劇場公開日 2015年2月14日

  • 予告編を見る

悼む人のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全85件中、1~20件目を表示

1.5のりきれない。 物語が綺麗すぎるのか ご都合が多く書かれているから...

ねこさん
2019年10月13日
iPhoneアプリから投稿

のりきれない。

物語が綺麗すぎるのか
ご都合が多く書かれているからなのか
感情移入しきれない。

一瞬のいいシーンはあるのにそこから冷めてしまう。

そもそも
高良さん演じた静人の行為は肯定すべきものなのか。
この映画はそれを何だかんだ肯定していて、
だから最後の綺麗なシーンを観てもご都合にしか思えなくなってしまう。

静人の葛藤や人生をもっと観たかった。

大竹しのぶさんの演技はすごかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ねこ

1.5原作読みたい

ミカさん
2019年4月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

90年代後半から2000年代前半頃、原作者の天童荒太の本にはまっていました。「永遠の仔」はテレビドラマでも天童荒太の世界観が表現できていて凄く好きでした。しかし今作は、かなり表現が薄っぺらいと感じました。何故なら主人公をはじめとする登場人物の心の傷が全く見えないからです。高良健吾も井浦新もただの変な人にしか見えません。原作は未読なので何とも言えませんが、天童荒太だったらもっと複雑な悲しみや優しさが表現されているはずです。原作読みます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミカ

2.5悼む人

yoneさん
2018年8月21日
iPhoneアプリから投稿

鑑賞

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yone

2.0投げっぱなしは映画としてはツラい

mimiccuさん
2018年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

寝られる

・赤の他人のお墓や事故現場にいって、独自の手振りで祈りを捧げ回る若者
・原作のエピソードや事象をただ並べて、時々感動風なスローモーションとBGMで盛り上げて、監督の解釈や踏み込んだ人物造形も感じられないままこれどうでしょうとやられてもなあ
・井浦新と石田ゆり子のセックスだけがエロかったが主題からはズレた感想
・連ドラの方が向いてる作品なのでは?
・むりくりシリアスにしすぎててユーモアを入れまいとしてるのが逆に見てられないほど単調
・幽霊の井浦の独特な死生観をもった坊主役がキチってて良かった

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

3.0生きることを大切にしている?

たまきさん
2017年12月25日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

幸せ

 色々な死を追い掛けて旅をして、悼む。

 だけど、それは生きることを大切にしているということなのかも知れない。なんて感じた。

 大竹しのぶが、怪演だったと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たまき

4.0廻る廻る廻るユラリゆあーん

2017年11月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

高良健吾さんに椎名桔平さん井浦新さん
甲本雅裕さんに平田満さん
上條恒彦さん。

包帯クラブの柳楽優弥さんも大好きなんです。
蛇にピアスの高良健吾さんに旧名ARATAさん
化粧師 KEWAISHIの椎名桔平さんが大好き。

読む力観る力感じる力受け入れる力
セブンのラストを今でも良く思いだす。
アンチクライスト、ラースの映画も良く頭の中に
出てくる。
深沢七郎さん 楢山節考も私の生きる糧になっている。
私は本を少し読む。映画も少し観る。

その作品のことは覚える気も全くない。
しかし日常生活において台詞が出てきたり
このシチュエーションはアレだなぁとか
出てくるのだ。

様々な作品が私に様々なものを教えてくれる。

石田ゆり子さんに大竹しのぶさんは
観続けたい女優さん。

そう思えるだけで楽しく日々を過ごせる
気になれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
G・・HT3

3.0いたむひと

れおさん
2017年8月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

前半まあまあ引き込まれる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
れお

4.5死生観を考える…。

ガーコさん
2017年7月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「あの時生きていたということを私は覚えておきます」というセリフが頭からこびりついて離れなくなりました。

人が死を怖がるのは、この世からいなくなる事への恐怖からだと思いました。

でも、この映画を観て、生きている人の記憶から忘れ去られることも死への恐ろしさなのだと実感しました。

最後の、大竹しのぶさんが息を引き取ろうとする中、娘が新たな命を生み出そうとするシーン。

潰える命と誕生する命、その両極端の瞬間が同時に起こる奇跡に胸が揺さぶられました。

まずは、自分をしっかり持って生きるところから始めたいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガーコ

