嵐の夜

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

クララ・ルイズ・バーナム女史の原作、ドリス・シュローダー女史脚色、ウィリアム・ウォーシントン氏監督、エディス・ロバーツ嬢主演の人情劇で、対手役はエドモンド・バーンズ氏である。

1921年製作/アメリカ
原題:Opened Shutters

ストーリー

父に死に別れたシルヴィア・レイシーは、狭い心の伯母マーサたちの世話になるのを好まず、ヤコブ・ジョンスンという老人の農場に引き取られることになった。この農場の一隅には古い湖水車があって、その建物の扉は常に閉じられあたかもシルヴィアが信じていた親族の人々の心が愛や光明に対して閉じられているのを示しているようであった。シルヴィアはジョン・ダンハムという青年を恋するが、都から来ているエドナという娘とダンハムとが恋人であると信じていたので、毎日悲嘆にくれていた。ある暴風雨の晩小船に乗ってシルヴィアが湖水に漕ぎ出た時、小船は覆り、シルヴィアはまさに溺れんとする。田舎から彼女の跡を追ってきたナットは波に飛び入って彼女を救い、愛する彼女の幸福を願ってダンハムとシルヴィアを一緒にする。かくして悲しみに閉ざされていたシルヴィアの心の扉が開く時が来た。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る