劇場公開日 2015年5月23日

  • 予告編を見る

追憶と、踊りながらのレビュー・感想・評価

3.313
12%
41%
41%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全13件を表示

4.5重なりあわない言葉

ふわりさん
2017年9月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

中国語と英語で話し合うので、慣れるまでにイライラした。
終盤につれて俳優達のすばらしさに引き込まれてしまい、言葉の違いはなくなって行った。

ただ、ベンがほとんど会ったこともない恋人の母親にあそこまでのめり込むことが違和感を感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり

4.5愛の記憶と共に

yuitosさん
2017年2月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yuitos

3.0舞台劇みたい

2016年12月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

寝られる

イギリスの老人ホームに入所している中国人の女性のもとに、イギリス人の青年が訪ねてくる。
この女性にはゲイの息子がいたのだが、事故で亡くなっており、青年は息子の愛人だった。
英語と中国語が出てきて、通訳が訳しながら会話が進むので、このテンポに慣れないと眠くなる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.5映像美

shankarさん
2016年9月23日
iPhoneアプリから投稿

繊細な演技が素晴らしく、映像がとにかく美しい。
いい映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shankar

4.0喪失

ミカさん
2016年5月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

4.0愛する人を亡くした悲しみの果てに続く希望の光

2016年3月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

幸せ

ベンウィショーが出演していると言うので楽しみにして映画館に行ってみると何とも驚いた!俳優ってこんなに様々なキャラクターを演じ分ける事が出来るのだから、本当に大変な職業だなと尊敬したくなったものだ。
今ヨーロッパでは移民の受け入れを容認する事を起因として、それぞれの異なる文化・習慣が急激に混ざり合う事で、大きな摩擦を生む事に発展するのではないかと社会問題になっている。
本作も紛争地帯からの移民ではないけれど、異なる人種の者達の恋、更にその恋はゲイカップルと言うセクマイ問題、カミングアウト問題。そして、言葉の理解出来ない国で暮らす年老いた親の介護問題等々、社会問題テンコモリの映画を僅か90分以内で魅せるのだ。
ちょっと欲張りすぎ?と映画予告編を観た時には思ったのだけれども、本編を観たら全く違和感が無かったのには驚いた!
監督は本作への思い入れが強いのか、あっと言う間に映画は終了した!確かに86分は短いか?だが、そのコンパクトな映画は丁度、無駄な贅肉を落とし切ったような鍛えられた肉体美のように、選び抜かれたセリフと無駄を排除し、一つ一つのシーンが効果的に流れていく編集の巧みな演出には本当に驚いた!
これで、長編映画デビューの監督だと言うから、ホン・カウ監督の今後が益々楽しみでならない!そして、我々日本人には山口淑子の「夜来香」と言う名曲が使われているのはより親近感が持てる。主人公リチャードの恋人のカイを演じた新人のアンドリュー・レオンも良いが、何と言ってもカイの気難しい母親を演じたチェン・ペイペイは御見事だ!しかしベンも負けずに繊細な役処を見事に演じ切っていた!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)

4.5美しい

ナカノさん
2016年2月6日
iPhoneアプリから投稿

ベン・ウィショーの演技を始めて見たが、素敵な俳優だと思った。美して、儚げで、なによりこの作品とすごくマッチしている。
映像も色づかいから何まで美しく、俳優たちも魅力的だ。
観終わった後にいつまでも心地良い余韻の残るような、そんな作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナカノ

3.0夜来香の追憶。

ハチコさん
2016年1月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

幸せ

今作で惹かれたのは冒頭に流れる李香蘭の「夜来香」の旋律と
男同士がベッドに横たわるラブシーンの映像としての美しさ。
言語や文化の異なる男女が軸となるこの作品では言葉が通い
合う分かり易さが殆どなく、たどたどしくもどかしく、苦い。
事故で亡くなった息子の彼氏を毛嫌いし孤独に浸ろうとする
母親ジュンとそんな母親を救おうと足掻く彼氏のリチャード。
自分を拒否する人にどう振舞いどう対話しどう溶け込むかを
繊細に描いている作品だが、それを反対の立場に置き換えて
想像すると分かり易い。もしも自分の息子や娘が同性愛者で、
それを言わずに亡くなってしまったとしたら。頑なに他人を
拒む母親の孤独が高齢者の友人(彼氏)ができたことによって
和らいでいくが、またしても言語と文化の壁が立ちはだかる。
過去の後悔から臆病になる気持ちは分かるが、いつかは対峙
すべき問題で、息子に代わり手助けしてくれる若者がいると
いうことだけでも有り難いものだと素直に受け止めて欲しい。
ちなみに主役のウィショーは007のQにはとても見えない。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ハチコ

