武士の献立のレビュー・感想・評価

メニュー

武士の献立

劇場公開日 2013年12月14日
44件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「包丁侍」を知った。

聡明な妻がやる気のない旦那を上手く操縦して、一人前にするという古典的なストーリーだが、それが面白い。夫婦で食材を探す旅の姿も良かった。

NOBU
NOBUさん / 2019年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エンディング曲で台無しに。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

もう五度観ています。映画そのものの内容はいいし、サヨとヨシノブの棒読み感も気にならないくらい他俳優は名演技。でも、あのエンディング曲! 映画に全く合ってないし、ほんとに台無しになりました。あのエンディング曲でなかったら、個人的には満点です。

紅
さん / 2019年4月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

置かれた場所で咲きなさい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ベストセラー本「置かれた場所で咲きなさい」
自分の運命を受け入れ、そこで一生懸命生きて花を咲かせなさいという意味ですが、まさにその言葉通りの人生を送る夫婦の話です。

400年も昔の話のはずなのに、重なるところや懸命に生きる姿に胸を打たれました。

剣の才能があるのに、家の都合でバカにされる包丁侍にならねばならない運命になってしまった男。
派手な心の葛藤は感じませんでしたが、不満を持ちつつ勤めている姿は、現代の男性も重なる所が多いと思います。

そんな夫を、料理の腕を見込まれて嫁に迎えられた妻が、夫を一人前にしていく姿は妻の見本だなと感心しました。
確かに、夫が案外素直でトントン進んでいるように見えますが、私はモチベーションをあげるのが上手な妻に見えました。

15日も歩いて江戸から金沢に来て、初対面の男と結婚する。
夫には本当に好きな人がいるけど、それに対する悲しみ辛さは誰にも打ち明けず、今の環境を受け入れて頑張って生きないといけなかった時代。とても出来そうにありません。

夫を一人前にして、夫が好きな人と一緒になるためな黙って身を引く姿も夫への強い愛情を感じました。
妻を探して歩きまわった夫が、お前が変えてくれた、俺に必要なのはお前だというセリフは感動し、夫婦は作り上げていくものなんだなと思いました。

料理の話なので、美味しそうな料理の数々に楽しくなりました。
イケメンだからか、高良健吾の包丁さばきもさまになっていて惚れ惚れでした!

りりまる
りりまるさん / 2018年5月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

時計を何度も確認

だらだらと進むストーリーに時計をチラチラ観ながら、見せ場は何処だと探した。残念ながら無かった。新鮮そうな、美味しそうな食材も料理も無く、お腹が空くお料理ムービーとして期待するとガッカリする。だからといってストーリーも人間模様にも感情移入できず時間をかけた割には薄味のヒューマンドラマといった感じ。上戸さんの可愛さと、最後の最後にやっと夫婦で少しイチャイチャしてたのが幸せそうで良かったかな?主題歌にビックリした。異世界の空気で興ざめしてしまった。

暗黒卿
暗黒卿さん / 2018年5月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観てたら

お腹減ったよ…。 (笑)

江戸川 散歩
江戸川 散歩さん / 2018年4月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コメディかと思っていた

コメディかと思っていたら、割とマジだった。
最近映画を観てて、テンポが良いと淡々としているは全く違うなと思う。
残念ながらこの作品は、時間あっと言う間に経過し大きな問題なはずなのに、さらっと解決してるみたいに見えて物語よ起伏がなく物凄く淡々としていた。

武士の献立と言う題名で締めに二人の残した献立は今も残っているというなら、もっと料理に特化したコメディ寄りの映画で良かったんじゃないかな?と個人的には思った。

最悪なのはエンディング曲と映画が全く合ってなかった事だと思う。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2018年2月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

春の気の強さと安信の鶏も殺せない優しさが絶妙によかったです。 春が...

