劇場公開日 2014年10月17日

  • 予告編を見る

誰よりも狙われた男のレビュー・感想・評価

3.533
13%
55%
28%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全33件中、1~20件目を表示

2.0トンビにアブラゲ

odeonzaさん
2021年2月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

2.5タイトルなし

ケイさん
2020年11月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

期待していただけにちょっとがっかり地味

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

3.5なぜドイツ語じゃないんだろう?

2020年5月4日
PCから投稿

諜報員たちの静かな攻防戦。リアリティのある抑揚の無いしぶーい映画で、
だからこそ言語だけリアリティに欠ける事が気になってあまり集中できなかったのが心残りです。
ダニエルブリュールいるので余計にになぜ…という気持ちに襲われてしまってなんか勿体無い見方をしちゃったなあ…。
といいつつ、フィリップシーモアホフマンは、ヨーロッパ多言語話者の話す英語を喋っている感が出ていて、やっぱり最高の役者さんだ…と感嘆するしかなく。
映画の結末も相まって、なんだか物哀しい気持ちにもなりました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ご飯食べ太郎

4.0ラスト

2019年9月5日
Androidアプリから投稿

全てが渋すぎる。
ミッションインポシブルとは真逆のリアルなスパイ映画。ホフマンの演技が素晴らしい。
そしてあのラスト…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤い彗星

4.0フィリップシーモアホフマンを堪能

ジジさん
2019年8月25日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジジ

4.5すごい。とにかく演技のすごさを感じる。

fiiiga1さん
2019年7月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

フィリップ・シーモア・ホフマンの素晴らしい演技がとても堪能できる一本。

ストーリーもとても楽しめた。

対テロリストの部署にいて
仕事以外のことに興味を示さない男が主役で
その役を見事に演じ切ってくれてます。

何度も策を講じて敵を追いつめていく
目の離せない展開で、
ラストにおぉ〜と思わせてくれる数少ない映画。

タイトルもバッチリだし文句なしです。

いい意味で、主役がこのビジュアルで
最後まで飽きさせず、
のめり込ませてくれる演技ができる役者さんは中々いませんね 。
この人の演技がもう観られないのは非常に残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fiiiga1

5.0予告のラストは永久保存版

2019年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

難しい

凄いタイトルだ。
全部鑑賞して振り返るとなおさらズシンとくる。

テロ。
絶対に防ぎたいけれど難しい…。
イッサは本当のところはどうだったんだろう?

日本でもテロ対策法が取りざたされていたけれど、イッサみたいな目に合うのかな?
 名優の演技や演出等の映画としてのおもしろさに酔いしれるとともに、すぐそばにある現実と思うと、怖い…。
 トミーやアナベル達もいつの間にか巻き込まれているわけだし。

原作未読。有名な『裏切りのサーカス』未鑑賞。
 かなり端折っているのだろう。あの息子が父を裏切る理由が???だったりするのが難点といえば難点だけれど、映画の評価を下げるほどではない。
 そんなわけのわからんところが、何に巻き込まれてどうなっていくのか?あの人の真意は?見えない相手はどう動く?と、渦に巻き込まれてしまった緊張感を体験させてくれる。

ホフマン氏の遺作。
 本当にいつ倒れてもおかしくない様子が、演技なんだか地なんだかで、観ていて痛くなる。尤も演技にひきこまれて、後半気にならなくなるけれど。
 あの予告は永久保存版。本当にいつまでも観ていたい。

そんな映画の余韻と、ホフマン氏への哀悼に逡巡するエンドロールに流れるのが、トム・ウェイツ氏の歌。沁みわたる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

4.0ホフマンの演技力

asaさん
2019年5月30日
PCから投稿

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

3.5悔しいよね

2019年3月16日
iPhoneアプリから投稿

名優の抑制の効いた演技。レイチェル・マクアダムスのまっすぐで素朴な感じなど 静かなストーリーだけに俳優の良さが感じられます。いくつかのシーンでは特に感情がひしひしと伝わってきます。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
xmaseve1974

3.5ホフマン

2019年1月30日
iPhoneアプリから投稿

最高

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はやしme456331

4.0月並みだけど、ほんとーーに、惜しい人を亡くした、と言ってしまう。ま...

2018年3月14日
PCから投稿

月並みだけど、ほんとーーに、惜しい人を亡くした、と言ってしまう。まだまだいろんな作品で見たかったし、これからますますセクシーっぷりを発揮してくれそうだったのに…。残念でならないです。

そしてロビンライトがキレイになっとる!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まるぼに

1.0時事が何ひとつ分からない!!

2017年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

難しい

寝られる

同じ原作者の「裏切りのサーカス」と同じく、こちらもつまらなかったです。アメリカとイスラエル、サウジアラビアで共謀してテロリストを育成しているので、枝葉の部分だけ小難しく描写しても何も分からず面白くも何ともないです。レイチェル・マクアダムスは「アバウト・タイム」で苦手でしたが、本作は眩しかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
𝔄𝔫𝔤𝔢𝔩𝔬

4.0残るのは…

ゆた147さん
2017年2月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆた147

5.0ハンブルグで諜報活動を行なっている熟練のスパイ、ギュンターはトルコ...

