「あまり良い感じがしない後味悪し」偉大なる、しゅららぼん アサシンさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

偉大なる、しゅららぼん

劇場公開日 2014年3月8日
全67件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

あまり良い感じがしない後味悪し

60年記憶を消された復讐に、街を出ろとゆうただけなのに、また記憶消されて、可哀想です。
殺されるのに近い。
万城目は当初純文学で売れず奇抜なストーリーで売れたのだが、本質は文章の旨さにある。
だから、ストーリーをなぞるだけならこのように平凡な出来になる。
その点、伊坂幸太郎とは違うんですね。
岡田だけが気を吐いた演技。
濱田はイマイチでしたね、珍しく。
CGも素人レベルで観てて恥ずかしいくらい。
印象の薄い作品でした。

アサシン
さん / 2018年9月27日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報