劇場公開日 2014年4月19日

  • 予告編を見る

チョコレートドーナツのレビュー・感想・評価

4.0270
40%
48%
10%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全270件中、1~20件目を表示

3.0Conveniently Difficult

2020年6月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

難しい

The synopsis to Any Day Now could provoke a smirk: a drag queen adopts a kid with down-syndrome. The performances are heart-felt, but Cumming's eventual protective attachment to the kid with a drug-abusive mom and his fight in the courts as a homosexual scores as social issue Bingo. You don't have to take it too seriously. I wonder what they were thinking when they made the Japanese title.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

4.5チョコレートドーナツを頬張るマルコの満面の笑み

唐揚げさん
2020年7月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

難しい

ゲイのカップルがダウン症の子供を育てるという話。
可哀想だなぁなんてつい思ってしまいがちですが、普通と何も変わらない愛の物語です。
そもそも普通って?何?
ゲイのカップルなのに、まるで男女の恋愛を見ているかのようで、むしろ男女の恋愛以上に2人の強い愛を感じました。
そしてマルコの可愛いこと。
ダウン症の子ってなんか可愛いですよね。
アラン・カミングさんやギャレット・ディラハントさんの演技も素晴らしかったですが、マルコ役のアイザック・レイヴァさんも新人とは思えぬ演技力。
彼の他の作品も観てみたいと思いました。
普段、健常者として、性的マジョリティとして、生きている身としてはなかなか知れない彼らの悩みや苦しみを分かりやすく勉強することもできました。
ゲイだというだけで世間から冷たい視線を送られ、裁判でも不条理な証拠を作られてしまう。
ハロウィンは仮装だろ。
そもそも女装しようが、ゲイバーに行こうが何が悪い。
近年はようやくLGBTの考え方が浸透してきましたが、冒頭にも書いたように、最初は誰でも自分や周りと違う人を分けて考えてしまうと思います。
こういう映画がたくさん作られて(勿論、本人たちとの交流が1番ですが)、お互いをよく理解できるような社会になるといいんですが…
ラストは衝撃的でした。
マルコの好きなハッピーエンド。
現実が優しい世界になりますように。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
唐揚げ

3.0いい映画だとは思った

asaさん
2020年7月25日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

5.0最高の映画

モニエさん
2020年7月18日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
モニエ

5.0家族の形は…

chiakkyさん
2020年7月17日
iPhoneアプリから投稿

家族とは、愛するということとは、人が人を裁くということとは、いろいろ考えさせられました。
ルディの歌声がいつまでも耳の奥でこだましています。
法律ってなんなんだろう。
今の日本ではこういった偏見まだまだあるんやろなぁ。
次の人生では幸せになってね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chiakky

4.0主人公がとても美しかった

2020年7月4日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジェネリック

2.0衝撃の結末。 こんなあからさまに差別する時代があったのかと悲しくな...

2020年7月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
あかね☪︎ *.

5.0魔法が使える少年の話の続きは語られない。

金木研さん
2020年6月27日
iPhoneアプリから投稿

あまりにも悲しすぎる結末。それは本編を見ている中でもいくつかの伏線で示されていた。特に一番分かりやすかったのが、魔法が使える少年マルコの話だ。
ハッピーエンドのお話が聞きたいマルコに語りかけるルディが話を始めるシーンが本作で2回ある。ここでルディは話し始めるが、昔々で終わってしまう。なぜならハッピーエンドが待ってるはずがないからだ。あまりにも悲しく切ないエンディング。涙が止まらないに決まってる。何度も見たいが二度と見たくない話。人生で一度は全人類に見て欲しい話。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
金木研

4.0切なさがやたらと記憶に残る映画

めるこさん
2020年6月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
めるこ

5.0愛しい息子を守る為、戦う映画

lanachamaさん
2020年6月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lanachama

5.0その子にとって本当の家族は誰か

たろうさん
2020年5月24日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たろう

5.0血のつながりなんて関係ない。

Aprilさん
2020年5月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

たまたま隣同士に住んでいた、ゲイのルディとダウン症の少年マルコ。
ある日、マルコの母親が薬物所持の罪で連行されてしまいます。
ルディはそんな彼に愛情を持って、家族として一緒に生活をする決断をしますが、
世の中は法律も含め、彼への偏見で二人の関係が悪影響だと保護施設行きが妥当だとします。
この不利な状況で戦うゲイカップルの愛情溢れるお話です。

今でもLGBTQの差別偏見を無くそう。
現在、世間がその垣根が低く感じていて色々な生き方を受け入れようとしているが、
本作品は、1970年代のお話で実話がベースになっています。
この話は色々なメッセージがあると思う。
まず、差別という問題も大きなテーマであると思う。
そして、子供は親を選べないという事。
世の中で苦しんでいる子供が沢山いるんだと思うと辛い。
毎日の様に流れる虐待のニュース、何も罪がない子供が亡くなる現実。
色々と考えさせられる映画だった。
ゲイの映画だとか先入観と偏見を持たずに是非とも見て頂きたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
April

