ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューションのレビュー・感想・評価 (3)

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション

劇場公開日 2015年11月20日
98件中、41~60件目を表示 映画レビューを書く

良かった

少し感動しました。普遍的な女性の感情、前時代的な独裁者。そして革命を気取った女性為政者、何よりも隣人に対する感情を大切にするカットニスの存在が国境や人種を超えたものに心を掴まれました。

Mana
Manaさん / 2016年4月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待を裏切らなかったけど。。

やはりヒット作は3部までという信条が通用するのか。
初回作から見ているものの、最初のほうが内容も新鮮で楽しかった。が、一作分間延びして終結した感じがある。途中無駄なくだりがあったりしたと思う。

いとてつ
いとてつさん / 2016年4月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっと怖いゲーム

前作よりはサバイバル感はあったけど、最後は予想できた。

上みちる
上みちるさん / 2016年3月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マネシカケスが再び鳴く日まで ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

大ヒットシリーズ完結編。
「バトル・ロワイヤル」に酷似と言われた若者たちの殺し合いゲームは最初だけ、「2」の終盤から壮大な革命の物語へ。
それが良かった。
見世物アクションじゃなく、意味を持った骨太ドラマとなり、中弛みする事なく見続ける事が出来た。

最終章は前編後編に分けられ、物語は前作から直結。
独裁国家パネムの崩壊と独裁者スノー暗殺の為、仲間と共にキャピトルに潜入したカットニスの最後の戦い。

完結編の前菜故控え目だった前編と比べると、アクションの見せ場は増えた。
キャピトルは罠だらけ。
あちこちの仕掛け、濁流のような黒い粘液、地下に潜む不気味なクリーチャー…。
監視カメラに治安維持部隊。
“ハンガー・ゲーム”ではないが、“ハンガー・ゲーム”を上回る危険とスリル。

メインストーリーと並行して見る者をやきもきさせてきたのは、カットニス、ピータ、ゲイルの三角関係。
前作で洗脳されたピータの記憶は戻るのか。
陰から支えてきたゲイルの想いは通じるのか。
そして、カットニスはどちらを選ぶのか。
こちらの“戦い”にも決着がつく。

やはり気になるのは、どう決着を迎えるのか。
カットニスの弓矢が独裁者の心臓を射抜くヒロイックな結末になるのかと思いきや、意外な展開に!
これには最初は意表を突かれたが、悪くない。
自分の知らぬ所で思惑が進められ、事が動く。
革命や戦争なんて、結局そんなもんなんだろう。
そして、独裁国家が崩壊したその後は…?
“あの人”は前作からうっすら危険な匂いを漂わせてたし。
この決着のつけ方には納得した。

多大な犠牲を払って、やっと訪れるかもしれない真の平和。
が、残ったのは、悲しみという空虚だけ。
ずっと悪政に縛られて生きてきた者にとって、自由とはどう生きていいか不安で堪らない。
破壊された故郷には、少しずつ緑が戻りつつある。
傍には、彼女が選んだ相手もいる。
若者たちは、手探り状態で平穏を見つけ出す。
マネシカケスが再び鳴く日まで。

ジェニファー・ローレンスの魅力をたっぷり堪能。
エンタメ映画とは思えないくらいの実力派たちの豪華共演。
当初はディスられたりしたもののユニークな設定、世界観、スリルにアクション。
骨太なドラマに繊細なロマンス。
結局日本では人気が出ないままだったが、個人的には楽しませて貰った堂々たるシリーズであった。

近大
近大さん / 2016年3月27日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

何なんだろうなぁ〜。 人気の意味がわからない。

何なんだろうなぁ〜。

人気の意味がわからない。

小虎
小虎さん / 2016年3月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

大満足

この映画単体というよりは、このシリーズを通しての点数。
大変楽しませて頂いた。何より、カットニスの成長ぶりを体現してみせたジェニファー・ローレンスは素晴らしい。見事な説得力!
カラフルで華やかな世界も、モノトーンで貧しい世界も、別々のものではなく、地続きで繋がっているんだと教えられた作品。
満足でした。

ぴゅある
ぴゅあるさん / 2016年1月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハッピーエンドで良かった! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まさかまさかのコイン首相暗殺にはびっくり!プリムが亡くなったのは残念だった…最後はピータと結ばれ子供2人に恵まれて良かった良かった♪

Yurie★
Yurie★さん / 2016年1月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マネシカケスはもう鳴かない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

