「上戸彩と高良君のコンビが微笑ましい」武士の献立 未散さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「武士の献立」 > レビュー > 未散さんのレビュー
メニュー

武士の献立

劇場公開日 2013年12月14日
全42件中、28件目を表示
  •  
映画レビューを書く

上戸彩と高良君のコンビが微笑ましい

料理の腕を見込まれて、包丁侍の女房になった上戸はやる気のない旦那を叱咤激励しながら育てていく。と言っても古だぬきと言われても可愛い上戸さん、でも負けん気は強く、お家の為にはどんな事でもする。招待料理の頭に旦那が選ばれた時、二人での能登方面の料理の見聞に行く事で、二人の距離もちじまった。だから招待料理の祝宴が終わり。役目を果たしたと思った上戸が家を出ても、旦那には苦労して廻った能登にいると確信していたと思う。実際にあった話と言う事で出口に祝宴に出たお膳が有ったのは嬉しかった。

未散
さん / 2014年1月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報