劇場公開日 2021年10月23日

  • 予告編を見る

サウダーヂのレビュー・感想・評価

3.914
38%
43%
14%
0%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全14件を表示

4.0サウダージとはよくつけたタイトル

2021年11月23日
iPhoneアプリから投稿

正直一言で感想を述べるならば、だり〜わぁ。だが
この映画の描き出す世界は実は平和ボケした日本の片田舎で繰り広げられるスリリングなグローバリゼーションの駆け引きが描かれていて相当に面白いのである。
だが、まじ展開がガンジャペースでスローだからだっり〜ぃ。のだ。まあ個人的には思うところが得られたので良しとする映画。今日は余韻に浸りつつ「回るftRITTO&田我流」聴いておやすみしよう🌙⭐政治家が一番のギャングスタw

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomokuni0714

5.0今はすっかり表面化してる、今こそ見たい!!

redirさん
2021年10月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

念願の空族、サウダージをスクリーンで拝見。短いカット、ぶつ切りのシーンの連続がリアルさを出している。噂通り素晴らしい作品だがわかりにくいところもあり、今回復刻されたというパンフレットを購入。ロカルノ映画祭での会見でも他のインタビューでも、まだあまり移民の問題外国人の問題は表面化されてない、問題として認識されてないというお話があったが、それより前の時代世代のアジアやブラジルからの出稼ぎ(パンフレットにしっかり記載あり、素晴らしい)、コミュニティのことも監督より少し年長の自分はいろいろ思い出し、研修制度という公的機関公認の搾取とか、今では牛久、大村、品川などの入管での非常識、国家による犯罪レベルの日本の難民移民施策、デジタルリマスター版を拝見する2021年はコロナと相まって、本当に醜悪な事態となっている。この映画の背景、時代はリーマンショック、北京オリンピックとのことですが今はすっかり表面化した上でさらに悪い状況。それはそれとして、ブラジルっ子のラップも地元っ子のラップもなかなか突き刺さる。日本は伝統的に私小説のお国柄、ブラジルはカトリックが多いのかな神の慈愛と隣人愛がラップに現れる。故郷となる自国に対する考えも、日本は右が左かなんもなしか、ブレ幅がすごい、軸がないから。
それはそれとして、映画として表現としての勢い、伝えたこと、が映像、役者、台本、音楽全てからガンガン伝わってくる。
東京の人から見ると、地方都市(失礼な言い方だが、、東京大阪以外という意味で)のありよう、暮らし、風景は、私には外国の同じレベルくらいに、違うなあ、と思う、そのことがすごくリアルに伝わってきた。山梨だから、そんなに東京から遠くないんだけど。タイ、ブラジル、フィリピンの人たち、山梨のローカルの人たち、東京行ってやばいことになり壊れちゃった人もいて、この、すごい違和感、差異を改めて認識した。他者、他人との関わり、て、ほんとに土の匂いを知ってる知ってないに関わらず土の匂いがあることをまず知ろうとすること、その土を掘ったら地球の裏側のブラジルよね、タイも近くよね、て思うし、私小説的に自分の周りの小さな半径で生きてる日本の人日本社会は自ら世界を狭くして世間を小さくして、そしてめっちゃその中で迷惑かけて外国の人にまで迷惑かけてるんじゃない?ブラジル人が介護する老人ホームのおばあちゃんの家族がブラジル移民した、貴重なコーヒーを送ってもらった、あなたがたの国によくしてもらった、とお礼を言う場面、このシーンとてもすごい、一言一言に深い意味と思いがある、そして連鎖を強く意識する。
監督さんたちがおっしゃる通り何度も見るべき映画だし何度も見たくなる。
パンフレットは渾身の、というにふさわしい、マストリードだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
redir

1.0納める額より恩恵の方が多いと思います。

Bacchusさん
2021年10月23日
Androidアプリから投稿

悲しい

単純

寝られる

山梨県は甲府辺りを舞台に、30代半ば土方仕事一筋の男と、彼の職場にやって来た男達のぶっ飛び話や鬱憤話や町に住む外国人を見せて行く物語。

タイ人パブのお姉ちゃんに入れ込む男や、何でタイに住んでた?な新人さんとの考えの違いにモヤモヤを募らせる若者ラッパーから始まり、それぞれ拗らせていく展開。

登場人物の殆どが、何を言ってるのか良くわからない支離滅裂な感じはある意味秀逸だけど、ちょっとやり過ぎじゃないですかw
そして若者達、君達そんなに右向いてますか!?

鬱屈としたものは伝わってくるけれど、それ要りますか?な短いシーンなども盛り沢山に散りばめられるし、ホントにそれOKテイクですか?なグズグズシーンも多いしで非常に長いしテンポも悪い。まさかラッパー君と同じ様なモヤモヤを募らせる狙いですかね。

言いたいことはわからなくもないところもあったけれど、みんなただの視野狭窄で卑屈なコンプレックス野郎だし、半分の尺で充分かなと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Bacchus