2012年公開の第1作から数えて4作目。
残忍なゲームをきっかけに、独裁国家と戦う反乱軍の
アイコンとなった少女カットニスの闘いが遂に完結。

もとはカットニスが妹を救う為に始めた闘い。
それがいつしか国全体を巻き込み、13地区VS首都
(キャピタル)の総力戦、そしてカットニスをめぐる
プロパガンダ合戦となっていったのが大きな流れ。
この“プロパガンダ合戦”という要素がシリーズを重ねるごとに
色濃くなっていった訳だが、個人的にはその点が面白かった。

戦争や政権争いに勝利するにはいつの世も
「私は正義であり貴方の味方です」という
プラスイメージを民衆に植え付けることが重要で、
マルチメディアはその為の強力な兵器に成り得る。
カットニスをジャンヌ・ダルクのような民衆のヒーロー
に仕立てて士気を高め、彼女を擁護する自身のイメージ
をも向上させようとする13地区のコイン大統領。
逆に、カットニスの英雄としての価値を下げてその
影響力を弱めようとするキャピタルのスノウ大統領。
彼らにとってカットニスは、強力だが扱いづらい将棋の
“駒”に過ぎない。駒の気持ちなど考えないどころか、
思い通りに動かす為にはその気持ちを平気で踏みにじる。
このシリーズは一貫して、メディアに翻弄され
闘争の駒にされる個人を描いてきたという気がする。

完結編ということでアクションシーンはシリーズ最大規模だし
望まれていた筈のキャピタル陥落がなんとも不毛な形で
終結してしまう点なども意外な展開で面白かった。
.
.
.
だがまあ、ここから不満点。

シリーズを通して感じていたが、独裁国家パネムの設定・世界観が
カッチリ出来上がっていないという感じが僕には最後まで拭えず。

本作の場合だと、
あれだけ強大な軍事力をアピールしてたキャピタルが、
まだ完全に団結もできていない反乱軍を相手にして、
クライマックスでアッサリ転覆寸前になってる。
1~13地区連合軍は数も士気も上だったのかもだが
(コイン大統領もスノウ大統領以上に狡猾だし)、
最前線ではなく攻略済の地区を回るカットニス達が話の
中心という事もあって、戦況とかが全然分からんのよね。
特に手痛いのは、最前線に駆り出されていたカットニスの
妹の登場そしてその死までもが唐突になっていること。

他にも、
攻略済の地区の割にトラップわんさか残っていたり、
これまで名前すら登場しなかった筈の水棲ゾンビ
みたいなのが大量発生して襲いかかってきたり、
次々死んでいく仲間の存在感もイマイチ薄かったり、
カットニスの心情描写については注力されている
のだけど、その周辺の描写は随分粗いと感じた。
.
.
.
そのぶん、カットニスの物語はきっちりと完結する。

妹を救う為に始めた闘いの筈だったのに、
妹が死んだ事で彼女の闘いは終わった。
多くの人々がスノウ&コインの圧制から救われはしたが、
カットニス本人にとっては救われない皮肉な結末。

だが、嘘まみれの世界で疲弊し切った彼女を癒したのはピータの真心だった。
「嘘か真実か?」というあの質問。
互いの正義ばかりをがなりたてるメディアにカットニスの真実はなかった。
野に咲く花の価値を知る人、降り続ける雨音を共に聴いてくれる人、
傍にいて、自分の大切なものを大切にしてくれる人、
それこそがカットニスにとっての真実だった。

個人を遥かに越えた闘いに巻き込まれ、本当の
自分より大きな存在であることを必要とされ、
声高に鳴き続けることを半ば強制されていた彼女。
その重圧から解放された彼女が、静かに我が子に
微笑みかけるラストは、優しく幸福なラストだ。
.
.
.
僕が1作目に付けたスコアは3.0判定。
2、3作目とも個人的な評価は横這いなのだが
この最終作で綺麗な着地を決めたと思う。
3.0~3.50判定が正直な所だが、J・ローレンス
お疲れ様でしたという気持ちも込みで、3.5判定。

<2015.11.28鑑賞>

浮遊きびなご
浮遊きびなごさん / 2016年1月2日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ハンガーゲーム

ハンガーゲームは、一話、二話あたりまで。ファイナルになると、ゲーム?
話が変わってきた。
反乱軍との戦い。
結局、全作、映画を観に行ってるんだ
好きな映画でもあるんだけど
、最後はスッキリしない。
ハッピーエンドで終わらない。
ちょっと残念。
本をよんでないから、わからないが、
きっと、本の世界なら、もっと楽しいはずだ。

キッド
キッドさん / 2015年12月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こんなのが「全世界大ヒット」? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「THE HUNGER GAMES:MOCKINGJAY」見ました。つまらないです。というか、シリーズ通して話が長すぎて、過去の話は順を追って忘れてしまってます。なので、予習は必須。と思いきや今作の監督を調べると、過去作は「コンスタンティン」「アイアムレジェンド」だと。予習しなかったから楽しめなかったんじゃなくて、普通に駄作メーカーだったと安心した。

