劇場公開日 2014年8月9日

  • 予告編を見る

めぐり逢わせのお弁当のレビュー・感想・評価

3.556
10%
55%
32%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全56件中、1~20件目を表示

4.0ダッバーワーラーすごすぎる

UNEmiさん
2020年11月22日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi

5.0寂しい現代人のSNS

きりんさん
2020年6月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

今から40年も前のこと、
僕は高校の物理教室の机に落書きを始めた、
【ラブ♡DESK会】という“掲示板”だ。
小さな呟きに誰かが答え、誰かの悩みに誰かが答える。
美味しいかき氷のお店を紹介すれば、ごちそうさまが返ってくる。
いつもその席に座る他所のクラスの知らない誰かが、言葉を残す。その鉛筆文字のチャットは、驚きと共感と空想の中の友だちの語りかけだった。
1年間続いた愉快な落書き掲示板だった。

============

「めぐり合わせのお弁当」
弁当箱に潜ませる小さなメモが、イラとサージャンの心の隙間を埋める。

人は、寂しさにふと話し相手を求める。
言葉を交わして思いを伝えたい相手を人は求める。
そして人はその相手からの返事をひたすら待っている。

SNS全盛の時代だ。
対話不在の人生に迷い、誰でも良いから宙に向かって投げた言葉に、見ず知らずの誰かが答えてくれる。
スマホが、誰かとつながった瞬間をチャイムで教えてくれる。心の中に希望のイルミネーションが灯る、
それがたまらなく嬉しい。

たとえそれが危険な匂いを放っていたとしても、野獣の罠であったとしても、
遠くの親戚より近くの他人を、寂しい現代人は受け入れてしまう。
SNSは、寂しさの時代の代償なのだ。

============

・「人は時々、間違えた電車でも正しい場所に着く」
⇒孤児だと言う新人シャイクが、いないはずの母の教えを語る。
・「このレシピなら夫は必ず振り返る」
⇒階上のアンティはそう断言する。
・「弁当が間違うはずはない」
⇒配達人は全く耳を貸そうともしない。
正解と不正解を分かたずにインドを貫く悠久のガンジス、
そして母親が生きているのか死んでしまったのか、そこが曖昧であったとしても生死の境界が突き詰められることもない。命の輪廻に逆らわずに生きる、かようにして人間の世を処する住民たちのそんな生きざまがたくましい。

⇔ 返事をしない夫と暮らすよりも階上のおばさんやサージャンとの文通のほうがイラの心を支えてくれる。
生きた言葉が人を生かすのだ。

手紙の相手に会いたくなる男女、
「間違った電車云々」の言葉に俄然背中を押されてイラに会いに行こうとしたサージャンであったが
自らの放つ加齢臭に出鼻を挫かれて意気消沈してしまうあのシーンは、わかるなぁ。
言い様のない共感でした(笑)

イラに禁煙を勧められてベランダでタバコを我慢するサージャンも、可愛いんです。
恋です。

サージャン役のイルファン・カーンが4月日29に亡くなりましたね。
ブータンに旅立ってしまったイラと、冥土に旅立ってしまったサージャンは、いつか何処かで会えたのだろうか。

============

3国共同制作。
ドイツは物語の精神性と骨格の確かさを、
フランスは会話の洒脱と不条理な結果を、
そしてインドは熱き人間への限りなき希望を。
それぞれの製作者が精魂込めて持ち寄るとこんなものが出来た。
とにかくこんなに内容の濃い映画って、あまりないと思う。
脚本・編集は超人的。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
きりん

4.0さらめし

コンブさん
2020年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 5 件)
コンブ

3.0オチが残念

tiso jackさん
2020年4月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

インド特有のお弁当文化を知ることができ、ストーリーも想像以上に複雑でありつつも難しすぎない程度でちょうど良く、笑いもあり、満足度が高かったのだが、ラストで結論投げ出されたために結局不完全燃焼。

