劇場公開日 2014年9月19日

  • 予告編を見る

「偉大なるアンディ・サーキス」猿の惑星:新世紀(ライジング) としぱぱさんの映画レビュー(感想・評価)

3.8176
23%
57%
18%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5偉大なるアンディ・サーキス

2015年6月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

興奮

知的

素晴らしい。
まさかここまで進化しようとは。
リブートから早くも三作目の今作品は
前回からの流れで十年後を描く。
だだし、今作品は猿達の物語であり
エピソードや視点、登場人物も
ほぼ8割方猿側で構成されてます。

そうだから、だからこそアンディの
素晴らしい演技が観る側に驚きと感動を
与えてくれる。
まさしく彼無しではこの作品は成り立たない。
それ位、彼の演技は突出している。
たかがチンパンジーと言うなかれ。
モーションキャプチャと言う武器を自在に
操り、主人公シーザーを目や背中やちょっとした
動きで物語るのはやはり彼しかいない。
ズバリ観る価値有りです。

次にストーリー。現代の差別主義や
戦争、虐殺、病気の蔓延と今の世界と同じ背景。
かなり、皮肉的に描かれていますが
昔、現地民族を追い出して領土を広げた
人間達、まさしくアメリカと同じ歴史。

猿=エイプは仲間を殺さない。
しかし、復讐は時として人(猿)を狂わす。
シーザーは悩み、傷付き、そして決断する。

さて多分続編も作られると思うが
多分、次の作品がオリジナル原作に繋がる
役割になるはず、果たしてシーザーは如何なる
活躍を、そして進化を見せてくれるのだろうか。
楽しみ~。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
としぱぱ
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」のレビューを書く 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」のレビュー一覧へ(全176件)
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の作品トップへ