ミケランジェロ・プロジェクトのレビュー・感想・評価

ミケランジェロ・プロジェクト

劇場公開日 2015年11月6日
106件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

クルーニ監督率いる豪華キャストが嬉しい戦場での静かなる重要文化財奪...

クルーニ監督率いる豪華キャストが嬉しい戦場での静かなる重要文化財奪還作戦。
山場もなく淡々と流れる作品ですが奥が深い。
2014.9.13

miharyi
miharyiさん / 2019年1月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人の命と名画を秤にかけたら、、 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

見始めたら一気に見てしまった。
戦争に関連する映画だが、
視点としては、「美術品を守れ」。

ふたりのプロジェクト員が亡くなる。
後世の人々に、名画を残すため、といえば後世の人であるわたしは有難いが、
命を掛けるのはどうなのか、
という疑問が残る。

ヒトラー自身は映画に出てこないが、
彼の存在感が伝わる。

所蔵美術品といっしょに、金塊も見つかるが、そのほか、夥しい金歯が見つかる。
これはショッキングな場面だ。

いづれにしても、ユニークな視点から描かれた戦争映画、とは言えるだろう。

監督もジョージ・クルーニーとか。
やるなぁ、と思った。

ちなみに、この映画のあとのデザートとして、少し古いが「モネ・ゲーム」を見ると、お口直しにいいかも?

ゆっこ
ゆっこさん / 2018年11月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美術好きなら是非、映画としても十分面白い

フェルメールやモネ、レンブラント等々西洋美術の名品の数々がチラリと大量に写るので、あれは何だったけ?とそれだけでも十分に楽しめます
また美術好きならくすりとするようなシーンも山盛りです
冒頭からマット・デイモン扮するメトロポリタン美術館の主任学芸員は天井に仰向けでなにやら描いているのですが、そこに来たジョージ・クルーニー扮するハーバード大学付属美術館館長がミケランジェロのマネか?とジョークを飛ばします
もちろんサンピエトロ寺院のミケランジェロの天井画のことです
英国の飛行場ではフランス人の美術商が戦闘機のノーズアートを描いていますが、弓矢を持った半裸の美女の横にはFemme Fataleと書かれています
もちろんクリムトを意識したものでしょう

ベルギーのブルージュにあるミケランジェロの若いときの作品である聖母子像は本作では特に重要な扱いをされていますので、邦題は妥当なところでしょう

映画としても派手さはないにしても十分楽しめます
いい役者ばかりで演技も良いです
特にジュ・ド・ポーム国立美術館の学芸員役のケイト・ブランシェットの演技は特に素晴らしく、へルマン・ゲーリング元帥に略奪した美術品を展示案内する親衛隊将校のシャンパングラスに唾を吐くシーン、マット・デイモンに「泊まってもいいわよ、だってパリですもの」と言って上気した顔を上げる演技は心に残ります

ですが、確かに編集とか、地理関係の説明とか、盛り上げ方にもう一工夫が欲しいところは否めません
とはいえ駄目な映画という訳では全くなく、十分に楽しめる映画となっています
特に当時の考証とかセットは素晴らしく嘘があまり有りません
車両や飛行機などは当時の本物を使っているようです
この当たりも注目するとさらに面白い映画です

美術好きなら観ていないと損した気分になる映画です、美術好きのあなたなら存分に楽しめます、是非!

あき240
あき240さん / 2018年10月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

同じ時期にプライベートライアンを見たせいか背景、ミッションチーム、...

同じ時期にプライベートライアンを見たせいか背景、ミッションチーム、マッドデイモンのおかげで話がこんがらがってしまいそうです。

ただこちらの映画には派手さはないですね。

やまは
やまはさん / 2018年7月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

豪華な俳優陣で注目してました

視聴:1回目
推薦:クルーニー好き
感想:美術品を守ることにフォーカスを当てたものだが、もっとスリリングに、撮ってほしかったなぁと。その中でクスッと笑えるところがあればさらに楽しめたかも。今まで聞いたことのない題材で良かった。

ほんげ
ほんげさん / 2018年5月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おじちゃんたちが

わちゃわちゃしてた。
マット・デイモンじゃなくてもいいよね。
たんたんとしてて好きだった

てん
てんさん / 2018年4月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

芸術品のために命をかけるということに、いまいち同感できず、フーンで...