1.0最低

2021年3月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

田舎の若者たちの日常をただただのんびりと描いているだけのつまらない映画しかも2時間40分もある
よっぽど暇な人にしか進めない

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
オっくん

3.0土木業

2021年3月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

日本の地方都市での話、土木業は日本人のなり手が少ないので、移民労働者に頼っている。
仕事が終わって飲み屋に行ってもアジア系ばかり、日本女性はテレクラで稼いでいる。
そのうち日本人と移民との間で軋轢が生まれる。
これが日本の現実で、テレビドラマでは取り上げない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0濁流に飲み込まれた人たち

kkmxさん
2019年8月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
kkmx

4.5没落した地方都市で、もがき葛藤する人々

2018年7月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

自分はこの作品の舞台山梨県在住なのですが、この作品のように街はシャッター街だし笑えるほどに衰退しています。

この作品は地方都市の厳しい現状を見事に映画化してると思う。職種や国籍など個性の違うあらゆる種類のキャラクターを登場させ、衰退した地方都市で奮闘し生活する人々の姿が描かれている。それぞれの地方都市に対する思いがしっかりと表現されていてとても面白かった。

このような地方都市の不況と空洞化の現実を、映画という作品にして、世の中に発信し続ける空族は本当に素晴らしい。彼らが世の中に問題提起している姿は、地方都市の人々を熱くするものがあると思う。

そしてソフト化やネット配信が当たり前のこの時代に、あえてそれらを封印し、映画は劇場で楽しむものという古き良き価値観を貫き、発信し続ける空族のスタイルにも心からリスペクトできる。彼らのアンチ商業主義的な姿勢や精神は素晴らしいとしか言いようがない。

この作品は何度も観返すことによって深みの出てくる、スメル系の作品だと思う。自分はこの作品を二度観たけれど、それでもまた見たいと思う。特別上映などの機会でしか観ることが出来ない貴重な作品だからチャンスが来たら確実に観に行きたいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バンデラス

5.0美しい国

ミカさん
2016年7月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ある者は、薬物とタイに夢を見出します。
ある者は、ラブ&ピースに夢を見出します。
ある者は、女との海外移住に夢を見出します。
ある者は、怪しげな水に夢を見出します。
ある者は、日本人という存在に夢を見出します。

私は架空である映画というものを通して、現実を直視しないで蓋をしてきた日本の恐ろしい現実を観てしまったようです。いつの間にか行き場をなくした人で埋め尽くされる日本という美しい国の正体を。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ミカ

3.5八方塞がり感

えらさん
2015年1月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

ソフト化されていない(監督がしていない)本作。まずはこの作品を観る機会(ワーカーズ2014映画祭)を作ってくれた日本大学藝術学部の学生さんにこの場を借りてお礼申し上げます。

評判通りなんというか強度の高い作品でした。今いる場所に希望を失い、自分が出て行こうとする者と他者を追い出そうとする者の対比が興味深い。その今いる場所というのがなんというか、強いとしか形容できない映像で描かれる実際の地方都市というのも考えさせられる。とにかく登場人物の八方塞がり感が素晴らしい。一番問題なさそうなのが地元で自分たちの世界が完結している、今で言うマイルドヤンキー達というのもありそうな感じで好きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
えら

4.5インディーズとはとても思えない。

lotis1040さん
2013年11月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

興奮

この映画は甲府という一種の閉鎖空間における人々の日常を正しく映した。
ドキュメンタリー映画と言えるのかもしれない。
こんなに切なく苦しく、人が生きるということを観察した映画は少ない。
サウダーヂ=ここではないどこか。
という夢の場所を探し求める人々は一体どこへ行ってしまうのだろうか。
地方都市の持つ矛盾、それに対する葛藤、苛立ち、そういうものが全てこの中に包まれている。

役者も監督も普段からそれだけをやっている人々というわけではなく、本当の意味で自主映画という感じで、しかしながら自主映画という範囲のものではなくもっと一般的な映画会社がつくったのではないかというクオリティの映画で素晴らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
lotis1040

5.0これぞザ・リアルΣd(゚∀゚d)イカス!

初台験さん
2012年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
初台験

3.5リアリティー溢れる映像

bbemuさん
2012年4月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

単純

薄々TV等の情報で知っていた地方の実態をリアリティー溢れる映像で思い知った。

女性の視点だと、(私の視点だと)ミャオに入れあげる土方の彼の駄目さ加減にイライラしたりしたんですが。。
(男)I hate money → (女)I need money だったかな。当然の話ですよね。

映画の出来とは別に、私が嫌いなキャラばかり出ていたのがイライラの原因かも。イライラさせる力が、この映画にあるって事だけども。

イライラは別として、リアルにありそうなストーリーやキャラは良かった。

私は期待しすぎてガッカリした感は否めないけど、一緒に観に行ったダンナは高評価だった。

男性には好印象なのかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bbemu

4.5登場人物の実在感がすごい

2012年3月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 最初見たとき寝てしまったので、新潟での上映でまた見てきた。登場人物の実在感がすごい。本当にそういう人を連れてきてそのまま場面をやってもらったのを撮影したとしか思えない。山梨のその夏の数日間をドキュメントとは違う形で実際の場面を撮影しているんじゃないかと錯覚してしまうほどであった。音楽とドラッグの描写が素晴らしい。

 ドラマとしてはなんてことないんだけど、すごい映画だった。

 ビンがセイジに「だったら離婚だよ離婚」と土方の仕事現場を歩きながらヘラヘラ語る場面がある。そういってくれる人がいると本当に気が楽になる。どうなるかなんて分からないんだから、適当に好き勝手にやればいいではないか、そんな適当な優しさに満ちた映画であった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
吉泉知彦

4.5おい、そいつは敵じゃない!刺す相手を間違えんなっ!!

おかゆさん
2011年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
おかゆ
「サウダーヂ」の作品トップへ