無法松の一生(1958)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
21%
46%
25%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

岩下俊作の原作から故伊丹万作と稲垣浩が脚色、「柳生武芸帳 双龍秘劔」の稲垣浩が再び監督する往年の名作の再映画化。撮影は「遥かなる男」の山田一夫が担当した。「柳生武芸帳 双龍秘劔」の三船敏郎、「張込み」の高峰秀子という顔合せに、芥川比呂志、笠智衆、宮口精二、多々良純、有島一郎などが出演。色彩はアグファカラー。

1958年製作/104分/日本
原題:Muhomatsu,the Rikisha-Man
配給:東宝

ストーリー

明治三十年の初秋--九州小倉の古船場に博奕で故郷を追われていた人力車夫の富島松五郎が、昔ながらの“無法松”で舞戻ってきた。芝居小屋の木戸を突かれた腹いせに、同僚の熊吉とマス席でニンニクを炊いたりする暴れん坊も、仲裁の結城親分にはさっぱりわびるという、竹を割ったような意気と侠気をもっていた。日露戦争の勝利に沸きかえっている頃、松五郎は木から落ちて足を痛めた少年を救った。それが縁で、少年の父吉岡大尉の家に出入りするようになった。大尉は松五郎の、豪傑ぶりを知って、彼を可愛がった。酔えば美声で追分を唄う松五郎も、良子夫人の前では赤くなって声も出なかった。大尉は雨天の演習で風邪をひき、それが原因で急死した。残る母子は何かと松五郎を頼りにしていた。松五郎は引込み勝ちな敏雄と一緒に運動会に出たり、鯉のぼりをあげたりして、なにかと彼を励げました。そんなことが天涯孤独な松五郎に、生甲斐を感じさせた。世の中が明治から大正に変って、敏雄は小倉中学の四年になった。すっかり成長した敏雄は、他校の生徒と喧嘩をして母をハラハラさせ、松五郎を喜ばせた。高校に入るため敏雄は小倉を去った。松五郎は愛するものを奪われて、めっきり年をとり酒に親しむようになった。酔眼にうつる影は良子夫人の面影であった。大正六年の祇園祭の日、敏雄は夏休みを利用して、本場の祇園太鼓をききたいという先生を連れて小倉に帰って来た。松五郎は自からバチを取った。彼の老いたる血は撥と共に躍った。離れ行く敏雄への愛着、良子夫人への思慕、複雑な想いをこめて打つ太鼓の音は、聞く人々の心をうった。数日後、松五郎は飄然と吉岡家を訪れた。物言わぬ松五郎のまなこには、涙があふれていた。それ以来、松五郎は夫人の前から姿を消してしまった。雪の降る日、かつて敏雄を連れて通った小学校の校庭に、かすかな笑みをうかべた松五郎が倒れていた。残された柳行李の中には、吉岡家からもらった数々のご祝儀の品々が手をつけられずにあった。その奥底には敏雄と夫人宛の貯金通帳もしまわれていた。良子夫人は泣きくずれるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5「無法松」だから、もっと世間を困らせていると思ったら、案外小事件ばかり

KEOさん
2021年1月25日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1=松五郎は、冒頭、①警察の師範と料金の件で喧嘩、②芝居小屋で喧嘩
2=その後は、吉岡家の母子との交際が半分以上
3=松五郎の終盤の祇園太鼓は見事
4=もっと、ハラハラ、ドキドキを期待してたが、期待外れの感じ
5=楽しくないし、心は踊らないが、印象深い場面もある → 星3.5個とした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KEO

4.0俺の心は汚い!

kossyさん
2021年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 監督自身によるセルフリメイク。その旧作は後に観たのですが、TVの映画解説で何度も語られているので、本作はとても見やすかった。セルフリメイクした理由というのも、戦時中に検閲によって大幅にカットされてしまったことからだ。どこがカットされていた部分なのかと考えながら観ても、さっぱりわからんぞ・・・それもそのはず、未亡人に告白するシーンは前作でカットされながらも逆に心情を読み解くということで人気が出たため、リメイクでも描かなかったのだろう。

 芝居小屋では車夫ということでいったん入場を断られたことに腹を立て、二度目に入ったときには升席で鍋料理をはじめて、ニンニク臭を小屋中に匂わせた(笑)。観客はたまったものではないのだが、ケンカを収拾させたのがヤクザの親分・笠智衆だ。そんなエピソードの後、吉岡一家との出会いがある。

 吉岡小太郎の妻良子(高峰)に一目会ったときから恋心を抱く松五郎。しかし、そんな台詞も映像もさっぱり描かれていないのに、彼の心情がとてもよくわかる。小太郎が生きてさえいれば、心も変わることなかったのに、未亡人となった母と敏雄に一生懸命尽くす松。「俺の心は汚い」という言葉の発端は小太郎の死から始まっていたのかもしれない・・・

