劇場公開日 2014年5月10日

  • 予告編を見る

ブルージャスミンのレビュー・感想・評価

3.5121
13%
56%
27%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全121件中、1~20件目を表示

3.0ぽい? ぽくない?

UNEmiさん
2020年11月20日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi

4.0鬼気迫る演技を堪能

たねさん
2020年10月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たね

3.0金持ちのメンタルを知る!!

2020年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

知的

ほぼ主人公が喋っているだけの映画であまり共感はできませんが、女性の虚栄心を良く表していて、また逆境にあるのでしょうが決してネガティブにならない所は印象的でした。面倒臭くてあまり魅力的には見えませんが、よく男性に口説かれているので、私たちは日常で女性の内面等何も分かっていないのを表していたと思います。まあお互い様なのでしょうが、男と女なんだからこれで成り立っているという、ウディ・アレンらしい映画だと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
𝔄𝔫𝔤𝔢𝔩𝔬

5.0DVDを買って、永久保存版‼︎

2020年8月22日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジェット

3.5ジャスミンとジンジャー

2020年8月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

セレブから転げ落ちた人がどういう価値観で這い上がろうとするのか、いろいろ興味深かった。
結局生まれついてのセレブではなさそうなジャスミンだが、一度上り詰めるとなかなかハードルを下げられないのだろうな、と。
お酒と薬を飲むシーンが多くて心配になった。

鬼気迫る表情で子供相手に話すシーンは笑ってしまったが、子供の方がよほど冷静である。
嫌な元セレブだが、なぜか憎めない。文句を言いながらも受付の仕事を頑張るジンジャー。そっと応援してしまう。
そして、ジンジャー役のサリーはいろんな役を演じられる人だが、今回も適役だったかと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー

3.0主役は与えられたシナリオを懸命に演じているものの……

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

まったく良心の咎めもなく嘘をつきまくる主人公のお話です。
妹の全財産を巻き上げながら、罪の意識すら感じない主人公。
自分のダンナを自らの手によって死に追いやったのに、やはり自分は被害者だと思い込んでいる主人公。
これは何かの病気なんですかね?

もしもそうであるなら、心理学か精神医学か何かのテキストとして良くできた映画だと思いました。
K・ブランシェットは、与えられたシナリオを懸命に演じています。

とはいえ、こんな人もたまにいるよね……という感想以上の何かが何もない映画なので、オマケで星みっつにしておきます。

もしかしたらミステリー仕立てのつもりで監督は映画を撮ったのかも知れません。つまりダンナの死を含め、すべてが自分の責任だったにもかかわらず、いっさい責任を感じない、他人ばかりを責める人間の破綻劇なのかも。だとしても感動はしませんけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

4.0【”虚飾に塗れた人生”を懸命に生きる、愚かしくも愛しき人々の姿をウディ・アレンがシニカル要素多めで描いた作品。】

NOBUさん
2020年5月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

楽しい

知的

ーウディ・アレン監督がシニカルな笑顔を浮かべながら制作した作品
 ・・・だと思う。-

■久しぶりに観ても”インパクト大”だったシーン

 ・ジャスミン(ケイト・ブランシェット)がジンジャー(サリー・ホーキンス)の二人の息子とレストランで食事をするシーン。
 ”ペテンはペテン・・”などと、自分の半生を省みながら、眼を”カッと”見開き、二人の顔を凝視しながら半身を乗り出して、喋るシーン。

 - ”怖いよ、ケイト姉さん・・。二人ともご飯、食べてないよ・・。”
 私はこのシーンの彼女の”セリフと表情”でケイト姉さんはオスカーを獲得した、と勝手に思っている。-
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ・ジャスミン(本名は、ジャネット・・)とジンジャーは姉妹。(似てないなあ、と思ったら、二人とも里子だった。)

 ・ジャスミンの夫ハル(アレック・ボールドウィン:お金持ちオーラが凄い・・)は実業家。
 (お金持ち・・だったが詐欺がバレ、逮捕。)
 ・ジンジャーの夫オーギーは建築家。
 (宝くじで20万ドル当たったが、ハルが薦めた投資に全て注ぎ込んで、全てパア。)で、離婚。