春の気の強さと安信の鶏も殺せない優しさが絶妙によかったです。
春が、自分の身分と、安信の内に思う気持ちを考えて、身をひくところがいいです。
物語と関係ないですが、心地よくエンディングを迎えたとおもったらエンディング曲がまったく、作品とあってなくがっかり。余韻に浸れなかった。

へまち
へまちさん / 2017年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

料理の話に焦点が当たっていない

総合65点 ( ストーリー:60点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:75点|音楽:75点 )

 主人公の春がかなりあっさりと嫁ぎ先に溶け込んでしまうのに驚く。彼女は身寄りのない町人の分際で誇り高き加賀100万石の武家の家に嫁ぎ、男尊女卑の時代に夫の顔を潰すような言動をする。それを夫も家庭も簡単に受け入れてしまう。本当ならばこの部分に大きな葛藤があり、いかに夫や家から信頼を得るかという話が重要になるべきではないか。
 そして料理の話にあまり重点は置かれず、お家騒動の話がとってつけたように話の中心で展開される。料理の話だけじゃ盛り上がらないから強引に大きな出来事を持ち込みました、という印象を受けた。その分、夫婦の関係がどう変化したか、料理をいかに習得したか、そんな話が中途半端になってしまっている。結末も安直だった。

Cape God
Cape Godさん / 2017年3月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

料理無言抄

加賀藩おかかえの包丁侍の真面目な時代劇。

「献立」が映画タイトルなので、もっともっと料理自体ににスポットをあててほしいと思いました。

討ち入りの話とかストーリーを盛り込みすぎたような気がしました。はじまりから40分くらいのところを膨らませた料理ものの映画を観たかったです。

yonda?
yonda?さん / 2016年6月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

出て来る料理はあまり美味しそうに見えないなぁ。

上戸彩が、料理上手そうに見えない。
高良君って、どんな役でもできるね。
刺身の切り方に感銘を受けました。

まこさぽチャンネル(さぽしゃ)
まこさぽチャンネル(さぽしゃ)さん / 2016年2月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい日本女性

ゴーンガールを観た後に鑑賞したので、余計に日本女性が美しくみえた。
観る順番も大事だな。

pazoo
pazooさん / 2015年10月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感慨深い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

纏まらないなりに…
生きること食べることの喜びを知っているハル
人生に挫折中のやさぐれ息子
悲しみの中で見つけた希望を持つ両親
この三角形をハルの料理がバランスをとっていく。
映画を見て私も幾分か救われた。
夫婦、いや人間関係とはユックリ熟すものだということ。
生きてるだけで丸儲けであること。
また悩むということは贅沢なのだと。
これを見たからには近く金沢に食べ歩きに行きたい!
ただ、昔の映画を見るといつも思う。昔の女性から学ぶことは多い。

みきねこ
みきねこさん / 2015年9月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

内容は良かったが、、、曲が

内容は面白かった。キャストも申し分無し。
上戸彩、余貴美子、西田敏行も良かったが、最もキャスティングで良かったのは、への字に口を結んだ高良健吾が『次男坊、刀に未練を残す、仕事にも結婚にも乗り気じゃない、そこから包丁侍に成長』という設定にピッタリだった。
内容も面白く良い映画、良いラストだなーと満足していたところに流れてくるCHARAのわけわかんないエンディング曲。当然ながらあのウィスパーボイスに洋楽かと思えるほどの発音で、歌詞もまったく聞き取れないので、この映画に向けた書下ろしというが何故CHARAを選んだ??と思わずにいられない。CHARAは好きなので、プロデューサーに悪意を感じる。誰も得しない選択。どんな利権が絡んだの?と下衆な妄想も浮かび作品の良さに反して後味最悪。
せめて映像が暗転してテロップだけにしてくれれば、被害に合う人も少なくなるのだが。エンディングテーマがカットかれるテレビ放映で見た人の方が評価が良さそう。

ゲオ旧作専門
ゲオ旧作専門さん / 2015年8月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

日本の丁寧な料理

日本の加賀の丁寧なお料理たち。
とてもおいしそうで、すぐにでも食べに行きたいと思う料理の数々…

江戸時代のお料理の話だけだと思ってたから、恋模様とか武士の想いとか詰まってて、良かったです。

もっと、その時代のことを、知りたいと思った!

しま
しまさん / 2015年4月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正月時代劇 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