芸術品のために命をかけるということに、いまいち同感できず、フーンで終わった。まあお国のために命をかけるよりはマシかもね…

まるぼに
まるぼにさん / 2018年3月2日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

出演俳優をみて 観ようと思った作品。 戦争映画は 派手に戦闘シーン...

出演俳優をみて 観ようと思った作品。
戦争映画は 派手に戦闘シーンがあるが この作品は また違った視点をフューチャーしていて 想像していたよりも ヒューマンドラマであり よい映画だった。

tomy
tomyさん / 2017年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間臭い映画

美術品を愛する理由は人それぞれで、彼らがなぜ命をかけてまで美術品を守ろうとしたのかはよく理解できなかったが、人間の生きる力の根幹に関わるものがあることは確かだろうと感じた。
何のために美術をやるのかということをずっと考えているが、そのヒントになり得る作品だったと思う。

棒人間
棒人間さん / 2017年6月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

芸術品のために命をかけるということに、いまいち同感できず、フーンで...

芸術品のために命をかけるということに、いまいち同感できず、フーンで終わった。まあお国のために命をかけるよりはマシかもね…

まるこ
まるこさん / 2017年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好感

無関心•••4•好/並••3••凄
無••3••涙/無•2•••固ゆで
無••3••社会派/大衆1••••カルト
よかった/勧める
俺の満足度 70点
作品賞ノミネート可能性 60%

大脱走 学術編、みたいなテイスト。好感。

おまけ:ソ連軍との競争は、よくも悪くもアメリカ的。

ジョージクルーニー、マットデイモン、ビルマーレー(ヴィンセントが教えてくれたこと)、…豪華。

CB
CBさん / 2017年2月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

他の

レビューはよろしくなかったみたいだけど、私は好き。派手さはないけど、面白かったよ

aco
acoさん / 2017年1月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

話自体は面白かったです、作風は若干苦手系でしたけど

この映画が実話ベースとは驚きました、私は歴史に疎いんで、こんな事実があったなんて初めて知りましたよ。
まあ歴史だけでなく美術館に一度たりとも行こうと思ったことがない美術オンチだったりもするので、単純に興味も無かったと言えばそうなんですが、とりあえずこう言った事実があったことを知れただけでも見る価値はあった映画だったかなと思いました。
モニュメンツ・メンの7人がいなかったら、どれだけの美術品・文化が失われていたのでしょうか・・・。
もっと歴史的に称えられても良さそうな話ですが、様々な国が絡んだ美術品だけに、いろいろとデリケートな問題もありそうですから、実際はそう単純な話でもないんでしょうねぇ。

で、まあ話自体は面白かったのですが、映画としてはやや薄味だった印象で、もう一つ嵌れなかったかなぁ。
つまらなくはないのですが、戦時中なのに微妙に緊張感が薄く、かと言ってコメディテイストな訳でもなく、どっちつかずな感じで、しかもどこか淡々としすぎていていまいち入り込めないと言う、何とも言えないもどかしさを感じた映画でしたね。
ある意味典型的なジョージ・クルーニー映画だった印象です、好きな人はこう言う作風がたまらないのでしょうけど。

とは言え、さながら戦場版プチオーシャンズシリーズと言った感じで、美術品をナチスから奪還する様子は、まずまず見応えはあったかなと。
命を懸けて文化を守ろうと奮闘するその姿には、熱くなったシーンもそれなりにはありました。
もう少し各人の美術品に対する熱が伝わってくれば尚良かったのですが。
劇中だけの様子ではどちらかと言えば命を預けられるだけの価値がある男の為に、危険を顧みず命を懸けて任務を遂行したと言った感じに見えました、まあそれはそれで面白かったですけどね。

彼らが戦争の素人だったのも妙にリアルで良かったです、その割には返す返すも緊張感には欠けてましたけど。
でもビル・マーレイやジョングッドマンやボブ・バラバンのコミカルさがあってこそ最後まで見るに耐えられた部分もありましたから、そこは一長一短でしょうか。
そしてジョージ・クルーニーにマット・デイモンはさすがの存在感、地味な映画の中で画的に映えました。
ケイト・ブランシェットの存在も話のいいアクセント、いろいろと説明不足&淡々とし過ぎていて面白いとまでは言い難い映画でしたけど、話自体は面白かったです。

スペランカー
スペランカーさん / 2016年12月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

吹き替え 声優がいいね〜 絵画好きのドイツ軍閣下 イタリア ミラノ...

