風とライオン
ホーム > 作品情報 > 映画「風とライオン」
メニュー

風とライオン

解説

 1904年、仏領モロッコのタンジールで、アメリカ人女性イーデンとその子供たちがリフ族の首長ライズリーによって誘拐されるという事件が起こる。時のアメリカ大統領ルーズベルトは政治的思惑から母子救出のために大西洋艦隊のモロッコ派遣を決定。やがて戦闘が始まるが、その一方、苦しむ民衆を救うために誘拐を図ったライズリーとイーデンは次第に心を通わせていく。そしてライズリーとルーズベルトの間にも尊敬の念が……。陰謀渦巻く国で展開される壮大なスペクタクル・ロマン。

作品データ

原題 The Wind and the Lion
製作年 1975年
製作国 アメリカ
上映時間 119分

受賞歴

第48回 アカデミー賞(1976年)

ノミネート
作曲賞 ジェリー・ゴールドスミス
音響賞  

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全2件)
  • ショーンコネリーが格好良い 美しい砂漠の映像、アラビアのロレンスにも負けない迫力あるアクションで十分に楽しめた 特にアメリカ海兵隊のサルタン宮殿への進軍と突撃シーンは素晴らしい 流石はミリアス監督らしいアクションシーンの連... ...続きを読む

    あき240 あき240さん  2018年8月13日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 義心をもった男たちが格好いいが、ちょっとくさい 総合65点 ( ストーリー:65点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:75点|音楽:70点 ) それぞれの立場と事情があるが、義の心を持った男たちが時には命を懸けて信念を貫こうとするの... ...続きを読む

    Cape God Cape Godさん  2013年3月24日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi