「意外に良かった宮沢りえ・・」紙の月 亮一君さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「紙の月」 > レビュー > 亮一君さんのレビュー
メニュー

紙の月

劇場公開日 2014年11月15日
全201件中、50件目を表示
  •  
映画レビューを書く

意外に良かった宮沢りえ・・

直木賞作家の角田光代のベストセラー小説が原作。小説も読んだし、NHKのテレビドラマも観た。映画は意外に主演の宮沢りえが熱演だった。ストーリーは、銀行員の女が年下の男に横領した金を貢いで、夫にも銀行にもバレるというものだが、女性なら誰しも陥りそうな問題だと感じた。人間の内面をえぐるような作品で、果たして宮沢りえに演じられるだろうかと思ったが、心配は無用だった(笑)とにかく考えさせられる作品・・2014年の邦画。

亮一君
さん / 2016年7月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報