「作品の持ち味が生かされていない映画」舟を編む ジャーネさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「舟を編む」 > レビュー > ジャーネさんのレビュー
メニュー

舟を編む

劇場公開日 2013年4月13日
全164件中、27件目を表示
  •  
映画レビューを書く

作品の持ち味が生かされていない映画

このような作品を映画化するためには、辞書を作り上げていく時のワクワク感や緊張感を観衆に与え、身を乗り出して共感させるような仕上がりでなければ、ダラダラした退屈な映画になってしまう。
私が、この映画を作るとしたら、もっとサスペンス的要素を取り入れて、観衆をグイグイ引き付け、結末も観衆の想像を超えるようなものにしたい。
最初から最後まで、観衆の想像通りの映画を盛り上がりもなくダラダラ見せられる観衆の気持ちを考えて、退屈しない映画を作ろうとは思わないのか。
ボソボソと聞き取れないセリフを読む松田龍平。そしてベテラン俳優も活かされていなかった。

ジャーネ
さん / 2017年1月4日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報