3.0冗長

2017年6月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
クリストフ

3.5答えは出ない

2017年5月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
supersilent

3.0原作は読めなかったけど…

2017年3月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

難しい

映画ならと思い見始めた。
死って薄れ、忘れる事で、残された、生きている人の時計が回り始め、人生が動き出すって所があると思うが、この静人は亡くなったを忘れなければ永遠に生きているという考え方。しかも身近な知人のみならず赤の他人の死まで。
これは相当心に負担をかけるはず。人間性さえ奪うだろう。しかし静人は浮世離れしてはいるがちゃんと恋心(性欲)もあるのだからぶれない信念の元悼んでいるのだろ。
この世界では災害はもちろん、人害でも命は奪われる。奪われた命がより多くの命を奪う理由にもなっている。その負の連鎖を止めるには静人と同じ様に「誰に愛され、愛したか、どんな事をして人に感謝されたか」に思いを馳せて行くべきなのかも……。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レイ零号機

1.0退屈

hozi koさん
2017年1月8日
iPhoneアプリから投稿

ただ長く、あまり感情も湧かないような内容だった。
死に執着している静人が、なぜ病気の母は放っておいてゆっくりと帰るのか、
死に執着しすぎて生きていない静人と、自宅療養を選び死ぬために生きている母
腑に落ちず、意図が見えてこない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hozi ko

3.0放浪の旅・・

亮一君さん
2016年10月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

直木賞の天童荒太の小説が原作。事件や事故で亡くなった人を現場で「悼む」放浪の旅を続ける主人公と、それに付いて行く殺人犯の女。小説は暗く読むのに苦労したが、映画はまだ観やすかった。ただ、東日本大震災のように不特定多数の人が亡くなった場合はどうするつもりか疑問が残った。大竹しのぶのガンの母親役は演技が上手かった。映画館は私ひとりだった・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
亮一君

2.5命を悼むことがテーマの作品。であれば、鑑賞後に重く深く心に刻まれる...

ころさん
2016年9月22日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ころ

3.0僕は幸せだと感じることができた。 そういう意味でよい映画だった。 ...

ずんさん
2016年8月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

僕は幸せだと感じることができた。 そういう意味でよい映画だった。 親友の一周忌を忘れ憔悴しきるほど感受性も強くなく 。 自閉症気味の父親でもない。 親に捨てられたと思うようなこともなく。 殺したり殺されたりしなくても相手の中にいると思え る相手が居り。 表だって誉められた記憶はないがそれを不満に思うほ ど親を恨むこともなく。 よくやったと誉めてやれる子がいて。 俺って幸せなんだと再確認できる。

悼む人を絡ませ、奈義、蒔野、巡子の三人の人生が語 られる。 奈義の旦那役の井浦新は特別な存在感。 目が特殊。 この人でないとこの役はできなかったんでしょう。 でも何故か個々の役者さんがみんな浮いていたように 思う。 石田ゆり子はフィットしてない気がするし、平田満の 意味がよくわからない。 椎名桔平は元々あんななんだと思うけど。 みんながてんでばらばらの話をしているような。 なんだかもったいない。 もったいないけどそんなもんだろうとも思う。 原作読みたくなった。

『死にのぞみ誰かの心に残っていると思える安心感。 』 それは是非ほしいと思う。 そういう生き方がしてみたいとも思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ずん

3.5最後まで見るのに、根気がいるなー

2016年7月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

高良健吾、石田ゆりこ、出演者全員が良かった‼

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
富士山の頂

4.0原作未読。

2016年5月19日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

亡くなった人を忘れないという気持ちを持つのが大事なんだな。大竹しのぶさんは流石です!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
海(カイ)

2.5とても日本らしい映画

2016年5月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
えびちゃん

3.0これを機に原作を読んでみようというきっかけになればいいが

2016年4月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

映画だけでは主題がはっきり見えてこない上に時間も長いので集中力が続かない。
憎むより「誰を愛し、誰に愛され、どんなことをして人に感謝されたか」を悼むほうがいい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

3.0難しい

2016年4月4日
スマートフォンから投稿

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みきねこ
「悼む人」の作品トップへ