 というイタイ二人を取り巻く人々との絡みをシニカル要素多めで、描いていく。
 冒頭から、イタイのはジャスミンである。
 ハルの事件発覚後、お金がないのに、ファーストクラスを使いやってきて、ジンジャーの家へ居候。

 セレブリティな生活慣習が抜けきれない言動と、現実とのギャップに戸惑うジャスミンの姿は悲哀感も漂うのだが、流石ウディ・アレン監督。
 コミカル要素を塗して絶妙に描いていく。

 ・仕事を探しているジャスミン(飲んでいるのは、ショートグラスのカクテル)のところに、ジンジャーが呼んだのはチリ(ジンジャーが好き)と小男エディ。で、頼んだのは、ビール・・。
 二人は、落ちぶれたジャスミンの状況を遠慮会釈なく、”普通”に話す二人。悪酔いするジャスミン。
ー上手いなあ、ウディ・アレン監督ー

 で、紹介されたのは、歯医者の受け付け嬢。歯医者のフリッカー先生はジャスミンをデートに誘ったり(で、チグハグな会話。)、あの受け付けでの強引なキスシーン。(申し訳ない限りであるが、少し笑う・・)

 漸く素敵な男性、ドワイト(ピーター・サースガード)と出会い、彼の海辺の素敵な家でのキスからの、婚約。
 そして、指輪を買いに行った街で逢ってしまったのは、ジンジャーの夫オーギー・・・。過去を暴かれ婚約解消・・・。

ーあれだけ、トラブル続きだったら、精神薬も6種類”カクテル”で飲まないとねえ。独り言も多くなるさ・・。-

<ジンジャーの家を飛び出し、大好きだった筈のブルームーンの歌詞も忘れて、独りベンチに座るジャスミン。
 普通の映画であれば、悲惨な結末に思えるのだろうが、ウディ・アレン監督の手に掛かると、”仕方がないさでは済まないのは、分かってはいるが、仕方がないさ・・”と思わされてしまう。
 で、エンディングで流れる粋な曲・・。ビタースイートだなあ・・。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

3.0ケイト・ウィンステットもうまいけど

2020年3月29日
iPhoneアプリから投稿

夫ハル役のアレック・ボールドウィンの明らかにお金持ちだけど何か悪いことしてそうな感じを、演技なしで見た目だけでも再現できてるのがすごいと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
齋藤直紀

2.5あれ〜?面白いんだけど

300さん
2020年1月14日
iPhoneアプリから投稿

ウッディアレンは好きだし、話も面白いし。
ケイトブランシェット大好きなんだけど、彼女の知的な風貌がミスマッチだったのか、彼女が上手く入り込めなかったのか?
ちょっと無理があった気がする。
もう少しだけ普通の美人で良かったかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
300

3.5痛々しくも清々しい

2019年8月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

痛々しい女性の生き様。「ヤング=アダルト」を思い出した。
最後の顛末で、旦那の浮気相手の件は、
結局ジャスミンの馴れ初めと同じ事なんだと、
後から気づいて、あーヤラレターと、
観てるこちらもジャスミンも思っただろうな。

音楽の使い方が好きですね。
妹の家と、昔の華やかな家とは全然違う音楽で、
音楽でジャスミンの心境を表してる。
全て上手く行くと思ったら、音楽は最初と同じって、
皮肉な演出が効いていて面白かった。
恋愛話なのに、ベッドシーンが無いのも良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
クリストフ

3.0喜劇と悲劇は表裏一体

colt45SAAさん
2019年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

悲しい

ウッディ・アレンはロマンチックな映画作家だが、時として非常にシニカルで意地悪だ。
それほど好きな監督ではないが、時折観賞する作品で強く感じる。
ケント・ブランシェット演じるセレブから転落した女性と血の繋がりがない妹を比較しながらストーリーは展開するが、登場人物にとっては「不幸な状況」であり、「焦り」が手に取るようにわかるが、観ている側のこちらはそれが「笑い」に繋がってしまう。