4.5静かな静かな美しくて悲しい関係

josh joshさん
2015年6月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

愛に溢れた映画。通訳の女性の、中国人らしい素直な感情の爆発が、胸を打つ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
josh josh

2.5チラシがなんだか、変。映画ライターさんが「本人不在、通訳必須。最悪...

2015年6月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

チラシがなんだか、変。映画ライターさんが「本人不在、通訳必須。最悪の条件が揃ったカミングアウト」と言っている下で、コメンテーターさんが「言葉の力はやはり素晴らしい」。いやいや、そういう映画じゃなかったよね? 字幕しか見てなかったらそういう感想になるかもだけど? 映画自体も、本当はババァが主役だけど、ビッグスターが引き受けてくれちゃったからそっちをメインに宣伝しましょう! 的なチグハグな印象。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ウラレナ

2.5美しいラブシーン

2015年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

李香蘭の唄う「夜来香」が流れ、モダンでシックな壁紙の文様をゆっくりと目で追うかのようなオープニングのカット。ウォン・カーウァイ風味である。ゆっくりと移動するカメラはその後も変わることなく続く。
チェン・ペイペイ演じる主人公のジュンと一人息子が話をしている。そこへ女性職員が電球の交換に来たところで、ベッドに寝そべっていたはずの息子が消えている。
オープニングからここまでのほんの短い時間で、この物語の基礎となる主人公の境遇や大切なわが子を失った事実を、簡潔かつ正確に伝えている。理屈っぽいセリフや、説明的な回想などを全く入れることなく観客に基本情報を伝えることに手慣れた感じがする。
映画にはセックスにおける二組のマイノリティが登場する。一組はゲイのカップル。もう一組は異民族・異文化・異言語でかつ高齢者同士のカップル。息子を失ったジュンは、その外界との唯一のパイプが失われたことで、こうした現代世界を覆う諸問題と同時多発的に向き合わなければならくなった。
ベン・ウィショー演ずる息子の恋人はジュンにそれらの問題を乗り越えてもらうべく様々な手伝いをする。それによって少しずつ変わっていくジュン。映画のジュンへの眼差しが暖かく、こちらも胸が熱くなる。
ところが、ジュンを動かすことになるその熱意がどこから来るのかが曖昧。愛した人の母親だからだろうか。そのあたりにしっかりと焦点をあててくれたら言うことなかった。
ベン・ウィショーとアンドリュー・レオンのラブシーンが美しかった。ゲイでなくともその美しさに見惚れてしまう。私の並びの席にいたそれと思しき男性二人が、そのシーンに息をのんでいたのが印象的だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
佐分 利信

4.5つきぬ思い出の花は夜来香…

HIROKICHIさん
2015年5月25日
iPhoneアプリから投稿

悲しい

幸せ

彼氏の『母』、息子の『恋人』…
国籍、言語、セクシャリティ、共に立場も考え方も違う二人が通訳を介し、つたないながらもコミニケーションを取ろうとする姿が切なく、ベン・ウィショーの誠実な演技に爽やかな涙がこぼれました。
大切な人とのあたりまえの日常を、改めて考えさせられる珠玉の作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HIROKICHI

4.0彼の死の追憶とともに

2015年5月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

愛していた我が息子の死を悲しむ母、いつまでも一緒でいたかったと悲しむ彼の恋人である男。 お互い違う立場で亡くなった男への気持ちや孤独はどこまで近づけるのか。ラスト、 亡くなった彼の部屋で「彼の匂いがする。」と言いながら、お互い滂沱の涙。息子として 同性愛者の相手として、何にも繋がりがなかったような立場の母と恋人の彼、一つの壁を 乗り越えてお互いが交わることのないそれぞれがそれぞれの「追憶」を携えて生きていくことであろうと思えた。そんな人間の心の襞を上手く描いていると思った。言語と文化の違う二人の会話は、通訳を介さなければ通じないところが、非常に歯痒く感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
突貫小僧
「追憶と、踊りながら」の作品トップへ