「一線を越える!」紙の月 YuYさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「紙の月」 > レビュー > YuYさんのレビュー
メニュー

紙の月

劇場公開日 2014年11月15日
全205件中、57件目を表示
  •  
映画レビューを書く

一線を越える!

宮沢りえの変貌していく姿がみどころ。簡単に引き返せるはずの小さな嘘や不正を引き金に、不倫、横領へと発展していく。説明的なシーンがとても少なくて、見ていて気持ちがいい。だらだらしてかったるいところがまるでない。何気ないやりとりから、人間関係が浮かび上がってくる。傑作。桐島をみて、吉田大八監督好きになった人ならハマるはず。

YuY
さん / 2016年6月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報