 敏雄が成長し、熊本の大学に行ってしまった。この頃は軍国主義が闊歩していて、映像にもその名残が多く見られる。父親が酒のために死んでしまったことにより自らも酒を断っていた松五郎だったが、なぜか再び酒浸りになっていた。この気持ちの展開が描かれることはないが、敏雄が去った(とは言っても大学だから)のが原因か・・・それとも自ら死期を悟ったことが原因か。

 大正3年、敏雄が帰省し、祭りでは松五郎が祇園太鼓を叩く。印象的な太鼓だったが、いつ練習していたんだ?!その後、花火を見ている良子のそばへ・・・感極まって、俺は汚い、二度と会うこともない・・・そして雪が積もる田舎道をフラフラと歩く松五郎。過去を思い出し、人力車の車輪が回る映像が映し出され、その車輪がピタリと止まる!止まった瞬間、泣けてくる。小学校も出ていない松五郎。倒れていたのは、その憧れの小学校の校庭だった・・・

 身分違いの恋と言ってしまえば元も子もない。その根底には階級制度が根強い社会があるのだ。良子の言葉に、「あの人は運が悪く・・・」云々と、車引きがいかにも社会の底辺にあるような職業であるかのように語るシーンもあった。もうちょっとその社会派メッセージを訴えてくるようであれば、満点にしてもいい作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

4.0日本映画の名画の再映画化、監督稲垣浩の執念に胸打たれる

Gustavさん
2020年4月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

稲垣浩、執念の再映画化。前作の映像美に負けまいと、色彩を駆使したカラー映像で作り上げた稲垣監督の力量に衰えはない。主演の三船敏郎も伝説化された坂東妻三郎の名演に恥じぬよう熱演を見せてくれる。但し前作の詩情あふれる映像美に対して、今作のカラー映像が持つ明晰さが、内容と時代に合っていないように感じる。三船の演技は素晴らしのだが、やはり坂東妻三郎の方が主人公の役にぴったり合っているので、どうしても比べてしまう。ただ、この物語が持つ、純粋な男のこころを描いて美しいとしか言いようのない人情味あるドラマに、日本映画の良さと日本人の美しさが秘められているようで、どうしても感動してしまうのが本音ではある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav

4.0本作のオリジナル版がオールタイムベストの一覧に加えられている大きな理由とは

あき240さん
2019年10月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

日本映画オールタイムベストに掲げられているのは1943年版の方です
本作は稲垣監督がセルフリメイクした1958年版です

物語は北九州小倉の人力車牽きの通称無法松の文字通りの一生です
大した事件も出来事もそうあるわけではありません
ヤクザものぽいですが全く関係有りません
確かに笠智衆が大迫力の顔役として登場しますが、それだけのことです

明治30年1897年から物語は始まります
1905年の日露戦争祝勝会、1909年とおぼしき小倉工業学校の運動会、1914年の第一次世界大戦でのドイツ領青島攻略の祝勝提灯行列、途中1970年の明治初年頃の主人公の子供時代の回想、最後は1919年頃と思われる小倉祇園祭りでの有名な祇園太鼓のシーンと同年の冬の主人公の死によって終わるものです

彼は貧しく不幸な境遇に生まれ無学文盲です
彼は決して頭が優れてはいないのですが、大きな人間性を持っていました
IQに対してEQ(心の知能指数)が優れていた人であることを沢山のエピソードで語られます

決して政治性を持った内容では有りません
左右どちらにも政治に関しては全く関係の無い内容です

しかし本作のオリジナル1943年版は二度検閲を受けいくつものシーンカットさせられていることで有名です
一度目は戦前の体制によって
二度目は戦後のGHQの指示によって
そのシーンとは決して公序良俗に反する淫靡なものでは有りません
今となれば何のことの無いシーンです
戦前は戦争未亡人に対する無法松のプラトニックな想いが伺えるシーンを問題視され、戦後は戦前の各々の戦勝祝勝会シーン等を問題視されたのです

本作はその悔しさから、改めて監督が当初の内容で撮り直した作品になります
今風に言えば再撮影完全版というものでしょうか

皮肉なものです
人間性豊かな人物を讃える映画が、戦前と戦後の二つの体制両方から圧力を受けたという、正に戦争は人間性を窒息させる真空地帯ということを地で行っています
その点が本作のオリジナル版がオールタイムベストの一覧に加えられている大きな理由のひとつかと思います

三船敏郎は魅力的ですがもっと弾けて見せても良かった気はします
高峰秀子34歳
歩兵大尉の上品な奥様という役柄がピタリとはまっています
しかしラストシーンでのカタルシスまでには至りませんでした
彼女の演技に問題があった訳ではなく、そこに至る脚本と監督の演出の問題であったと思います
肝心のハイライトたる祇園太鼓のシーンも盛り上がりに欠け正直拍子抜けなのは残念でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「無法松の一生(1958)」以外にこんな作品をCheck-inしています。