「つまらないお役目だと思っているから、つまらない料理しか作れないのではありませんか」武士の献立 近大さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「武士の献立」 > レビュー > 近大さんのレビュー
メニュー

武士の献立

劇場公開日 2013年12月14日
全42件中、20件目を表示
  •  
映画レビューを書く

つまらないお役目だと思っているから、つまらない料理しか作れないのではありませんか

秀作時代劇「武士の家計簿」に続く、松竹の“武士の○○”シリーズ第2弾。
藩に料理人として仕えた、江戸時代に実在した“包丁侍”の物語。

ストーリーを分かり易く言うと…
由緒ある料理人の家に生まれながらも、料理の腕がまるで駄目な跡取り息子。料理の腕がピカイチなバツイチ姉さん女房と結婚し、みるみる腕を上げていく。

映画は、この包丁侍の家に嫁いだヒロイン・春の視点で描かれる。
春の料理指南で年下夫が出世していく様は、“あげまん”的。
自分では生意気で可愛げの無いと言ってるが、常に一歩下がって、夫を立て…羨ましいくらいの出来た女房である!(おまけに上戸彩だぞ!(笑))
温かい人情話、家族愛…まさに“THE日本映画”である。

春を演じる上戸彩は、最初はこの役合ってるのかな?と思うが、見てると段々様になってくる。
意外と時代劇、合う…?
包丁侍などつまらない仕事と言う夫に春が言う、「つまらないお役目だと思っているから、つまらない料理しか作れないのではありませんか?」という台詞は、言葉を置き換えれば、どんな場合にも言える良い台詞である。

高良健吾のちょっと頼りない年下夫振りもハマってる。
西田敏行、余貴美子らベテラン陣の好演は言わずもがな。
鹿賀丈史も出演しており、料理繋がりならあの台詞を言って欲しかった…なんてね(笑)

先にも述べた通り、西田敏行と高良健吾演じる包丁侍親子は実在の人物で、“加賀騒動”など実在の事件も描かれ、歴史好きな方はより興味深く見れる。

終盤、この加賀騒動が発端となり、高良健吾演じる夫・安信が包丁より刀を…という展開になるが、それが「武士の家計簿」と似た設定で、終盤は平凡に。大方の予想通りの地点に最後は着地する。
ここら辺、何とかならなかったのかな〜と思ったり、全体的に「武士の家計簿」ほどの余韻と感動ではないが、良い作品を見たという気持ちに浸らせてくれる。

…しかし!その気分をぶち壊すのが、エンディングのCharaの主題歌。
誰だ、あれを選曲したの!?

近大
さん / 2014年7月10日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報