運命の子

劇場公開日

  • 予告編を見る
運命の子
運命の子
0%
25%
50%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

司馬遷の「史記」にも記載され2000年以上にわたり語り継がれている悲劇「趙氏孤児」を、「さらば、わが愛 覇王別姫」のチェン・カイコー監督が映画化。春秋時代の晋国。文官の趙盾(チョウジュン)は対立する武官の屠岸賈(トガンコ)の謀略により一族を皆殺しにされるが、息子の妻で妊娠中だった荘姫(ソウキ)だけが処刑を免れる。やがて生まれた男児は趙盾の友人だった程嬰(テイエイ)の助けで生き延び、15年後、程嬰は晋国の忠臣・韓蕨(カンケツ)とともに男児に真相を語ってきかせ、ともに仇討ちの決意をする。

2010年製作/128分/G/中国
原題:趙氏孤児
配給:角川映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)Shanghai Film Group Co., Ltd. Shanghai Film Studio/TIK FILMS/Stellar Mega Films Co., Ltd. /21 Century Shengkai Film

映画レビュー

3.0お父さん、、

ぢうりさん
2012年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

幸せ

レッドクリフといい、美女を巡って争うの好きですな~。
ファンビンビンのシーンが少ないのは仕方ないけど、残念。

このお父さん役の俳優さん、ちょこちょこ出て有名だけど名前を知らない。。でもさすが!な良い味だしている俳優さんです。
うーん、単純な話なので特に書く事はないけれどアジアの雰囲気が良いです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぢうり

3.0カルチャー教室の映画鑑賞会

2012年1月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

難しい

封切りから1ヵ月近くたつ作品
オイラが見たのは平日昼間の渋谷ル・シネマだけど、結構な入り。
上映館が少ないせいもあるだろうが、中国の歴史文物が好きな人って結構いるんだね。
観客の平均年齢は65以上って感じだったね。

さて、映画ですが…。
今のチェン監督、かつてのほとばしるような作家性はスクリーンからは失せてしまった感。中国の古典を娯楽要素を含めてうまく映画化した、というだけに映った。

「黄色い大地」「大閲兵」そして、「覇王別姫」…。そのあたりで、監督の作家性は途絶えたのか。

改めて、見る者を驚かせるような現代ものを撮ってほしいもんだわ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トコマトマト
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る