劇場公開日 2012年3月31日

  • 予告編を見る

ヘルプ 心がつなぐストーリーのレビュー・感想・評価

4.067
34%
56%
8%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全67件中、1~20件目を表示

4.0格差

るみ♪さん
2020年1月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

格差社会の闇をリアルに。

子供とメイドさんの絆に感動。

スカッとする場面があり良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
るみ♪

4.5厳しい差別の現実、その悲惨な状況を弱い立場ではあるが強い意志を持っ...

2020年1月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

厳しい差別の現実、その悲惨な状況を弱い立場ではあるが強い意志を持ったメイドの視線で力強く語りかけてくる。重いテーマだがユーモラスなシーンも随所にあり、出演者の演技も素晴らしく、見応えのある映画だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

5.0社会的な意義だけでなく感動する名作でもあります

2019年10月28日
PCから投稿

アメリカの人種差別は根深く、現在でも罪無き黒人が警官に殺されたりしてますから。
五十年前の黒人ヘルパーさんたちの差別と抵抗の歴史をリアルに描く意義は高いと思います。
それだけでなく映画の内容としてもストーリー、セリフ、演技などを含めた全体がアカデミー賞ものです、じっさい助演女優賞も取ってますから。
それで感動も凄いですから、凄い名作です。
必ず観るべしです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシンⅡ

3.5エマ・ストーン、、主演映画。1960年代の米ミシシッピを舞台に、白...

2019年9月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

エマ・ストーン、、主演映画。1960年代の米ミシシッピを舞台に、白人女性と黒人家政婦たちの友情が旧態依然とした街を変革していく様子を描いたベストセラー小説の映画化。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

4.5人種問題という重いテーマを、家政婦や子守という目線で伝えることによ...

猫柴さん
2019年8月9日
iPhoneアプリから投稿

人種問題という重いテーマを、家政婦や子守という目線で伝えることによって
子守と子供という人種を超えた愛情を交えながら
問題提起している。

あえて主婦女性ばかり登場させることで白人至上主義の差別やいじめも重すぎず時にユーモラスに対抗し観ていて飽きない。

肌の色は関係なくメイドと白人の子供が大事に思いあっているのもとても良かった。

主役の作家からはあまり、強い決意や勇気が伝わらなかったのが残念

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
猫柴

5.0黒人の乳母に支えられていた

2019年6月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

1960年代のアメリカ南部、白人の上流階級は黒人の乳母で成り立っていた。
乳母に育てられた主人公(エマ・ストーン)は、乳母の人生を取材し本にしようと思った。
尻込みする黒人女性の中で二人(ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー)が取材に応じ、辛い過去を語ってくれた。
描かれている世界は、そんな昔ではない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0心から感動しました

あき240さん
2019年4月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

静かな感動が胸いっぱいに広がりました
終盤には涙が止まりませんでした

1963年夏のワシントン大行進の前、6月のメドガー・エヴァース暗殺事件の前後
彼がテレビで顔が売れて暗殺に至ってしまうシーンがあります
舞台はミシシッピ州ジャクソン
最も黒人差別がひどい州のひとつです

ケネディ大統領が大統領執務室から黒人の公民権についての演説を全米にテレビで放送しているのを黒人達がみるシーンも登場します
しかしそれに黒人達は安堵するどころか、却って身の危険を感じる状況であったのを簡潔に表現されています

監督は男性ながら、女性の社会を通して黒人差別問題に切り込んで行きます
それ故に差別の本質に一歩踏み込んだ内容になっていると思います
エマ・ストーンは敢えて現代風の女性として描かれていますが、それ以外の登場人物は半世紀前の人びとをそのまま出演者させたかのようにリアルです

単純なハッピーエンドでは終わりません
戦いは続いているのです
たったひとりの勇気
自分を危険に晒しても正しいことを行う勇気
それが差別を無くす道なのです

エンドロールでのメアリー・J. ブライジの主題歌は楽曲の良さだけでなくその歌詞が本作の内容とリンクして心を打ちます

名作です
グリーンブック、ドリームと合わせてご覧になって下さい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.5同じ人間だもの

fukui42さん
2019年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

黒人メイド女性たちと、それを使用している白人奥様達。
ほぼ女性だけで話が進んでいくのが、同じ女性として興味深い。

アメリカの中でも一番「人種分離法」が根強く残るミシシッピ州。
従来の映画だと、キング牧師の「公民権運動」をもとに差別撤廃を求める運動をするものが多い中。
「奥様から何を言われても、YESと言わなきゃダメ」とメイドたちは従順なところが、なんとも悲しい。