3.5『幸せを大切にし、それを守ろうとしたのに守れなかった』大人たちの物語

Bigmouthさん
2020年5月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bigmouth

4.0悲しすぎる

marさん
2020年5月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

幸せ

すごく感動するんだけど、あまりに悲しすぎる。
この作品を見る前と見た後、ものの見方が変わりそうな衝撃を受けた。

テーマとして似ているのは「万引き家族」と「わたしは、はダニエル・ブレイク」だろうか。
法の隙間みたいなとこにいて、いわゆる常識じゃ守れない人たちを描いた作品。

幸せって人それぞれのものだから、
誰かが決めた”普通”じゃ叶えられない人が出てきちゃうわけで。
それって、たとえば法律とか常識とか
そういう巨大な力に踏みつぶされそうになったとき、どうするかっていう。

マルコの“ It's not my home."が、もう涙なしじゃ見てられない。

社会がどうのとか言うつもりは無いけど
家族の幸せ、子供の幸せと、自分の幸せを同じ線上に据えていきたいと強く思った。

最後にもう一度。
作品として素晴らしいのはもう脱帽するしかないくらいなんだけど
もうちょい救いを残してくれても良かったんじゃないの、とは思う。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 4 件)
mar

4.0差別、偏見は良くない。けれどそれぞれの正義もまたあるのかも。

2020年5月3日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
映画好き

4.5マルコ~、うますぎるよ!!

CBさん
2020年4月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

マルコ~、演技がうますぎるよ!! 演技じゃないかな。でも、とにかく凄いよ~!!

いやあ、感動した。感動した。感動した。
当時(2012年)は、電通がLGBTという言葉を認知しているかの調査の第1回を行った年。自分は当時、残念ながら自信をもって、LGBTに理解はなかった。まさに無理解。たった8年前なのに。この映画に渦巻く無理解で冷酷な周囲とまったく1mmのズレもない。今だからこそ、こうやって観ているが、当時の俺は、毛嫌いして観なかっただろうし、観たとしても、一言、「気持ち悪い」で終わっていただろう。

そんな俺が今はこうして、観て共感して、感動している。映画のおかげだ。俺へのLGBT教育は、ほんとうに映画がしてくれたと思う。この5年間観てきた映画で、多くの学びを得た。次から次へと映画を観ていくことは、LGBTの理解というか、"差別とはなにか" を俺にわからせてくれたように思う。ゆっくりとだが、確実に。ありがとう、映画。

誰にとっても、「自分のために」観る価値があると思う。差別のない世界をめざすために。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 4 件)
CB

4.5「ある一人の人間について知ったうえで、知恵を絞ってください」(少し意訳)

2020年4月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

幸せ

萌える

「家に帰るのなら、道が違うわよ」このセリフが、こうラストにつながるとは…。

 子を産んだだけで”親”になるわけではない。だから「子育て」は「(親自身の)個育て」とも書くという。
 昔、放送大学で聞いた講義で「子が育つには、母性と父性が必要だ。けれど、母性を男性
が担ってもいいし、父性を女性が担っても問題ないという、(幼児を対象とした)調査結果がある」と聞いた。
 そんなことを思い出した。

そんなことを裏付けるように、ルディとポールの表情がどんどん変わってくる。
 正直、わざと毛むくじゃらのままにしている?と思いたくなるような、むさいルディ。最初の登場で、女郎蜘蛛かカマキリかという目力の勢いでポールを落とす。それが、ラストのシャウト直前の、鏡の前の表情。ちあきなおみさんか?と目を疑った。酸いも甘いも生き抜きながらも微笑んでみせる深みのある女性にしか見えなかった。うっすら無精ひげは健在だというのに。
 はじめは、ルディを遊び用として接近してきたようにみえるポール。マルコに対しても他人事⇒ルディへのご機嫌取り。なのに、いつの間にか”父”そして”人生のパートナー”の顔になっている。

「ゲイカップルが障害児を育てた」という1970年代の実話と、監督カップルが養子を迎えようとした実話をベースにした映画と聞く。

 『きのう何食べた?』のシロさんが常に備えているような老後の心配から、養子を迎えようとしているのではない。
 ルディがマルコを手元で育てたいと希望する理由は「ひとめぼれ」以外には言葉では語られない。でも、表情で語ってくる。
 ”世間並”ではないマルコ。常に母から、ぞんざいな扱いを受けて隅にいるマルコ。ルディは自分を重ねたのではないだろうか。自分の性的嗜好をうまく隠し、社会に居場所を作っているポールに比べ、隠せない?ルディ。自分が親からやってもらいたかったことすべてをやってあげたかったのではないか。ありのままを認めることも含めて。