まず話から。予習は必須、しかもガッツリと。でなければ、ここは何処で、何処へ向かっていて、こいつらは誰で、敵は誰で、誰が悪者かといった物語上大事な部分が分からない。4作目だからか、細かい説明もないので予習をしなければ話を理解することは出来ないと感じた。途中で出てくるゾンビは何だったんだ...。

あとは雑な編集。ラスト、ジェニファーローレンスが最後に自宅に戻る場面。玄関に入って家の中を見渡すカットから、すぐに居間のソファーに横たわるジェニファーのカットへ。家の中が暗いのもあって、状況を飲み込むのに時間がかかった。どういう場面かは忘れたけど、他にもこういった雑な編集がかなりあった。本編が137分だかあるけど、かなりカツカツに詰め込んだ結果なのでしょう。
キャラクターも雑ですね。まずフィリップシーモアホフマンとウディハレルソンが糞の役にも立ってないですね。こんなにも立派な俳優を起用してんのに、ただ突っ立ってるだけなのは勿体無いし、重要な働きをさせれば映画全体がもっと盛り上がったはず。名前ど忘れしたけどコイン首相も、フォーガットンの彼女はミスキャストでは?知的にも屈強にも見えない指導者は物語の推進力を大いに削いでいる気がします。非常に勿体無い。

総じて、駄作です。シリーズを引き延ばしたのがまず退屈さを助長させてるし、その割にはラストはスッキリとさせてくれない鈍重さ。世界的にはヒットしているようだけど、単に客が入っているだけで評価は高くないのでは?騙されないように。

三遊亭大ピンチ
三遊亭大ピンチさん / 2015年12月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

やっと終わった。

はぁ~^^;やっと終わった。ホントに長かったねぇ、このシリーズ。
しかし振り返ると1、2作目からずいぶん印象が変わってしまった。
残虐極まりない理不尽なゲームを強いられた少女の葛藤劇から離れ、
革命のシンボルという人形に祭り上げられてしまった少女の内面が
ハッキリせず、不安定な心が織りなすメロドラマが行ったり来たり。
登場人物は多く悲劇性も強いが後半戦は前半戦の惨劇には及ばない。
そんな中でこの少女がどうケリをつけるのかに注目が集まるのだが、
やはり弓。最後も弓で〆るところは鮮やか。でもこうも引っ張れば
そのラストが容易に想像できるので新鮮味はない。何者が主導権を
握ろうがそんなことより平和であることの重要性がヒシヒシと伝わっ
てくるが、映画ならもっと簡潔に描けたんじゃないか?とも思える。
ところで最後に描かれる夢にまで見た彼女の母性はどう映るのかな。

(受難は男性陣。皆振り回されたね。そしてホフマンよ…さようなら)

ハチコ
ハチコさん / 2015年12月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

革命の終結 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

初めて観た。
なぜだか1作目をスルーして、そのまま今に至る。劇場公開としては4作目にあたるのだろうか?
長きに渡る闘いが終わりを告げた。
本編が始まる前に、1作目からのダイジェストが流され非常に助かった。
大まかな相関図を理解できる。

物語をどうこう語れる程観てはいないけど、途中、主人公達が監視されてたって下りがある。
で、その為にトラップに引っかかり、仲間が殺されてしまうのだ。そして、主人公達はその場を後にし向かい側の廃墟に逃げ込む。

なのだが…

監視してるはずの監視カメラにはその様子が映されておらず、主人公達は仲間と共に死んだ扱いに…え?なんで?
あのカメラの位置ならカメラ本体は機能してるはずだろ?
情報操作の一つかとも考えたが敵側も信じてたっぽく…疑問だ。
官邸に難民を装って紛れこもうとするのも浅はかだ。
フードを被ったくらいで紛れ込もうとするなんて…単細胞にも程がある。

映像は素晴らしかった。
トメは主人公が家族を構築し、子供に話しかけてる幸せな絵ではあろのだけど、そこでの台詞が何かを暗示していて、大団円ではないと予測させ、またもや続編なのっ?て感じもしてた。

この1作だけに見る彼女のヒロイン性なのだが…彼女を強いとは思うけど、迎合はしたくないと思ってしまう。
なんちゅうか…私怨で動いてしまったからだろうか?
彼女の習性が復讐に起因してるような感じだった。戦争は人を狂わせるって揶揄だろうか。

U-3153
U-3153さん / 2015年12月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Final

非常に感慨深かったです。
劇中で カットニス の気持ちは今どんな状態なんだろう?
と思いながら観てました。

なきゃ
なきゃさん / 2015年12月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少し物足りない

シリーズをこれまで観てきたこともあり最後を見届けに。

大人にはちょっと物足りない印象。自分が学生だったら…より楽しめたのかなぁと。ただ、こういった世界観が好きなのでそれはそれで満足。全体的にもっとコンパクトにまとめられたのでは?とも思う。

Shima
Shimaさん / 2015年12月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

カットニス!!