惜しい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tiso jack

4.0孤独な人と人を繋ぐ

あんこさん
2020年3月29日
iPhoneアプリから投稿

私の偏見ですが、これまでインドに対してあまり繊細なイメージがなく、どちらかというと粗野な印象というか…ですが、この映画を観て印象が変わりました。

大都市で孤独を抱える2人が、お弁当の配達ミスをきっかけに心を通わせ、自分の小さな世界を少し広げていくそんな映画だと思います。

普段の生活でもありませんか?人から言われてはじめて気づく自分の良いところって。短い物差しで自分を測って自己嫌悪に陥ったり、孤独に思ったり。
誰かに認められるって大切ですよね。自信が持てたり物の見方を変えたりできると思うんです。

ハッピーエンドでスッキリ!ではないですが、観たあとなんだか私の心は満たされました。
他のインド映画にも興味を持てた映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あんこ

3.5インドで広く利用されている実在の弁当配達システムを題材に、誤配送の...

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

インドで広く利用されている実在の弁当配達システムを題材に、誤配送の弁当がもたらした男女の偶然の出会いと心の触れ合いを描いたドラマ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

4.5【夫のために一生懸命毎日作るお弁当が一人の主婦に素敵な”出会い”を齎す。】

NOBUさん
2019年5月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

幸せ

 インドで広く利用されている実在の弁当配達システムの精度にビックリした。各家庭からお弁当が旦那さんの職場にほぼ間違いなく届くシステムは観ていて飽くことが無かった。(凄い、人力物流システムである・・。恐るべし、ダッバーワーラー。)

 主婦イラの悩みは”忙しい”と言って、ろくに会話も交わさない封建的な夫。

 そんな彼女に上の階に住むおばさんが”料理は愛を深める”というアドバイスと貰ったスパイスを隠し味に夫のためにお弁当を作る。

 が、そのお弁当は精緻なお弁当配達システムの瑕疵により、別の男性に届く・・。

 ここからの物語の展開が、派手さは無いが実に面白かった。(やや、じれったさもあり)

<インド映画の奥深さを感じたとともに、家人の作ってくれる料理を美味しく頂ける有難さと、きちんと感謝の言葉を(時々)口にしよう・・ と思いながら劇場を後にした作品。>

<2014年10月26日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

4.0お弁当箱いっぱいの出会い

近大さん
2018年1月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
近大

4.0大人の文通講座

masakingさん
2016年7月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
masaking

2.5あっけないおわり。

ツン子さん
2016年6月13日
iPhoneアプリから投稿

実話をもとにした映画だから、リアリティのある映画だけど、少し展開に物足りなさを感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ツン子

3.0初めて観たインド映画

yumekoさん
2016年3月30日
iPhoneアプリから投稿

楽しい

幸せ

友人にすすめられて観ることに。
インド映画は今まで観たことなかったが、面白かった。
お弁当のシステムに驚く。異文化を知る楽しさも映画の良いところ。料理も美味しそうだった。
ストーリーは、大きな展開はないものの、ほんわか心が温まる。
もうひとつすすめられているインド映画も見てみようと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yumeko

3.0間違えられたお弁当

2016年3月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

幸せ

この白黒をハッキリとつけない中途半端な終わり方は、ハリウッド映画じゃまず有り得ないことだ。
本作がインドとフランス・ドイツとの合作映画だったからなのか。
主婦イラの上の階に住むおばさんは声のみ、病床に臥す父親は遠目に見える姿だけ、そして文通相手のサージャンはイラの前にとんと姿を見せない。
とにかくイラと共に、視聴者も監督の意図的な演出により想像力を容赦なく鍛えられる。
それでも主役の心情を語るモノローグに頼りっぱなしのフランス映画よりは、なんぼかマシだろう。説明過多は脳の働きを衰退させるからね。
また、初めて見るインドの弁当配達システムに思わず我が目を疑ったが、汁物を一滴も漏らさない気密性の高い四段重ねの弁当箱にホントびっくりさせられた。ティフィンと呼ばれるインドの代表的な弁当箱らしいけど。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
みつまる。

4.0大人のラブストーリー

2016年2月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マッターホルン

3.0インドのお弁当システムにびっくり!

goenさん
2016年2月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

幸せ

インドのお弁当システムを初めて知りました!

