悼む人 インタビュー: 高良健吾&椎名桔平「悼む人」で体現してみせた珠玉のメッセージ

ホーム > 作品情報 > 映画「悼む人」 > インタビュー > 高良健吾&椎名桔平「悼む人」で体現してみせた珠玉のメッセージ
メニュー

悼む人

劇場公開日 2015年2月14日
2015年2月16日更新
画像1

高良健吾&椎名桔平「悼む人」で体現してみせた珠玉のメッセージ

悼む人」のタイトルロール・坂築静人は、亡くなった人のさまざまな「」を記憶にとどめて旅を続けている。高良健吾はどう演じるのかではなく、どのように現場でいられるかに悩み、しゅん巡し、確認しながら歩を進めた。雑誌記者・蒔野抗太郎は静人の行為を偽善と断じつつも、次第に心を揺り動かされていく。椎名桔平は個性を際立たせることで、静人との対比が明確になることを意識した。2人は命の尊厳と真摯に向き合い、それぞれの信念をスクリーンに刻み込んでいる。(取材・文/鈴木元、写真/江藤海彦)

きりりとした目元が印象的な端正な面立ちと、繊細さを漂わせる雰囲気。高良に抱いていたイメージだ。そのためか、これまではどこかストイックで感情を表に出さない役どころが多かったように思う。

「10代後半から20代前半は“死が近かった”です。ほとんどそうじゃないかと思うくらい、殺したり殺されたりという役が多くて。死は、あっちから近づいてくるものだと思っていたんですけれど、役の上では死というものに自分から行くというか。それがしんどい時期がずっとありました」

そして、結果的にデビュー10年目の節目に公開されることになる、天童荒太氏の直木賞受賞作である「悼む人」の静人に出会った。人々が亡くなった場所を訪れ、「誰を愛し、誰に愛され、どんなことをして人に感謝されたか」を知り、その死を悼む巡礼のような旅をしている青年。出演を決意するうえで背中を押したのが、末期がんと闘う母・巡子(大竹しのぶ)が蒔野に対して言う「あなたの目に静人はどう映っていますか?」というセリフだった。

「脚本を読んだ時に、静人や作品のことを分かってほしいという気持ちで現場にいたら良くないのかなと。(静人の行為は)褒めてほしいわけでも、パフォーマンスでもない。半径のすごく狭いところでいろいろと決着をつけなきゃいけないのかなと思いました。どこかで静人を皆で共有しようとしたんですが、母の言葉のおかげで、自分が思う静人、感じる静人をやろうと思えたので、母の言葉の存在は大きかったですね」

一方の椎名は、2000年の連続ドラマ「永遠の仔」で天童作品を経験している。「悼む人」も愛読していたそうで、その世界観が集約された脚本を高く評価する。

「原作の世界観を損なうことなく脚本化されているなという印象でした。天童作品の世界観は少しは理解していたので、それをまた体現できると思いましたね」

蒔野は凄惨な事件などをネタにスクープを狙うジャーナリスト。時には手段を選ばない

取材方法で、周囲からは“エグノ”と揶揄(やゆ)されており、椎名も「蒔野はひどいからねえ」と苦笑するが、演じるうえでは1人の人間として生き方を変えていく心情の移ろいがテーマだったという。

「どの世界もそうですけれど、その中で一番低俗なやり方をしている人種ですよね。それを良しとしている人間像がベースにあって、そこからの着地点はマスコミの人ということではなく、1人の人間として変わっていくということ。年齢も重ね、どこかに諦観も身にまとっている人間が、年を取ってからでも自分の中に変化をもたらし違った人生観を持てるのかというのが、蒔野に与えられた使命だと思いました」

左ひざをつき、右手を天に掲げ、左手は地面をすくうようにしてから胸の前で両手を合わせ悼むのが、静人のスタイル。亡くなった者たちの境遇や、ロケ地の風景、天候、気温、風の具合などによって微妙に変化をつけているという。堤幸彦監督ともその都度話し合いながら、その道程を旅することで徐々に静人を取り込んでいった。

「どんな命であれ差別しないということは静人から感じました。批判対象になる行為でもあることは自覚していますけれど、静人がいればどんな命でも愛して愛されて誰かに感謝されたことにしてくれる。やったからこそ味方でいたいから、静人の存在は尊い感じがしましたね」

静人の悼みは、蒔野や巡子ら家族、遺族らの人生に波風を立てていく。最も影響を受けるのが、旅に同行することになる奈義倖世(石田ゆり子)だ。夫を殺した罪悪感にさいなまれてすがるように静人についていき、次第に心を通わせていくが、高良にとっても支えになったようだ。

