巴里の恋愛協奏曲

劇場公開日

0%
17%
83%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

様々な立場と思いが交錯する男女たちの恋愛騒動を描いたミュージカル・コメディ。オペラ作家アンドレ・バルドと作曲家モーリス・イヴァンのコンビが生んだ1925年のオペレッタ『Pas sur la bouche!』の映画化。監督は「恋するシャンソン」のアラン・レネ。撮影は「恋するシャンソン」「家宝」のレナート・ベルタ。編曲は「恋するシャンソン」のブリュノ・フォンテーヌ。出演は「堕天使のパスポート」のオドレイ・トトゥ、「恋するシャンソン」「ブッシュ・ド・ノエル」のサビーヌ・アゼマ、「ミッション・クレオパトラ」のイザベル・ナンティ、「男と女/嘘つきな関係」のピエール・アルディティ、「レ・ミゼラブル」のダリー・コール、「発禁本/SADE」のジャリル・レスペール、「奇人たちの晩餐会」のダニエル・プレヴォー、「キャットウーマン」のランベール・ウィルソンほか。2004年セザール賞助演男優賞、衣裳デザイン賞、音響賞を受賞。

2003年製作/115分/フランス
原題:Pas sur la bouche
配給:ギャガ

ストーリー

1925年、パリ。ジルベルト(サビーヌ・アゼマ)は、実業家の夫ジョルジュ(ピエール・アルディティ)と表向き平和な結婚生活を送っている。しかし彼女はアメリカ滞在中にエリック(ランベール・ウィルソン)という男性と離婚した経歴を持っており、妻の貞淑を信じる夫にそれをバラすわけにはいかなかった。ところが、こともあろうにジョルジュは仕事の取引相手としてエリックと偶然知り合い、しかも友情を抱くまでになってしまう。いまだ元妻ジルベルトへの想いを捨てきれないエリックは彼女に接近し、ジルベルトは離婚の過去を夫に隠そうと奔走するハメになる。一方、ジルベルトの火遊び相手である芸術家青年シャルレ(ジャリル・レスペール)が、恋する乙女ユゲット(オドレイ・トトゥ)に情熱的な想いを向けられつつも、ジョルジュからジルベルトを奪ってやろうと常にチャンスをうかがっている。やがて、ジルベルトとエリックの過去の結婚がジョルジュにバレそうになるが、機転をきかせたジルベルトの妹アルレット(イザベル・ナンティ)が、エリックと結婚していたのは自分だと嘘をつく。しかしその時のキスがきっかけで、アルレットとエリックは結ばれることに。ジルベルトとジョルジュは元の鞘におさまり、シャルレとユゲットも結ばれるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0

2011年2月24日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゅうた
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る