吹き替え 声優がいいね〜
絵画好きのドイツ軍閣下
イタリア ミラノは戦争の被害から最後の晩餐を守る(イギリスからの攻撃)
失われていく絵画などの文化財産を守りたい教授

!戦争から美術品を守る部隊!
チームは7人(アメリカ人)
意外と楽しい
30代から70代までの仲間たち
建築家 デザイン家 彫刻家
ヒトラーは秘密裏に美術館を作っていた

〜パリへ〜
美術品を押収して、ドイツ軍が美術品を大量に隠していることを知

偶然美術品を集めて隠し持っているドイツ軍の部下を見つける

ジェームズは単独行動

結局ほとんど見つけて終わり

☆
さん / 2016年11月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

また一つ、歴史を知る。

すごく面白かった!!!!!

彼らのような存在があったからこそ、大切な芸術作品が守られたんだ!
とても兵士とは呼べないような、言ってしまえば弱そうな、ほんの数名のプロジェクトチーム。
そんな彼らが命を懸けて守り抜いた芸術作品だと思うと、また違った思いも浮かびます。

ジョージ・クルーニーらしいユーモアというか、ちょっと笑えて、だけど泣けて。
テンポ感は少しゆっくりな感じもしますが、全体的に大好きな作品です。

ディミットリ・レオニダスもかっこよかった!

runa
runaさん / 2016年10月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジョージクルーニー

ジョージクルーニーの脚本作は、よく言えばキャッチーで、悪く言えば深みがないという印象で…題材は面白いのに、なんだか断続的で、惜しいという感じがするのです。ides of Marchの時も感じたのです。好みの問題ですかね。

空猫
空猫さん / 2016年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コミカルな部分もあるが、戦争の中でこういう役割をしていた人達もいた...

コミカルな部分もあるが、戦争の中でこういう役割をしていた人達もいたのだと、認識させられた。かつていったことのあるノイシュタインバイン城?も美術品の隠し場所だったのかと、歴史を感じました

MAX
MAXさん / 2016年9月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

史実だから仕方無いかな?

配役が良いから期待した分、少しガッカリかなぁ〜(≧∇≦)史実に基づくから想定外な意外性が無い分がマイナス点。

デコ山
デコ山さん / 2016年9月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

社会派映画

日本語吹き替え版は声優に重厚さがいまいち。声が軽い。女性の美術館員は林原めぐみ?

カントクのジョージ=クルーニーは父親がニュースキャスターで、本人も本来はジャーナリスト志望。なので社会派映画をよく作る。

この映画もそうした一作。
第二次世界大戦では多くの美術品が戦火で失われた。
ドレスデン空襲ではギュスターヴクールベの石割人夫が、神戸空襲ではゴッホのひまわりが失われている。

この作品は戦火から美術品を守ろうとした、特殊部隊の話だ。実話ベースだ。隊員は建築家や学芸員、美術品修復家など凡そ戦争に向かないメンバーばかり。時に間抜けだし、ドラマチックさに掛ける所もある。
スペクタクルやアクションもないので、血湧き肉躍る娯楽作品を好まれる向きには向いてない。
彼らの仕事は困難を極める。司令官に貴重な美術品のある教会への攻撃を避けるように依頼しても、鼻であしらわれる。
美術品は命がけで守らねばならないか?
然り、それがクルーニーの答えだ、
美術品は人々の生きた歴史そのものだからだ。
マットデイモンがナチスによって奪われた肖像画を、今は無人となった元の持ち主の住居に返しに行く場面ではっきりしめされる。元の持ち主はもういない。壁に乱暴に書かれたダビデの星が彼らの末路を示している。収容所で死んでるだろう。その場で殺されたかもしれない。だが、その肖像画はそこに彼らが住んで生きていた事を証言する歴史の証言者なのだ。マットデイモンの役どころが美術品修復家である事もそれを指し示している。

数々の美術品を完璧に再現した、この映画の美術スタッフは素晴らしい仕事をしている。

それだけに、美術品を火炎放射器で焼き払うナチス将校はぶん殴りたくなる。

カンタベリー
カンタベリーさん / 2016年8月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

史実映画の割におもろい

史実映画ならではの勘苦しさがなく、娯楽要素がしっかりしている。戦闘シーンが少ないのもいいところ。キャストもよくなかなか面白い作品だ。

素子
素子さん / 2016年8月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

106件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報