前半の「トイレ問題」。映画「ドリーム」でも出ていた、黒人は白人のトイレを使っちゃいけないっていう、バカげたルール。
トイレ一つしかないのに、どーしろっちゅうの!。

子供の時に同じくメイドに育ててもらった、スキーターが。
メイドたちの声をまとめていく過程。
そりゃあ、意見や文句を言ったら。メイドたち仕事なくすもんね。

スキーターの説得についに「あたしも話す。あんたも覚悟しな」。と、エイビリーンが腹をくくった場面がかっこいい!。
「もう怖いもんなんかない」って感じかな。耐え忍んできたものが爆発するというか。

そんな中で、他の白人奥様とちょっとずれてるシーリアを、メイドのミニーが「姉さん」っぽくカジノ色々教えていくシーンが、印象的でした。
ミニーをオクタビア・スペンサーが、いい味出していて。笑わせるシーンもあり、じーんとくるところもあり。こんなお姉さんがいたらいいなあって。オスカー受賞も納得。

ラストはちょっとビターテイストだったのも、また考えさせられる作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

5.0オススメ

映画.jpさん
2018年11月3日
iPhoneアプリから投稿

オススメ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画.jp

4.0信念を貫く

takuさん
2018年8月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
taku

4.5悪魔的なイジメ

2018年8月2日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

興奮

安心して観られる映画でした。

ジェシカチャスティンが意外な役どころで、好演しています。

内容は逆にもっとドロドロ重くても良かったかも。

軽快であるからこそ、観れた重いテ―マなんでしょうけど。

最後に悪魔的と言われたイジメ。 人の中にある闇に光が当たって解決されて行くことを願います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まゆみ3

4.5HELP

2018年4月23日
iPhoneアプリから投稿

黒人差別という重たいテーマなのに対し、途中にユーモアを入れてたりする部分があるため重たくなりすぎてないのがとても良かった。

エマ・ストーンも、黒人メイドに幼少期育てられ、ミシシッピの黒人差別に対して疑問をもっていた。そして友人のメイドに黒人としての境遇、仕事のあらゆることを取材し、彼女はそれを出版する。

白人と同じトイレを使ってはならない、菌が映るから………
どんなに虐げられても、口答えしてはダメ。
黒人と白人を分離する嘘みたいな法律が成立していた時代。
そんなメイドたちの体験が語られていてとてもリアル感があった。

この映画では沢山いたメイドたちの1部しか私たちは見れてないが当時のメイドたちの中には比べ物にならないくらいもっとひどい経験をした人がいたのだろう。
私たち日本人にはあまり現実味がないが、だからこそ興味深いと思った。

最後のシーンはとてもジーンとして涙が出てしまった。他にもところどころ唸るような名シーンで涙がこぼれた。そしてメイドの役を演じて助演女優賞を受賞した女優さんの演技がすごく良かった。

是非見てほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ま ど か

4.5MeToo 虐げられる側の叫び

2018年4月11日
iPhoneアプリから投稿

重い題材なのに軽快で笑える部分もあり、スキーターの勇気によって結束を固める。法的に人種差別が許されていた時代が終わる少し前の話。
一人一人の役割が現代人にも当てはまっているな、これは今話題のMeTooでもあるなと感じました。

他人を見下す事で自分の価値を上げる人、それに何の疑いもなく同調する人、価値観が曖昧なまま間違った事に目を瞑り蔑む側に付いてしまう人、声を上げる人、虐げられる人達。
異色だったのは、シーリア。この人物は誰にも縛られず己の信念を押し付けない、素直に受け止め只管直向き。この勢力が加勢したらどれだけ心強いだろう。あの夫婦とミニーの今後をもっと見たかったなあとも思えた。
いつの時代も、この作品に登場して来た人達の様な思想の違いで大まかな虐げる側、虐げられる側に分類されてしまう。個人個人が考えを変えていかないと声を上げないと、気づかない人はヒリーの様な真のレイシストになってしまうのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
字幕 アンゼたかし

3.5女同士のイザコザ.....