「目の前に人がいると、脚本を読んでいた時より全然印象が変わりますからうれしいですよ。石田さんの倖世ははかなくて、何か消えそうでそれでいて救いを求めてくるのでちょっと気味悪くて…。旅が終わった後も、本当に一緒に旅したんだよなあって、半透明というかそんな感じです」

取材対象としてしか見ていなかった蒔野も、静人のいちずな姿に感化されていく。幼少の頃の確執で没交渉だった父親の死期が迫っていることもあり、表面的には露悪的に振る舞いながらも、自問自答を繰り返し人生を見つめ直す過程が強く印象に残る。

「父親との愛憎が蒔野の根幹になっているので、(役を)つくるうえで大事な部分にはなっていましたね。高良くんは感情のさじ加減を意識したように、蒔野は静人が引いている分、逆に出していこうと僕は考えていましたね。そこでキャラクターが明確に分かれて、作品の中でも効果的かなと思っていたので」

倖世と深いきずなで結ばれたものの、別々の道を選択し旅を続けるだろう静人。自らも命の危機にさらされたことで「静人がどう映っていたか」を悟る蒔野。共に達成感より反省が先に立つところは役者の性といえるが、2人の表情からは充実した撮影であったことがうかがえる。

高良「長い期間やればやるほどすごく楽しいんです。主演で1カ月半近くいられたので、寂しさの方が大きいですね。本編を見ると、静人が何かを変えたくてやっていたわけではないけれど、周りの人の人生が変わっていった。合点がいった部分はたくさんあったし、静人の旅は変わるだろうなと思う。彼の旅は終わらないけれど、きっと形は変わると思います」

椎名「まだ健在ですけれど、親の死が近づいてくる年齢になると、死ぬ、死なないの話もどこか絵空事じゃないというか、無意識にリンクしている部分は出てくると思う。役者の表現も経験に基づいた力を広げていかなきゃいけない稼業だとも思っているので、自然に生き方のとらえ方が変わっていくことが、人としても役者としてもだいご味なんだと思いますね」

死との向き合い方は異なるが、共に死は愛で満たされるべきものという概念に帰結し、その死を忘れないために生きていくことこそが重要であると説く。この珠玉のメッセージを、多くの観客に感じていただきたい。

関連コンテンツ

特集

あなたはきっと、“本当に大切な人”を思い出す──映画のプロも推奨、“良質”“本格派”“本気”“骨太”を求める映画ファンに相応しい1本
特集

天童荒太の直木賞受賞のベストセラー「悼む人」を、堤幸彦監督が「明日の記憶」「くちづけ」の流れをくむ“正統派”スタイルで映画化。高良健吾、石田ゆり子、井浦新、貫地谷しほり、椎名桔平、大竹しのぶほか実力派俳優が集結し、人の繊細な心情を描き...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

悼む人[Blu-ray/ブルーレイ] 悼む人[DVD] ジ、エクストリーム、スキヤキ DVD版[DVD] シン・ゴジラ Blu-ray特別版[Blu-ray/ブルーレイ]
悼む人[Blu-ray/ブルーレイ] 悼む人[DVD] ジ、エクストリーム、スキヤキ DVD版[DVD] シン・ゴジラ Blu-ray特別版[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2015年9月4日 最安価格: ¥4,533 発売日:2015年9月4日 最安価格: ¥3,682 発売日:2014年6月4日 最安価格: ¥3,082 発売日:2017年3月22日 最安価格: ¥5,721
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全84件)
  • 原作読みたい 90年代後半から2000年代前半頃、原作者の天童荒太の本にはまっていました。「永遠の仔」はテレビドラマでも天童荒太の世界観が表現できていて凄く好きでした。しかし今作は、かなり表現が薄っぺらいと感... ...続きを読む

    ミカ ミカさん  2019年4月21日 13:54  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 悼む人 鑑賞 ...続きを読む

    yone yoneさん  2018年8月21日 21:51  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 投げっぱなしは映画としてはツラい ・赤の他人のお墓や事故現場にいって、独自の手振りで祈りを捧げ回る若者 ・原作のエピソードや事象をただ並べて、時々感動風なスローモーションとBGMで盛り上げて、監督の解釈や踏み込んだ人物造形も感じ... ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月14日 00:50  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー Diner ダイナー 蜷川実花、藤原竜也&玉城ティナと挑んだのは初の男性主演作「挑戦する面白さ」
  • インタビュー いちごの唄 峯田和伸×古舘佑太郎×石橋静河が爆笑トークで解き明かす「いちごの唄」
  • インタビュー ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 D・ラドクリフ、E・ワトソン、R・グリント「ハリポタ」10年間に思いを馳せる
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報