風とライオンのレビュー・感想・評価

メニュー

風とライオン

2件を表示 映画レビューを書く

ショーンコネリーが格好良い

美しい砂漠の映像、アラビアのロレンスにも負けない迫力あるアクションで十分に楽しめた

特にアメリカ海兵隊のサルタン宮殿への進軍と突撃シーンは素晴らしい
流石はミリアス監督らしいアクションシーンの連続

モロッコとアメリカの二つのパートで物語が進む
モロッコが当然のこと主、アメリカが従であり、ライズリとルーズベルトとの男の対比という構造
しかし必要以上にアメリカパートが多い

しかしミリアス監督が描こうとしたのは実はアメリカの行動スタイルだったのではないかと思う

舞台は1904年、日本海海戦の前年の頃のモロッコ
ライズリがやろうとしてることは、日本でいえば尊皇攘夷だ
主張していることは同じだ
モロッコで行われる軍事行動は、日本でいえぼ薩英戦争に相当するようなものだ
日本はその50年前にこの段階を経験していたわけだ
そしてルーズベルト大統領の誕生パーティーに祝辞を述べる日本人外交官を登場させる
このシーンがなぜ必要なのか
監督の意図はモロッコで進行している物語はモロッコだけの話ではなく、世界のどこでもいつでもアメリカの行動スタイルとして普遍的なことなのだということを述べたかったのだと思う
その意味合いの台詞をルーズベルトに喋らせてみせてもいる

夫人の最後の行動は現代で言えばストックホルム症候群でみもふたもない

しかしショーンコネリーの男性の魅力が圧倒的で夫人のその行動に説得力が十分でた
夫人の子供の男子に憧れの視線をさせるなどだめ押しまでかけている

あき240
あき240さん / 2018年8月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

義心をもった男たちが格好いいが、ちょっとくさい

総合65点 ( ストーリー:65点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:75点|音楽:70点 )

 それぞれの立場と事情があるが、義の心を持った男たちが時には命を懸けて信念を貫こうとするのを、西欧とアラブの情勢をモロッコの砂漠地帯を舞台にして国際情勢も含めて描く話だった。ショーン・コネリー演じるライズリが何かするのはまだわかるが、ペデカリス夫人やアメリカ軍の大尉が命の危険を冒してまでライズリを救出しに行くのは綺麗ごと過ぎるように思える。恰好のいい男たちの活躍は爽快だが、同時にちょっと非現実的でくさいし、それは政治的な西欧とアラブの対立の構図という点でも同様。でもアラブ男が主人公の西洋映画で珍しいし、彼のアラブらしい誇りと信念が見れたので良しとしよう。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報