大量のお弁当を間違えずに届けられるダッバーワラーという人達の技術に感心します(笑)

インド映画は初めて見ましたが、温かいお話で面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
goen

3.5インドのお弁当宅配のシステムにまずビックリ、間違えない方が不思議だ。

2016年2月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

インドのお弁当宅配のシステムにまずビックリ、間違えない方が不思議だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

4.5もどかしい、でもそれがいい

2015年12月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

インド映画らしからぬゆったりとした雰囲気、空気感が、たまらなくツボでした。
歌わない、踊らない、尺も2時間未満と、インド映画の定番とは真逆な作風で、どちらかと言えば欧州系の作品に近い内容でしたが、でもインドならではの風習がもたらした偶然から生まれたストーリーでしたので、インド映画っぽくはないけど強くインドを感じられる作品ではありましたよね。
とりあえず見たらインド料理を食べたくなること間違いなしでしょう!

しかし日本とは弁当のシステムが全く違っていて、軽いカルチャーショックを覚えました。
日本は朝の出勤時に弁当を持って行くのが定番ですが、インドでは温かい弁当を昼に食べる為、昼食時に合わせて家から弁当を配達してくれるシステムが定番なんですね。
劇中の四段重ねの弁当は、まさに本格インド料理そのもので、本当においしそうでしたし、これならランチの時間を楽しみに仕事頑張れそうですねぇ。

そんな弁当配達の誤配(600万個に1つの確率だとか)から生まれたラブストーリーは、まさにアナログな恋愛で、今の時代ありえないぐらいスローな展開でしたが、弁当の中に手紙を添えた文通と言うこの設定が逆に今の時代だからこそ新鮮で、思わず見入ってしまいましたし思いっきり感情移入させられてしまいました。
また相手役の早期退職間近の初老の男を演じた名優イルファン・カーンの演技が本当に味のある演技で、素晴らしかった!
退職間近にしてはちょっと見た目若くてイケメンで、現実ありえない話ですけど。
逆にKY後輩社員は現実にいますね(笑)

一方主役の夫に浮気され夫婦仲が冷え切った主婦を演じた女優さんのほんのりだけ美人感も、この作風にはピッタリで、いい意味でドキドキさせられました。
声だけの出演で圧倒的な存在感を示した上階に住むおばさんの存在もナイス助演でしたね。
結末はどっちなのか分からなくて作風同様もどかしさを感じましたが、こんな余韻も悪くはない、なかなかの秀作でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
スペランカー

4.0これは、久々に え〜!ここで終わるの? って、終わってほしくない映...

mattuさん
2015年12月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

これは、久々に
え〜!ここで終わるの?
って、終わってほしくない映画でした。
そのラストも良かったのかな。
心が疲れた時にオススメ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mattu

4.5派手さはないが何ていい映画

Sheetaさん
2015年11月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幸せ

弁当宅配に始まり、インド人のささやかな日常、仕事ぶり、車内、結婚、食事等々の文化をスパイスに、味のある男女の心のふれあい、機微を、素晴らしくインド風に描いた作品。インド大好きな私には全ての映像に目が釘付け。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Sheeta

3.0めぐり逢わせのお弁当

noiさん
2015年11月3日
iPhoneアプリから投稿

サージャンとイラの日常がお弁当箱の文通を通じて交差する、もどかしく、寂しく、穏やかに進んでいくストーリー。
典型的なインド映画のように華やかな歌や踊りはありません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
noi

4.0ヨーロッパ的すぎるインド映画 歌わないし踊らない 大人なラブストーリー

2015年10月4日
iPhoneアプリから投稿

ヨーロッパ的すぎるインド映画
歌わないし踊らない
大人なラブストーリー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かおたん
「めぐり逢わせのお弁当」の作品トップへ