埼玉家族

劇場公開日

埼玉家族
0%
25%
50%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映像関連産業センター「SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ」を有する埼玉県と、さまざまな家族映画の名作を送り出してきた松竹がタッグを組み、埼玉県に暮らすある家族の姿を4つの短編で描いたオムニバスドラマ。埼玉県に住む山下家は、父親・哲と母親・優子、高校生の長女・若葉とカメラマンのアシスタントとして働く長男・タカシのごく普通の4人家族。しかし、それぞれが家族の前では見せない悩みや不安を抱えていた。福山功起、加瀬聡、角川裕明、完山京洪の気鋭の若手監督4人が、それぞれ長女、母、父、長男を主人公にした「ハカバノート」「キャンディ」「父親輪舞曲」「ライフワーク」の4つのストーリーを通して、山下家の4人が過ごすある3日間を描く。両親役を鶴見信吾、伊藤かずえとベテランが固め、2人の子どもを若手の大野拓朗、森田涼花が演じる。

2013年製作/103分/G/日本
配給:松竹映像商品部

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2013 松竹株式会社/埼玉県

映画レビュー

3.5埼玉で暮らす家族を描いた作品

2021年4月6日
スマートフォンから投稿

埼玉県で暮らすごく普通の4人家族が様々な悩みや不安を持ちながら生活していく模様をオムニバスに描いた作品。
両親役に鶴見信吾と伊藤かずえが出演。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
上田昌代
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「埼玉家族」以外にこんな作品をCheck-inしています。