劇場公開日 2013年5月25日

「乗客を適切な駅に降ろせているだろうか。」親密さ 花火さんの映画レビュー(感想・評価)

3.84
27%
53%
13%
0%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0乗客を適切な駅に降ろせているだろうか。

花火さん
2016年10月9日
Androidアプリから投稿

 演者の誰もが鮮烈な中、劇作家を演じる佐藤亮の声が染み渡る。発せられる言葉もまた、この声にどこまでも的確なのが良い。第一部終わり間際の長回しは真に驚愕で、歩く平野鈴と佐藤亮/側で流れるライトを灯した車/やがて明けゆく空、そして包み込む二人の会話と、未体験で、それでいてあまりに映画であるとしか形容しようのない。
 映画の最後を彩るごく短い挿話は、第一部で繰り返された詩に相応しい内容で、反復された動きに胸が締め付けられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
花火
「親密さ」のレビューを書く 「親密さ」のレビュー一覧へ(全4件)
「親密さ」の作品トップへ