「あいつ師匠だったのか!」DRAGON BALL Z 神と神 ヨコタス@名作探検家さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「DRAGON BALL Z 神と神」 > レビュー > ヨコタス@名作探検家さんのレビュー
メニュー

DRAGON BALL Z 神と神

劇場公開日 2013年3月30日
全42件中、11件目を表示
  •  
映画レビューを書く

あいつ師匠だったのか!

映画評価:50点

懐かしいシーンを振り返り20年の月日を思い出す様に始まります。

そして、また悟空の好敵手が現れます

この作品の良い所は本作の最終巻でしか観ることが出来なかった世界を詳しく味わえる点です

ただ敵が強すぎて意味わからない

悪いヤツ訳ではないから倒す必要はないかもしれないけど、今までのドラゴンボールでやってきた微強の相手に対して成長した悟空や仲間達で困難を乗り切るというのが面白かったんです

なんですかビルスって
ベジータと闘っていた時代の悟空がセルに勝つくらい難しい相手じゃないか!

あと悪いヤツに見えないから、倒してほしいという気持ちも湧かない

ただ修行を見ている様な

まー、色々言いましたが久しぶりのドラゴンボール楽しみました

【2014.6.5鑑賞】

まぁと@名作探検家
さん / 2014年6月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報