サウダーヂのレビュー・感想・評価

メニュー

サウダーヂ

劇場公開日 2011年10月22日
8件を表示 映画レビューを書く

地方都市の現実を見事に描いた傑作

地方都市の現状をリアルに映画化した唯一無二の作品。
今の時代にこんなに素晴らしい作品が作られたことも感謝。そしてその作品にリアルタイムで出会えたこて良かった。
本当に素晴らしい作品です。2回鑑賞しましたが、何回でも観に行きたい。近くで公開されたら絶対にまた観に行く。

アントニオバンデラス
アントニオバンデラスさん / 2018年7月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい国

ある者は、薬物とタイに夢を見出します。
ある者は、ラブ&ピースに夢を見出します。
ある者は、女との海外移住に夢を見出します。
ある者は、怪しげな水に夢を見出します。
ある者は、日本人という存在に夢を見出します。

私は架空である映画というものを通して、現実を直視しないで蓋をしてきた日本の恐ろしい現実を観てしまったようです。いつの間にか行き場をなくした人で埋め尽くされる日本という美しい国の正体を。

ミカ
ミカさん / 2016年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

八方塞がり感

ソフト化されていない(監督がしていない)本作。まずはこの作品を観る機会(ワーカーズ2014映画祭)を作ってくれた日本大学藝術学部の学生さんにこの場を借りてお礼申し上げます。

評判通りなんというか強度の高い作品でした。今いる場所に希望を失い、自分が出て行こうとする者と他者を追い出そうとする者の対比が興味深い。その今いる場所というのがなんというか、強いとしか形容できない映像で描かれる実際の地方都市というのも考えさせられる。とにかく登場人物の八方塞がり感が素晴らしい。一番問題なさそうなのが地元で自分たちの世界が完結している、今で言うマイルドヤンキー達というのもありそうな感じで好きです。

えら
えらさん / 2015年1月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

インディーズとはとても思えない。

この映画は甲府という一種の閉鎖空間における人々の日常を正しく映した。
ドキュメンタリー映画と言えるのかもしれない。
こんなに切なく苦しく、人が生きるということを観察した映画は少ない。
サウダーヂ=ここではないどこか。
という夢の場所を探し求める人々は一体どこへ行ってしまうのだろうか。
地方都市の持つ矛盾、それに対する葛藤、苛立ち、そういうものが全てこの中に包まれている。

役者も監督も普段からそれだけをやっている人々というわけではなく、本当の意味で自主映画という感じで、しかしながら自主映画という範囲のものではなくもっと一般的な映画会社がつくったのではないかというクオリティの映画で素晴らしかった。

lotis1040
lotis1040さん / 2013年11月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これぞザ・リアルΣd(゚∀゚d)イカス! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

2時間40分もある長い映画いだけど・・・

全然長さを感じさせない大傑作(・∀・)

バブル期に日本は公共事業に投資しまくって空前絶後の好景気を成し遂げたものの・・・

そこから先は坂道を転がるような大不況に(;´∀`)

そんな閉塞感たっぷりな社会で、様々な思いが入り混じって見事な群像劇に仕上がってる(゚∀゚)

日本人もタイ人もブラジル人も、みんな同じ人間。

そこはやっぱり同じサウダージ(憧れ)を持ってる。

それが郷愁だったり、家族だったり、ここではないどこかへの憧れだったりする。

タイパブの女の子に入れ込むあまり「俺とタイで一緒に暮らそう」と迫るも「私はお金が欲しい」と正面切ってその憧れを断ち切られる男。

一緒に働いてる同僚は、ラッパー志望で夢を実現しようとするけどなかなか思うようにいかずライバルに水をあけられて、ついにはそいつを刺殺してしまう。

その後輩の女の子は、東京に行くもうまくいかず傷心のうちに帰郷して、良く分からんスピリチュアル的なものにはまって自分の居場所を探そうと必死。

タイ人の子に入れ込む旦那を横目に、奥さんはエステで働いてて怪しげな水を売るスピリチュアル系の商売をする女が客に来てビジネスに誘われて入れ込んでいく。

しかしその女も、財産があって生活には何不自由ないのに実はNo.1のデリヘル嬢。

ブラジル人労働者は仕事を次々となくし、帰郷せざるを得ない状況にまで追い込まれ、その仕事を斡旋してる派遣会社に努めるブラジル人も帰郷してしまう。

現状に満足してるのはマリファナの売人と女の子3人組の美神会のみ( ゚д゚ )

しかしこんなにマリファナが出てくる日本映画今まであったか???Σ(゚Д゚ノ)ノ

さらに美神会のキャラもΣd(゚∀゚d)イカス!