施設。
 物語の中の施設で思い出すのは、『赤毛のアン』・『あしながおじさん』・映画『この道は母へと続く』…
 今ではそんなに待遇も悪くはあるまい。とは思うものの…。
 漫画『凍りついた瞳』にもあるように、児童福祉は、日本なら18歳で打ち切り。自立を求められ、昔の日本なら、住むにも、就職するにも、保証人を求められた。けれど、身寄りのないものは?今でこそ、お金で解決できる保証会社があるけれど。1980年代には、それゆえに日雇い等での稼ぎがありながらも木賃宿や路上で生活せざるをない人々がたくさんいた。
 マルコの場合は?成人したら、日本なら、障碍者福祉という行政分野に移って、NPO法人系の人々のお世話になるんだろうな。でも、マルコが生きているこの年代・この土地ではどうなる?福祉的援助が続いたとしても、同じ人に支えられてなんていう望みはあまり考えられない。物流の”物”みたいだ。その時々の制度に合わせて配送先が決まる。
 もちろん、ルディ・ポールの方が先に逝く可能性はある。けれど、彼らなら、そのことも見越して、一番負担ないように、マルコの居場所を用意しそうだ。映画『海洋天堂』のように。
 親になるということはそういうことだ。自分が寂しいからとか、見栄とかの為じゃなく、子のありのままを認めて、子と一緒に成長して、子が受け入れやすい準備をすること。
 雨露がしのげ、衣食住が保障される場所があればいいという問題ではない。勿論それは最低限の必要。

裁判。
 ある法学者がその講義の中で「情が切れたときに、法が出てくる」と言った。
 法で解決できる・答えを知ることができることもあるけれど、万能じゃない。
 最近の、野田の虐待事件の裁判でも、相模原の虐殺事件の裁判でもそうだけれど、「それを法に照らし合わせるとどうなのか」しか論議されない。なぜそんなことが起こったのか、最善の方法は何なのかを調べる場所ではない。
 この映画の裁判を見ていると、素人ながら、そこの反論こうすればとかつい口出ししたくなる。「あなたは子どものためにハロウィンで仮装しないのですか?」とか、「この人形をマルコに与えたのは?」とか、8ミリ録画はなぜ証拠として採用されていないとか、診察した医師を証人にしないのかとか。とか、とか、とか。熱くなる。
 マクロな視点ではなく、その証拠が法的にどうかというミニマムな視点。痴漢・レイプ・DVの裁判でも、この小さな論点が、被害者に有利になる反面、場合によってはセカンドレイプにもなる。
 親権をとるためには、法的な手続きが必要なんだけれど、法律では人生は図れない…。

 この映画だけを見ると、麻薬常習者よりもゲイの方が環境に悪いって言っているように見える。けれど、これが、麻薬常習者カップルVS同性愛カップルの親権争いなら、両方却下だろうか。1970年代、今より同性愛へのあたりはきつかった。反対に、ピッピー等の存在により、コカイン・ヘロイン・大麻…麻薬等に対しては今より許容的だった。児童虐待の講義を聞くとほぼ必ずと言ってよいほど最初に説明されるヘンリー・ケンプ医師の『被殴打児症候群』がUSAで報告されたのが1962年。でも、それが一般的に認知されるはもっともっと後の時代…。

 法は、私たちを守るもの。だから守らなければいけないと学んできたはずなのに。

 ゲイカップルへの差別を描いた映画という人もいる。
 でも、私には、目の前の人を大切にするということはどういうことかを、胸に刻む映画だった。

 3人の、お互いを必要とし、お互いの幸せを考え喜び合う家族と、法的に”正しい”とされる人々とのズレや、マルコの顛末を、観客の胸に刻むために、あえてそうしたのだと思われるが、
マルコが天使過ぎて、ダウン症特有の子育ての困難さがまったく描かれていない。子育てを描いた映画ではないのでいいのかもしれないが、その困難さがあっても家族となりたい覚悟が描かれていたら、もっと「マルコのことについて考えてください」が地に足ついたのになとも思う。なので、-0.5。
 尤も、二兎を追うもの一兎も得ず。配分を間違えると瓦解する。
 マルコと過ごした日々をファンタジーとして胸に焼き付けるには、これが一番よかったのだろう。

 愛を知りたい人は観てほしい。

(引用セリフは思い出し引用)

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とみいじょん

5.0何度見ても涙なくしては観れない…

nanaさん
2020年4月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、VOD

何度見ても、得るものがある作品。

最近やっと、社会が多様性を受け入れようとする動きが出てきてはいるが、
そもそも、「多様性を受け入れる、認める」と表現すること自体が傲慢であると気づかされる作品。

さらには、

「正しさ」とはなんなのか。
「愛情」とはなんなのか。
「法のもとの正義」とは?
「常識」とは?
「誠実さ」とは……?

個人にとっての最善の生き方、幸せは誰にも制限されるべきではないし、当事者以外が個人的な思想や常識を押し付けて型にはめてしまうというのは、どれだけ罪深いのか…
いま一度、これまでの自分の振る舞いを省みるきっかけになれる作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
nana

5.0常識や経験は正しいとは限らない

2020年3月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
makano96 wing

4.5静かに沁みる

2020年2月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジャーニー
「チョコレートドーナツ」の作品トップへ