「録音が悪い」外事警察 その男に騙されるな プリズムさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

外事警察 その男に騙されるな

劇場公開日 2012年6月2日
全24件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

録音が悪い

出演者、特に主役の方の台詞の言葉が聞き取りに
くくて、かなりイライラさせられました。

渡部篤郎さんの滑舌が多少悪いせいも
あるのかもしれませんが、ぼそぼそっとした
話し方をするシーンが多く、何を言っているのか
正確に聞き取れず、何度もDVDを戻して
聞き直さねばならないシーンが多かった。
もちろん、私は日本人だし、他の映画では
こんな経験はほとんどないです。

ストーリーは、途中くらいから、様々な
嘘や駆け引きばかりが目立つようになるため、
ラストシーンのオチ?もかなり前から
予測できてしまい、驚きや感動はあまり
なかったです。

でも、嘘のつきあいでの駆け引きで
楽しませるのであれば、そちらの本家?の
ライアーゲームの方が数段面白いだけでなく、
痛快だったかもです。

また、外事や公安については、実務家というよりも
素人のイメージに忠実に描かれていて、
分かりやすい反面リアリティがほとんど
感じられませんでした。

つまらない映画とまでは思えなかったですが、
やはり、もうちょっと音声をしっかりして
くれるか、字幕機能を付けて欲しかった。

プリズム
さん / 2013年8月11日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi