イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所 : 映画評論・批評

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

劇場公開日 2014年10月11日
2014年10月7日更新 2014年10月11日より新宿バルト9ほかにてロードショー

クロエがめずらしく、同世代が感情移入できる等身大のヒロイン役で涙を誘う!

「イフ・アイ・ステイ」はクロエ・グレース・モレッツのフィルモグラフィーからすると、少し異色の作品だ。これまでの彼女の役柄といえば、本人の愛らしいルックスに反して、幼い頃から父に殺人の訓練を受けてきた戦闘少女(キック・アス)、永遠に少女の姿のままさまよい続けるヴァンパイア(モールス)、抑圧された環境で超能力が目覚める少女(キャリー)といった異形の者ばかり。ブレイク作となった「キック・アス」のヒット・ガールのイメージのせいか、映画の中で彼女はいつも孤独で辛い青春をおくってきた。

今回の映画は違う。クロエが演じるミアはオレゴン州ポートランドに暮らす普通の女子高生だ。チェロが大好きで、ちょっと内気なところがあるが、親友がいて、彼女の夢を全力で支える家族がいる。ロック・バンドのボーカルとして地元では有名人の上級生、人気者のアダムが彼女を見初め、ミアは甘くてせつない初恋の通過儀礼を経験していく。

画像1

家族に守られ、初恋に戸惑い傷つき、夢を懸命に追う少女を主人公にした、「イフ・アイ・ステイ」のてらいのない作りは、いかにもプロデューサーのデニース・ディ・ノビの制作らしい。90年代にはウィノナ・ライダーとのコンビで知られていた彼女は、10代や20代の若手女優を主人公に少女マンガ的な映画を作ってきた。「ロイヤル・セブンティーン」「旅するジーンズと16歳の夏」「ラモーナのおきて」といったディ・ノビの作品で、女優たちはその年齢特有の健やかな魅力を発揮して、スクリーンで輝いた。クロエ・グレース・モレッツにも、そんな映画が1本必要だったのだ。いつもは近寄りがたいヒーロー的な存在の彼女が、ここでは同世代の感情移入を誘う等身大のヒロインを演じている。

しかし、クロエの行く道にはやはり試練がつきまとう。映画の中のミアは不慮の事故で家族を奪われ、本人も生死の境を漂っているという設定だ。昏睡状態から目をさませば胸が張り裂けるような現実が待っている。苦しみから逃れたかったら、生きることを手放すしかない。

病院のベッドに横たわるミアに寄り添う、祖父役のステイシー・キーチが泣かせる。彼がミアに呼びかけるシーンでは、試写会場のいたるところからすすり泣きが漏れた。彼が口にするいたわりの言葉は、今までの作品でクロエが演じる少女が決してかけてもらえなかったものだ。その事実が余計に涙を誘う。

山崎まどか

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全46件)
  • 生死の境で知る家族、恋人、人生、幸せ ある一人の女子高生が自分の人生を振り返る。 少女は特異な状況下に置かれている。 交通事故に遭い、両親・弟は死亡。自らも魂が身体を離れ、臨死体験となり、生死の境をさ迷っている。 そんな彼女が思い出... ...続きを読む

    近大 近大さん  2018年5月18日 08:13  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • その時あなたは、どうする? クロエちゃんが出ているから観ました(笑) キック・アスの元気一杯イメージからガラリと雰囲気を変え、大人の女性になっていました。 映画自体の設定は面白いのですが、ストーリー展開はもう少し盛り上... ...続きを読む

    ガーコ ガーコさん  2018年4月23日 00:56  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ハッピーエンド最高 ネタバレ! ...続きを読む

    Takashi Takashiさん  2018年1月23日 20:47  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ザ・プレデター ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊る 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi