the fighting men's chronicle エレファントカシマシ 劇場版

劇場公開日

the fighting men's chronicle エレファントカシマシ 劇場版
80%
20%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1988年のデビューから日本の音楽シーンを走り続けてきたロックバンド「エレファントカシマシ」のドキュメンタリー。2012年12月、ボーカル・宮本浩次の左耳の外リンパ瘻(ろう)により、エレファントカシマシはコンサート活動を休止。デビューから25年で初めて立ち止まったその時、4人の男たちは何を思ったのか。25年間の膨大な映像資料やさまざまなアーティスト、関係者とのインタビューをもとに、同バンドの過去、現在、未来を探っていく。監督は「苦役列車」の山下敦弘。

2013年製作/88分/G/日本
配給:エムオン・エンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5【男、宮本。突発性難聴を乗越え、野音に臨む姿を様々なエレカシファンのインタビュー(絶品)を絡ませながら描き出す】

NOBUさん
2020年3月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

幸せ

 それにしても、エレファントカシマシは映画監督達にとっては、気になる存在らしい。

 2004年には、是枝裕和プロデュース作品「扉の向こう」が発表されているし、
 今作の監督は、山下敦弘である。
 又、今作のインタビューでは、大根仁がエレカシについて、熱く語っている。

 今作は、突発性難聴に見舞われた宮本に対して、石君、成ちゃん、トミが彼らなりの接し方をする様から、相変わらずの宮本のパワハラどころではないメンバーへの接し方(石君は腕立て伏せをさせられている・・)が前作同様に映し出される。

 又、メンバーが宮本の耳の調子を心配しながら、野音のリハに臨んでいく姿もぐっとくる。
 それにしても、中学生からの付き合いとはいえ、彼らの結束力の高さには毎回驚く。
 (だって、宮本からリハ中、罵詈雑言を延々浴びせられながらも、その数時間後には皆で仲良く笑っているのである・・。不思議な光景だが、とても良い光景である・・。)

 今作の白眉はエレファントカシマシという唯一無二なバンドを語る数々の人々の言葉である。

 ・大根仁 働いて初めて、エレカシのリスナーになれる・・・

 ・草野マサムネ(Spitz) まだ、正座してエレカシを聴いているのだろうか?と思われるエレカシ愛というか、敬愛の姿。

 ・綾部和夫 初代、エレカシマネージャー。貴重な言葉が数々聞ける・・。

 ・新井英樹 誰でも知っている”宮本から君へ”の作者。

 ・マキタスポーツ うーん、好きそうだなあ。いい事言うなあ。

<地域的に、映画を観る事は出来ず、DVDを購入。その後、幾度となく鑑賞している。>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

5.0隠さず気取らず全てを映していた

2017年4月24日
iPhoneアプリから投稿

隠さず気取らず全てを映していた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みやっち
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「the fighting men's chronicle エレファントカシマシ 劇場版」以外にこんな作品をCheck-inしています。