 2016年5月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

女性は女性、か。

これがインドで製作されたことに意義があるであろう一本。

障害をタブーにも綺麗事にもしない作品の姿勢が、観ていて気持ちが良かった。
主演の女優も、とても良かった。
それ以上に語ると、どうしても角が立つので、以下は割愛。
この間8割人で埋まったエレベーターに、「乗れますか?良かった」とベビーカーを押し込んできたお母さんを思い出す。
子供を抱いてベビーカーを畳むとか、次を待って空いているのに乗るとかしない自分本位でしか考えられない脳のオーナー。
そんな方は是非この作品は、観たほうがいいと思う。

が、やっぱり。

不自由を乗り越えるには「金」なんだよね「金」。

世知辛い気分、アゲインの作品。

レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれ
レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれさん / 2016年2月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

詰め込みすぎるのがインド的なのか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

話詰め込みすぎだろうよと思いました。
一つ一つをもう少し掘り下げてよ、いいテーマなんだからさと思いました。
母を殺さなくてよくない?と思います。

脳性まひで車椅子生活を送る主人公ライラの悲喜こもごもです。

頭いいんでしょうね、作詞したりするライラです。ポルノサイトをねたに自慰したり、車椅子友の男子とムラムラしてチューしたり、大学のイケメンに片思いして告白したらドン引きされて、ニューヨークの大学に編入したらサポートボランティアの男子がかっこよくてポーっとなり、でもライラに興味なさげだから距離を置いたら、目の見えない女子学生に出会い、友達になったともおったら彼女はレズビアンでライラを好きだという。恐る恐るセックスを試したらなかなかよかったのか付き合うことになり、恋人との蜜月を謳歌します。その後家族へのカミングアウトに悩んだり、サポートボランティアの彼と浮気しちゃったり
で、帰省先のインドで彼女と別れ、カミングアウトするもバイセクシャルを気持ち悪いと拒否した母は病死し(結構最初から難病フラグたってる)、母の死は辛いけど愛があるからみたいな感じでまとめに入り、ライラはおめかしして自分とデートするという話なんですね。

もう全部言ってしまいました。

鑑賞後にライラの性描写に拒否反応を示す意見を見ました。その拒否反応は障がい者への差別、偏見だと自覚しろよと、伝えようがないけど思いました。
ライラがわがまま女にしか見えないという意見にも、女性差別だと自覚しろよ、と思いました。
健常者の男がやったらよくある話ですけどね。同性愛部分はすこし珍しくなるかもだけど、衝動で友達とイチャつくけど美人が本命で友達は軽くあしらうとか、浮気してその浮気を尽くしてくれてる恋人に自分から暴露してみたいな話、男がやるならあるあるでしょ?
男がやることは女もやるんだよ。女も浮気するし、衝動でいい加減なふるまいをしでかすんですよ。障がい者でも同じだよ。そこをつまびらかにした点がこの映画の美点です。

でも、いかんせん要素が多すぎて、散漫になっちゃったのが残念なんですよ。

しかも、ラストに自分とデートってゆうのは、ライラの自己肯定が1番のテーマだったわけでしょ?そこの掘り下げがとても甘い。
バーでの会話でちょっとだけ卑屈な面を見せてたけど、他はそこそこ自己肯定できてる人の行動のように思えました。

浮気された彼女とも喧嘩の結末わからんまま(別れたんでしょうが)だし、母ちゃん死んでなあなあにされた感否めなかったです。

テーマ絞ってください。もったいないなぁと思いました。

奨学金とはいえ、ライラの家は裕福なのでしょうかね?簡単にニューヨークに編入させられるってねぇ。お父さんの出で立ちからしてシーク教徒ですよね?ちょっと学んできてますね。インド興味しんしんです。
家族みんなでダンシングが可愛らしかったです。

この映画、インドではどう受け止められたのか気になります。インドは日本よりさらに女性蔑視社会(日本の常識からみるとですが)と見聞きしてますが、どう観られたのかなぁ。

だいず
だいずさん / 2016年1月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

車椅子の女子大生の自立の話のインド映画。健常者に恋して失恋し、それ...

車椅子の女子大生の自立の話のインド映画。健常者に恋して失恋し、それを機にニューヨークの大学へ編入する。ニューヨークにはお母さんもついてきてくれて、異国の地でちゃんと通学できるか、密かに見守ってくれたりしてる。そんな中、目の不自由な女子大生と知り合い、母の帰国後は彼女との生活を始めるけど、実は彼女とは単なる友達でなく恋人同士の関係。彼女とのニューヨークの生活を楽しむ一方、帰国した母親はガンに冒され、かつての母娘の関係とは逆に自分が面倒を見る側に。
主人公の女優はインド出身ではあるけどフランス人で、どう見ても母娘に見えないのがツライ。

ミーノ
ミーノさん / 2015年12月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

プロモーションのミスリードで評価の低い本作を全力で擁護します。

母と娘の感動秘話的なプロモーションのミスリードで評価を下げてることと、障がい者は謙虚に控えめに生きるべきだとでもいうような、自由奔放な(そう見えるだけ)主人公ライラに対する偏見と差別の入り交じった感想がネット上に散見され、公開当初は評価が低かった本作でした。
でも、むっちゃ良かったっす!

主人公のライラは(カルキ・ケクラン)、脳性麻痺で電動車椅子で生活をしています。また家族の深い愛情に支えられ、成績優秀で、優れた詩を書く感受性豊かなデリー大学の学生です。
同じく車椅子の幼なじみでと、大学内でこっそり激しいちゅーをするくらいの情熱的な子。
でも詩を提供しているバンドのボーカルのことを好きになり、ただ真っ直ぐに告白してしまう。
結果、失恋。

「ママ、私、好きな人ができたの」

ライラの告白を聞いて、表情を強ばらせるお母さん。でも「良かったね」としか言いません。失恋したときも、優しくライラを抱きしめます。
失恋をきっかけに、ライラはデリー大学からNY大学への編入を決意します。自分をふった彼のいる大学には、通いたくないと。
うむ、分からんでもない。
NYへはお母さんが付き添い、生活の基本が整うとライラ一人での生活が始まります。

初めての一人暮らし。と思いきや、視覚障がい者の女性ハヌム(サヤーニー・グプター)と出会い、同性愛者の彼女と親密な関係になります。
また、大学で授業のサポートをしてくれたイケメン:ジャレッド(ウィリアム・モーズリー)にトイレの介助をされてから、彼とも親密な関係になります。
ライラは全介助の状態です。本当はもっと自分でできることがあるのかも知れませんが、
母親に全ての世話をされている状態です。
だから、自分の世話をしてくれたハヌムを受け入れる。
自分の世話をしてくれたジャレッドを受け入れる。
ハヌムも、ジャレッドも、献身的に世話をしてくれる母の代替え。
自由奔放で我が儘と評されている主人公ですが、私は違うと思いました。
ただ、受け身なんです。障がいのせいで、受け身でいるしかないと思い込んでるように感じました。

子供の頃に、 高峰秀子さん、小林桂樹さんが聴覚障がい者の夫婦を演じた「名もなく貧しく美しく(1961)」を観ました。
その中に「私たちのような者は、一人では生きていけません(だから夫婦2人で力を合わせて"普通"の生活をしなくては」という台詞があって衝撃を受けた記憶があります。
他にも自分達は普通じゃないから、世間に迷惑をかけないように、謙虚に、控えめに生きるべきだ(不確かです)。という台詞もあったように思います。
ネットの評価を見てると、現在でも無意識に、障がい者にこのような控えめな生き方を求める人が多いようで、ちょっとぞっとしました。

原題のMargarita, with a Straw(ストローつきのマルガリータ)は、ラストに通じるメッセージ性の強いタイトルです。あることをきっかけに、ストローつきの人生を選択した"10代の女の子"を描いた作品です。
繰り返しになりますが、映画の評価は観る方の知識や経験、そしてなにより、その時の精神状態が影響すると思います。
いま私も、ストロー付きの人生を選択しようとしてるので(笑)
「ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女」は縋って来ましたが、本作は私をぐいっと引っ張ってくれるような映画でした。

実はインド映画です。
でも(インドでは過激じゃないの?と思われる)性描写が多々あり、もちろん同性愛も描かれ、アダルトサイトとか……、その点からも随分とチャレンジしている作品だと思いました。

PS主演のカルキ・ケクランも魅力的ですが、ハヌム役のサヤーニー・グプターが美しかった!またインド映画ですが、踊るのは1分程度です(笑)

まこさぽチャンネル(さぽしゃ)
まこさぽチャンネル(さぽしゃ)さん / 2015年11月29日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

プロモにやられた。

健常者が上から目線でほっこりしようとすると、やられマス。
海外の障害者との距離の近さにはちょっと驚かされましたが。誇張もあるかもだけど。

うり坊033
うり坊033さん / 2015年10月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報