主要キャラクターはどんどん死ぬし,結末もけっしてハッピーエンドとは言えないが,それはあくまでも原作に忠実だったがゆえのこと。原作もストーリーが進めば進むほど重苦しい雰囲気が強くなる展開だった。

思い起こせば1作目から随分とテイストが変わったものだ。1作目と4作目を単純に観比べれば,それが同じシリーズの映画とは思えない雰囲気に満ちていることは明らか。1作目は「ゲーム」の残虐性とそこからの脱出劇をが物語の主軸だった。しかしストーリーが進むに連れて「ゲーム」はあくまでも副次的な要素でしかなくなり,最後は「戦争」「革命」が軸になる。

物語の巨大化に伴い,主人公カットニスの立ち位置も大きく変わった。もはや「平凡な一人の少女」であることを周囲が許さない。カットニスは自分の意志に反して「ジャンヌ・ダルク」のような「革命のシンボル」に祭り上げられたことにとことん悩みぬくが,4作目の「〜レボリューション」に至ってようやく自分の気持に決着をつけ,敢然と権力に立ち向かう。

とは言えカットニスは完全無欠のヒロインではないし,圧倒的に強いリーダーでもない。常に権力に翻弄され,自分を見失いかけることもしばしば。悩みが尽きることもない。そんな等身大の姿が観る者の共感を呼ぶのだろう。

おそらく観終わった後のカタルシスはない。何か心の奥にもやもやしたものが残るに違いない。でも,もしかしたらそれは,最後のシーンに描かれるカットニスの心情と同じなのだろう。単純なハッピーエンドはなし。それもまた「ハンガー・ゲーム」っぽくて良い。

M.Kotaro
M.Kotaroさん / 2015年12月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

やっぱり弓ですね。

とうとうfinalですね。ストーリー的にはまあ、そうだよねって感じだけと、満足感ありました。
最後はやはり弓で決めるのはさすがですが、あそこでエンドロールでもカッコよかったかな?
ちょっと間延びしたかも。
観てきた人は観るべし。。。

大吉くん
大吉くんさん / 2015年12月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作で盛り上がったほどではなく…。

カットニスの戦闘シーンが、前作と比べて盛り上がりがなく、アメリカ映画っぽくない感じ。日本人が作ったのかなって思う説明調(ラストの方の)シーンは、短くしてほしかった。白い変な化け物は唐突過ぎてよくわからないし(^o^;)纏まりにイマイチ欠けたかな。

ケイト
ケイトさん / 2015年12月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

A級芸達者による学芸会、完結編。

「ようやく終わった」という印象がまず第一の一本。

イチゴ小説原作にしては、偉そうに申し訳ないが類似の中では1番楽しめたシリーズ。
ただし、これも「アリノママ女子」映画なんだけれどもね。

大義を説くには、カットニス(も、だよ)は我儘過ぎて共感は出来ない。
洋の東西を問わず。時代は何が欲しいんだろうか、と思ってしまう。
俳優陣が実力のある豪華ラインナップだけに、余計に。

作劇も薄い。
主人公がギャーギャー騒ぐくせに、自分を救ったりしてボロボロ死ぬ人間に対する描写は極薄。
男を捨てる女を体現しているのだろうか、ナチュラルボーン自分が第一の。

兎にも角にも、フィリップ・シーモア・ホフマンの最期の姿に全てが救われた作品。

レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれ
レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれさん / 2015年12月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後は…

ハラハラドキドキはしたし、TOHOシネマズ新宿のIMAX3Dで音響も良かったので楽しめたけど、最後はこうなるだろうねと途中でストーリーが読めてしまったので、評価ダウン。

正
さん / 2015年12月2日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

終わってしまった。イイ作品だった!

一作目は劇場で観る事が出来なかったので残念でしたが後は全て劇場で観賞でき満足でした。FINALの①と②ではカットニスが政治に利用されるシーンが多くなり仲間もたくさん失い残念だった。ただ、最後のカットニスの顔が穏やかで一作目の最初の頃に観てから久しぶりの顔だったなぁー。とにかく、イイ作品だった!

ガキンチョ
ガキンチョさん / 2015年12月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

98件中、41~60件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報