シークレット・チルドレンのレビュー・感想・評価

シークレット・チルドレン

劇場公開日 2014年5月10日
3件を表示 映画レビューを書く

翻弄される3万の命

クローンを扱っているのと、日本人監督がアメリカで製作したというのに興味を引かれて鑑賞しました。
政策により生み出された3万人のクローン達は、政策の転換により抹殺され始め…。

静かな緩やかな作品でした。ヒーリング系の音楽で眠たくなるかなと思ったけど、いいタイミングでオムニバス風に切り変わります。
知らない俳優さんばかりでしたが、とてもハマっていて観やすかったです。

クローンの置かれた状況がちょっと飲み込み辛く、共感しにくい部分もありました。
これは面白いって感じではなかったけど、なんか引っ掛かりのある作品でした。
どこか受け入れてしまっているところや死生観が日本人ぽいからか、不思議な感覚が残ります。大きな国の中で翻弄される3万人の命について、何度も考えました。

グッドラック
グッドラックさん / 2014年6月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

深くて難しい。〝クローン”が織り成す重層的〝人間”模様。

【賛否両論チェック】
賛:オムニバス形式で進むストーリーが、意外な所でお互いにつながる様は見事。「生きるとは?」を変化球で問いかけてくる。
否:ストーリー自体はかなり静かに進んでいくので、少し眠くなりそう。

 それぞれの物語が、意外な所で少しずつつながっていく、重層的なストーリーです。クローンの生きる姿を通して、人間の生き様のあり方を問いかけてきます。その少し変化球な内容に、意外性を感じます。
 展開は極めて静かなので、ちょっと眠くなりかもしれませんが、特にグロシーンもありませんので、生きることにふと迷った時なんかに、是非オススメです。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2014年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難題をこう表現したか!!

この監督の前作、「Lily」が個人的にはA++の高得点のとても素晴らしい作品だったので、上映前から期待していました。
今回の「シークレット・チルドレン」もなんとも独特な「間」と「色彩」で、「人」の映し方は普通の日本人監督とは違う、超現実感満載の表情を切り取ってます。

内容もとても興味深いテーマだったので、「シークレット・チルドレン」の上映中も「クローンの人権」や、今後リアルにおこりえる未来を想像しながら観ました。

子供の頃に「バックトゥザフィューチャー2」とか観て思い描いていた「未来」って、案外今となっては服装や端末機器等は進化してても、日常生活や街の風景はたいして変ってなくて、この「シークレット・チルドレン」も、ハリウッドのSF映画のような派手さは無いですが、そこがまたリアルで、じんわりくる怖さもあって良かったと思います。

最近はCGや大金だけかけたつまらないハリウッド映画が多いですが、やはりキューブリックの「時計仕掛け…」のように、派手さのない近未来映画が逆にリアルで良いのではないでしょうか?

「シークレット・チルドレン」は脚本や映像も良いですが、出演者の表情が良かったです。ドミニクの壁に寄り掛かっている時の表情や、黒人の「対面」した時のはにかんだ笑顔とか、んー、よかった! なんとも泣けてきます。

派手なSF映画で「クローン」というテーマは多くありますが、この静かな近未来映画「シークレット・チルドレン」もアリだと思います。

ラジオ頭
ラジオ頭さん / 2014年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi