劇場公開日 2013年4月6日

  • 予告編を見る

「マリオン・コティヤールの演技と美しさに異論は無いが…」君と歩く世界 近大さんの映画レビュー(感想・評価)

3.330
10%
50%
34%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0マリオン・コティヤールの演技と美しさに異論は無いが…

近大さん
2013年11月6日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

知的

「エディット・ピアフ 愛の讃歌」でオスカーを受賞してからハリウッドで活躍していたマリオン・コティヤールが、久々に本国フランスに戻って出演した意欲作。

シャチの調教師のステファニーは、ショーの最中の事故で両脚を失う。絶望するステファニーに再び生きる希望を見出しのは、シングルファーザーのアリとの出会いだった…。

タイトルやあらすじだけ聞くと、感動作のように思えるが(感動作ではあるのだが)、話は意外とシリアスで重い。
また、主人公二人に感情移入出来るかどうかで評価も分かれる。

男手一つで息子を育てているアリだが、職を転々とする風来坊。性格は粗野。殴り合いの試合で金を稼ぐ事も。
息子を愛してはいるが、時に辛く当たる事もあり、あるシーンなど不愉快にすら感じた。

ステファニーも決して好感の持てる人物像ではない。
初めてアリに出会った時は大して相手にしていなかったくせに、両脚を失ってから助けを求める。
どのタイミングで二人が惹かれ合うようになったのか、ちょっと曖昧。

高潔な人物の再起の物語を描くよりかは、少しトゲや陰のある人物の再起の物語を描いた方が、映画としては深みはある。
それは分かるが、今回に限っては、なかなか共感し難かった。

また、フランス映画なので、万人受けする分かり易い内容ではなく、見た人それぞれに感じさせるタイプの映画。
上質なドラマではあるが、これも好き嫌い分かれそう。

だけど、マリオン・コティヤールの熱演と美しさには異論は無い。
彼女も、そして渡辺謙もジャッキー・チェンもそうだが、本国に戻ってこそ、本来の実力を発揮出来る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大
「君と歩く世界」のレビューを書く 「君と歩く世界」のレビュー一覧へ(全30件)
「君と歩く世界」の作品トップへ