よねさん
2016年10月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね

5.0ホフマン渋い

2016年5月28日
Androidアプリから投稿

地味だけど良い映画だった
ボーンやボンドみたいな派手な活躍も好きだけど
よりリアルな本物のスパイって感じで
これはこれで味がある
ホフマンの遺作

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
のりすけぇ

4.5誰よりも惜しい俳優。

ハチコさん
2015年9月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 4 件)
ハチコ

4.0面白く深い

素子さん
2015年7月21日
iPhoneアプリから投稿

深いね。ホフマンの深い役作りが印象に残るね。諜報戦での冷酷なCIAと対照的に諜報員を守ろうとする熱いキャラをホフマンが演じる。アクアダムス演じる弁護士の脇役もなかなかだな。しかしオチではCIAに全て持って行かれる悲しい結末やな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
素子

4.0月並みだけど、ほんとーーに、惜しい人を亡くした、と言ってしまう。ま...

まるこさん
2015年7月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

月並みだけど、ほんとーーに、惜しい人を亡くした、と言ってしまう。まだまだいろんな作品で見たかったし、これからますますセクシーっぷりを発揮してくれそうだったのに…。残念でならないです。

裏切りのサーカスの原作者だったのかあ。あっちよりは軽めかな。

そしてロビンライトがキレイになっとる!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まるこ

3.5ミニレビュー

2015年4月10日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

難しい

思ったよりも退屈。

でもフィリップシーモアホフマンの遺作としてはラストは悲しい気分になる。

続編があったのだろうから残念。

でも見事な演技でした。合掌。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
作品に向き合うゆき平

4.5許されたいと願うことさえ許されない [各所修正]

2015年2月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

知的

元MI-5(英国軍情報部)出身の作家ジョン・ル・カレの
2008年刊行作『誰よりも狙われた男』の映画化にして、
昨年急逝したP・S・ホフマン最後の主演作。

ドイツに密入国してきたチェチェン人の青年イッサ。
ドイツの情報局はイスラム教徒である彼が
テロを企てている可能性を憂慮して彼をマークするが、
ベテラン局員のギュンターは彼をわざと泳がせ、
更に大きなテロ情報源を得ようと試みる……
というあらすじ。

鑑賞中に思い出したのは2012年公開の『外事警察』劇場版。
テロに対抗する為には民間人を利用する事もいとわない非情な世界。

イッサの悲惨な過去に同情を寄せ、彼にドイツ国籍を
与えようとする弁護士アナベル(R・マクアダムス)、
イッサの父と関わりを持ち、彼の父が残した
莫大な資産を管理する銀行家ブルー(W・デフォー)、
ホフマン演じるギュンターは民間人である彼らを
危険な世界へと引き摺り込む。
脅迫紛いの方法と良心に訴える方法とを巧みに使い分けて彼らを懐柔し、
過激派に関わりがあると思しき人物をイッサを利用して
罠に嵌めるよう仕向けるのである。

非常に打算的で冷徹な男に見えるギュンター。だが
物語後半になるに連れ、実はその内側には熱い血が
流れている事が分かってくる。
恐らくは彼の血を静かに沸き立たせた、CIA局員の言葉。
子供の戯言のようなその言葉を彼は繰り返してみせる。

「世界を平和にする」

もしかしたら、打算的に見えた行動の数々も――
情報屋のイスラム人青年を気遣う言葉も、
イッサをかばう弁護士を説得した言葉も、
銀行家ブルーの熱意を掻き立てた言葉も、
本当は駆け引きでも何でもなく、
彼の本心からのものだったのだろうか。

だが、あの瞬間。
突然みぞおちを殴られるような衝撃を味わうあの瞬間。
何かが起こる予感はしていたのだ。
それでも僕は裏切られたのだ。馬鹿だったのだ。

世界はこんなにも無情か。こんなにも非情か。
許されたいと願う事すらも許してくれないのか。
あの人物の魂からの叫びが、あの打ちひしがれた
哀切極まる表情が、未だに頭を離れてくれない。
.
.
全編ポリティカルサスペンスとしての緊張感に溢れ、
それでいて奥底には人間性を感じさせるドラマがある。
P・S・ホフマンを初めとした役者陣も残らず見事。
そして、あの幕切れ。
僕は完全にやられた。素晴らしかった。

<2015.01.25鑑賞>

余談1:
昨年10月の公開で劇場鑑賞は諦めていたが、
嬉しい事に少し近所のミニシアターで上映!
滅多に行かないのでなんだか申し訳ないけど
ありがとう某ミニシアター様……。
昨年観てたら2014年個人ベスト10内に挙げてたと思う。

余談2:
前述通り本作は、P・S・ホフマンの最期の主演作。
優れた演技力は勿論のこと、優しくも傲慢にもなれる
彼の風貌は、善悪の境界線のキワキワを歩む役において
ひときわ威力を発揮していたと思う。

序盤で彼が夜の街頭を歩くシーン。
店の照明をバックに浮かび上がる彼のフォルム。
彼で無ければ成立し得ないシーンだと思った。

亡くなるには早過ぎる役者さんでした。
ご冥福をお祈りします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
浮遊きびなご
「誰よりも狙われた男」の作品トップへ