宮台真司さんも怪しげな政治家を熱演してて良かった(゚∀゚)

それぞれの関係性の中でサウダージが連綿と連なってる様子は見事としか言いようがない( ゚∀゚ノノ゙パチパチパチ

有名な役者を誰も使ってない中で、それぞれの演技もキャラも立っててすごくいいと思う。

やーさんの親分も本物の親分をキャスティングしてて、あれは演技じゃなくてまじでびびってるというのもすごくいい(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン

繁華街でフリースタイルラップをするところのかっこ良さはスンゲェ──―Σ(゚∀゚ノ)ノ─―─ッ!

異常なくらいの完成度ですよこれd( ^ω゚ )バッチリ!!

クライマックスからラストに行く怒涛の展開はさすが(・∀・)

最後の田我流の「俺・・・自首するわ!!」って言う時の泣き笑いの表情もすごく(・∀・)イイ!!

台詞や演技テンションだけじゃなく、今の日本の閉塞感をリアルに描ききれてると思う。

観ててとにかく痛々しいし身につまされるし、日本という国の縮図がここに凝縮されてる感じ。

インディペンデント映画でこれだけの重厚さと完成度、さらにテーマ性を持たせてるのは見事としか言いようがない。

さらに監督の映画愛と社会に対する痛烈なメッセージ、そしてこれを作りきった情熱と志は本っっっ当に頭が下がります<(_ _)>

ビッグバジェットでくそ映画、誰得映画を乱発させてる今の日本の映画界にも一石を投じる重要な作品だと思う。

広告代理店やテレビ局、芸能プロ、スポンサーの言いなりになってるだけの有名な監督やプロデューサーはこれを観て映画の原点に戻れ!!!!(`・д・´)9m ビシッ!!

日本映画界の宝ですよこれはワチョ――ヽ(・∀・)ノ――イ♪

初台験
初台験さん / 2012年5月23日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアリティー溢れる映像

薄々TV等の情報で知っていた地方の実態をリアリティー溢れる映像で思い知った。

女性の視点だと、(私の視点だと)ミャオに入れあげる土方の彼の駄目さ加減にイライラしたりしたんですが。。
(男)I hate money → (女)I need money だったかな。当然の話ですよね。

映画の出来とは別に、私が嫌いなキャラばかり出ていたのがイライラの原因かも。イライラさせる力が、この映画にあるって事だけども。

イライラは別として、リアルにありそうなストーリーやキャラは良かった。

私は期待しすぎてガッカリした感は否めないけど、一緒に観に行ったダンナは高評価だった。

男性には好印象なのかな。

bbemu
bbemuさん / 2012年4月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

登場人物の実在感がすごい

 最初見たとき寝てしまったので、新潟での上映でまた見てきた。登場人物の実在感がすごい。本当にそういう人を連れてきてそのまま場面をやってもらったのを撮影したとしか思えない。山梨のその夏の数日間をドキュメントとは違う形で実際の場面を撮影しているんじゃないかと錯覚してしまうほどであった。音楽とドラッグの描写が素晴らしい。

 ドラマとしてはなんてことないんだけど、すごい映画だった。

 ビンがセイジに「だったら離婚だよ離婚」と土方の仕事現場を歩きながらヘラヘラ語る場面がある。そういってくれる人がいると本当に気が楽になる。どうなるかなんて分からないんだから、適当に好き勝手にやればいいではないか、そんな適当な優しさに満ちた映画であった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2012年3月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おい、そいつは敵じゃない!刺す相手を間違えんなっ!! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

山をつぶし道つくり、ダムつくったり、田畑を潰し高速道路や新幹線通したりと公共の土木事業で金を地方にばらまいてきた昭和イケイケのニッポンは、バブル崩壊、長引く不況、地方はどんどん高齢化して、日系ブラジル人も働き場所がなくて、ヤクザもシノギに困ってますという絶望的な状況を観る側に突付けるディストピアもの。自民党さんとその他の野党さんが一致団結して作ったニッポンがこのザマと痛感。映画見終わって館から出たとき、間違いなく世界が違ってみえる。

おかゆ
おかゆさん / 2011年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi