白蛇伝説 ホワイト・スネーク

劇場公開日

白蛇伝説 ホワイト・スネーク
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」「エンプレス 運命の戦い」のチン・シウトン監督が、ジェット・リーを主演に描く伝奇アクション。南宋の時代、金山寺の高僧・法海は、弟子の熊忍とともに世の中を騒がす魑魅魍魎(ちみもうりょう)を退治する日々を送っていた。一方、山に住む千年蛇の精・白蛇は人間の青年・許仙に恋をし、人間に化けて白素貞と名乗り、許仙と結ばれる。2人と出会った法海は白素貞の正体が妖怪であることを見抜き、退治しようとするが……。

2011年製作/100分/中国
原題:白蛇傳説
配給:ツイン

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2011 China Juli Entertainment Media Co., Ltd

映画レビュー

2.5なかなかの珍品!

近大さん
2014年7月18日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

昔々の中国。山に住む千年蛇の精・白蛇は人間の青年・許山に恋をし、人間に化けて素素と名乗って、許山と結ばれる。しかし、世の妖怪と戦う高僧・法海が素素を退治しようとし…。

あらすじは悲恋モノのように思えるが、笑い所、ツッコミ所満載、いかにも中国・香港製作らしいVFX伝奇アクション。
何年か前の「PROMISE」の妖怪版と思って貰えれば。

のっけから、CG感丸出しの雪女(ビビアン・スー!)と法海のバトル。
この冒頭で、そうか、この映画はアニメか漫画として見ればいいんだ…と思い知らされる。

上半身は実写の人間、下半身はCG蛇の白蛇と妹・青蛇の衝撃的な姿と言ったら!(それでも妙に色っぽいのは演じる二人がアジアンビューティーだから)
山の仲間は喋る亀の仙人(亀仙人じゃないよ!)に同じく喋るネズミ…ファミリームービーかよ!

本筋は、妖怪と人間の恋。
だけど、ちょいちょい挟まれるコメディ要素が悲恋度を抑えてしまっている。
また、メインの素素と許山の二人より、素素の妹・青青と法海の弟子でコウモリ男に噛まれ自身もコウモリ男になってしまった能忍の二人の方がサブエピソードながら話的には効いている。

法海を演じるのはジェット・リー(一応主人公)、監督は数々の武侠映画でアクション監督として名を馳せるチン・シウトン。
この二人の顔合わせなので、本格カンフーアクションに期待したい所だが…アレレ?
勿論、ジェット・リーはアクションを見せてくれるが、そのアクションにもCGやワイヤーが駆使され、本領発揮出来ず。

そして物語は最後、強引に大スペクタクル&感動路線に持って行くという荒技!

これはなかなかの珍品!
でも、このチープさが何故かそこまで嫌いになれないんだよね…(笑)

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る