「人の不幸は蜜の味」とはこの事。
TVドラマの「セックス&ザ・シティ」や「デスパレートな妻たち」が好きならおすすめ。
ケント・ブランシェットが後半でボソッとつぶやく「みんなゴシップが好き」って台詞。
それがこの映画の全てであり、前述のTVドラマをアレンが洒落ていて意地悪な演出によりケント・ブランシェットをアカデミー賞主演女優賞へ導いた作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
colt45SAA

3.0ビター味(濃い目)

散歩男さん
2019年6月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

ウディ・アレン監督のスキャンダル抜きに語るのは難しいかもしれない映画。全てを失い投石され追われた監督自身を投影してるのは明らか。

ぶっ壊れていくケイト・ブランシェットが怪演。ダーク過ぎて笑えない。だがアカデミーは彼女に主演女優賞を送ったわけでそれが答えだろう。

おもいっきりビターなのが観たい時にどうぞ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男

3.5いたい女

2019年5月26日
Androidアプリから投稿

いたい女を名演するケイト・ブランシェットは流石だが、もう一つスッキリしない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.0見事な壊れっぷり

2019年3月31日
PCから投稿

主人公がだんだん不安定になっていく過程がリアルでゾクゾクした。
ケイト・ブランジェットのはいくつになっても品があって美しい。
彼女が賞を取ったのも納得の作品。
サリー・ホーキンスがシェイプ オブ ウオーターと全然イメージが違っていたので彼女だと認識するのに時間がかかった。
もっと色んな映画に出て欲しい素敵な女優さん。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
フラニー

4.0ケイト・ブランシェット怪演

Cape Godさん
2019年3月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

4.0こうはなりたくない

2019年3月6日
スマートフォンから投稿

悲しい

主役の演技力は良いです(^-^)話の流れもリアルで面白かったです。
やっぱり人をバカにしてたツケはちゃんと回ってきちゃうんだなぁって思いました。
野心がある男性は浮気もつきもの。
だいたいの奥様方は、浮気を見て見ぬふりしてる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野島ちはる

3.5何が幸せなのか

nyさん
2019年2月9日
iPhoneアプリから投稿

ジャスミンの気持ちにも同情するがそれ以上に
相当辛いのにジャスミンを家に招き入れて彼氏のことを悪く言われても耐えていた妹が素晴らしいと思いました。観た後にとても考えさせられる映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ny

3.5始まって2分で「この人大丈夫じゃない人…」

なおさん
2018年12月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

久しぶりにアレン作品鑑賞。意地悪く、ブランシェット演じるジャスミンを追い込んでいくなあと観ていたら…。なんというか自業自得というよりも大事な選択は常に間違えるのが、妹との違い。
まさかブランシェットがこんな美人なのに残念臭溢れる人物をやるとは。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

3.5これもウディ・アレン

2018年11月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

前日に「ミッドナイト・イン・パリ」を観て、「ずいぶん前に録画して観てない「ブルージャスミン」、あれもウディ・アレンだったのか。観てみようかな」と思い立った。ずいぶんテイストが違うと感じたし、「ミッドナイト〜」とようなものの方が楽しくて好きだけれど、これはこれで。もう少しウディ・アレンをいろいろ観てみたいと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Monsieur M.

4.0ジャスミンとアレン監督の行方…

2018年6月23日
Androidアプリから投稿

日本の金持ちはたかが知れてるが 欧米にはこういうタイプのセレブが沢山いそう
支配階級層というのは ある意味 何で金を
稼いでいるかわからない連中である

彼らの欲望に 世間も世界も 引っ掻きまわされて…
ジャスミンは転落者なのだ
引っ掻き回される方への
もともと 浅はかだから頭も更に混乱する

現代版「欲望という名の電車」とも言われるが ブランチの悲惨さはない
女が自らの美しさや上品さ(ホント?)を愛することは
否定はしないが コレは人によってはオーバーヒートしやすい
そして虚栄心に繋がっていく

今 監督のアレンはセクハラ告発されていて
やっぱり… というのと、残念、というのが半々
彼も転落者の一人となったのかも…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
jarinkochie
「ブルージャスミン」の作品トップへ