劇場公開日 2015年8月1日

  • 予告編を見る

「観終わって しばらく立ちたくなくなる映画だった。一人の男が自分の情...」セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター UTAさんの映画レビュー(感想・評価)

3.723
25%
52%
19%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5観終わって しばらく立ちたくなくなる映画だった。一人の男が自分の情...

UTAさん
2016年1月27日
Androidアプリから投稿

観終わって しばらく立ちたくなくなる映画だった。一人の男が自分の情熱に正直に生きて ここまで辿りつけたのは幸せな事だと思う。彼の写真は重厚さが有る。そして、人間の闇を見ている。しかし、彼は旅人で気ままさがあり、それを支えてるのは妻の存在 少ししか彼女にはふれないが、却って この妻も とても気になった。 人間を養い 癒すのは地球 大地であり 女性なのだという事をサルガドが理解しているのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UTA
「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」のレビューを書く 「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」のレビュー一覧へ(全23件)
「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」の作品トップへ