余貴美子の独特の演技がよかった。上戸彩は可もなく不可もなく。高良健吾はいまいち。正月時代劇で十分な脚本。逆に映画でないと通らない企画か。

chata
chataさん / 2015年1月6日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

脂ののった「戻り鰹」を好む者もいます。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「武士の献立」(朝原雄三監督)から。
主人公・春は、優れた味覚と料理の腕は素晴らしいが、
性格がきついためか、1年で離縁されてしまった。
そんな彼女は、加賀藩の料理方の息子と再婚することになる。
嫁入りした家の姑は、彼女にこう伝えた。
「嫁入り2度目であろうとも、気にするつもりは
これっぽっちもありません。
江戸ではとかく『初鰹』をありがたがるそうだが、
脂ののった『戻り鰹』を好む者もいます」
離婚した人たちを「バツイチ」などと表現するけれど、
初婚は「初鰹」、再婚は「戻り鰹」という表現は面白い。
辞書によると「初鰹」は「初夏の頃、獲れる走りのカツオ。
江戸時代には黒潮に乗ってきたものが鎌倉・小田原あたりでとれ、
珍重された」とある。
逆に「戻り鰹」とは「秋に獲れる鰹。春から夏に北上した鰹が、
南下したところを捕獲したもの。脂がのっている」
若さや物珍しさよりも、脂がのった美味しい鰹を、
「再婚」に例えるあたりが、私のアンテナに引っかかった。
酸いも甘いも心得ている「バツイチ」と結婚する人たちは、
「戻り鰹」の美味しさを知っているんだろうなぁ、きっと。

shimo
shimoさん / 2014年11月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

背景設定が効果を発揮していない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

『武士の家計簿』のヒットを受けて製作された本作。『家計簿』では加賀藩の会計役の武家一家を描いたように、本作は加賀藩で「包丁侍」と呼ばれた料理方という一介の武家の営みを描いた。
味覚の敏感な主人公を上戸彩が演じ、高良健吾を演じる夫と二人三脚で料理方のお勤めを無事にこなす。

本作は『家計簿』よりも随分と出来が悪い。

まず夫の描き方がダメだ。「包丁侍」と呼ばれる家柄を嫌って反発し、剣術の腕を磨いているのだが、親への反発が中途半端。包丁侍であることに甘んじているし、親が決めて来た妻との縁談にも、不満の態度を見せながら応じる。
一念発起して加賀騒動の反主流派に与して暗殺に加わろうとするが、妻の起点によって暗殺に加われず、結果的に命を永らえる。武士の本懐を遂げる事が出来なかったのだが、妻を叱責した割に、すぐに父親の言われるまま、藩の仕事のために妻と二人でのほほんと能登への旅に出る。

加賀騒動を背景にしているが、『家計簿』のように一介の武士の営みに光を当てるだけなら、加賀騒動ほどの大事件を背景にする必要がない。加賀騒動のために翻弄される末端武士というほど、ドラマチックに関わっているわけでもない。そもそも、歴史好きや時代劇・歌舞伎好きでもなければ、今時、加賀騒動などそれほどメジャー事件でないので、そこを背景にしてもピンとこない観客が多いはずだ。要するに、加賀騒動が効果的ではないのだ。

能登への夫婦旅も、何だかよく分からない。そこで何かヒントをつかんで、クライマックスの夫の活躍につながるという訳でもなく、ただ何となく二人旅をすることで、夫婦の絆が芽生えたんだろうという程度。この二人旅も、効果的に物語に絡んでいない。

また、夫役の高良健吾の芝居が、肩に力が入りすぎている。期待の若手俳優の一人だとは思うが、この映画では全く良くない。殺陣などは、まさに肩に力が入っていて、下手くそで、まったく腕のある剣術家に見えない。
彼のように二枚目ではなく、もっと三枚目を配役した方が良かったのではないか。例えば、夫の友人として江本佑が出てくるが、この二人を逆に配役して、主人公の夫はもう少し、弱々しい頼りないキャラクターにしてみれば、もう少し一介の武家の跡取りという印象になったのではないだろうか。

ということで、悪いところばかりが目立ってしまった残念な作品だった。

CRAFT BOX
CRAFT BOXさん / 2014年11月5日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

予想通りの展開ですね

「武士の・・・」シリーズもの?
家計簿の方が重かった(良かった)気がします。
予想通りの展開に安心して観れる映画でした。
他の方のレビューにもありましたが、もう少し料理にフォーカスして欲しかった!!

シネパラ
シネパラさん / 2014年9月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フラット

現代劇だったら、何の捻りもない退屈な内容。
恐らくこうなるだろう、そうなって欲しい、という感じで展開する。
だが、それを時代劇というオブラートにくるむことによって、
陳腐さが薄れて、凛とした雰囲気が出る。
主演2人も思いの外マッチしていて、まあまあ満足。

みみず
みみずさん / 2014年9月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良かった

配役は良かったと思います。

作品の雰囲気も出ていましたし、
話のながれも良く見やすい映画でした。

一度見るにはいいと思いますが、
何度もリピートしたいかと言われると
そうではないと思います。

全体の感想としては良かったです。

ろぺ
ろぺさん / 2014年8月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

44件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報