2018年4月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

萌える

黒人に対しての人種差別、舞台はヤッパり南部での幼稚にも取れる陰惨な白人の考え方。

でもこの映画は強く生きる女性をメイドとして働く黒人女性の生き様を時にはユーモアも交えて描かれていて観終わった後に嫌な気持ちは残らない。

白人女性の専業主婦を滑稽にコミカルに演出して腹は立つが全ての白人が当たり前に差別を行なっている訳では無いのが救われる。

黒人メイド二人のキャラに応援の眼差しで楽しく過ごしている場面は微笑ましいしヌケた感じのJ・チャステインに癒される。

主人公のE・ストーンは魅力はあるが本を完成させる過程での葛藤など少し物足りなさも。

人種差別を抜きにしたら女性同士のブツかり合いのようで男は立ち入れない女の戦いが繰り広げられているみたいな!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

4.5原作を読みたくなりました

ke_yoさん
2017年12月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ke_yo

4.5なんだ、今も全然変わってないんだ

琥珀さん
2017年11月10日
iPhoneアプリから投稿

と、人間性の本質は、世の中は変わっても基本的にはさほど変わらないんだということを考えさせられます(他人を見下すことで自分が上位にいるのだと勘違いすることとか)でも一方で、何かが違う、おかしいと声をあげる人、行動する人もいつの時代にも必ずいるはず、という希望も抱かせてくれる映画です。
黒人女優さんのみならず、エマ・ストーン、ジェシカ・チャステイン、キャリーのシシー・スペイセク、と芸達者な女優さんたちの演技力勝負も実は凄い、大変贅沢な作品。ご堪能あれ‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
琥珀

4.0エマ・ストーンが可愛い頃の

pippin555さん
2017年11月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

知的

ストーリーはシリアスで、人種差別がひどいころのアメリカ。
胸がスカッ!とする内容です。
たまたまその日の昼にジェシカ・チャスティンの主役の映画を映画館で見ましたが、この映画に彼女が出ていてすんごいグラマーでビックリしました!女優さんってすごい、、、。
差別でなにか酷い場面があるのかな?と思いきや、そういうシーンはないし、とても心温まる作品なのでオススメです。
個人的には、「バードマン」「ララランド」ではなんかギスギスギョロ目になっちゃったエマ・ストーンが、この当時はものすごく可愛かった!というのが収穫でした。そう、この子昔はこんなにかわいかったのよね、、としみじみエマのかわいさをかみしめることができました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
pippin555

5.0涙。涙。涙。

2017年10月8日
Androidアプリから投稿

ずっと観てて、
泣きっぱなしでした。

そんな昔ではない、
1960年代の人種差別の物語。

映画だけど、
本当に彼女達と
同じ気持ちの人が
沢山いたと思うと
涙なしには、観れません。

とにかく
観て欲しいです。
素晴らしい
力強い傑作です。

現代の日本の社会にも
まだまだ通じる物があると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
☆ペニクリNH★

4.0小学生のいじめ並

Gomezさん
2017年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

人種差別が酷かった時代のお話。
この時代に決して真実を言わなかったメイド達の強い決断。
日本人には(私の世代)考えられない、どうしても馴染みが無いですよね。
ただそれは映画を見れば充分伝わってきます。(彼女たちの扱い)
黒人と一緒の便器に座ると悪い菌が移るとかだの、小学生のいじめ並。
途中途中涙ぐむシーンがあったんですが、最後の最後でやられました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gomez

4.0過去の話でありながら、現代にも訴える黒人差別

2017年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

幸せ

南部の黒人差別を家政婦の目線で描いた作品で、アメリカの社会問題の1つとして根深い題材でありながら作品としては暗く重たいものになっていない点が評価できるポイントだと思う。
主題は黒人差別でありながら別の社会的問題にも置換できる内容で、マイノリティを排他的に扱うのではなく「個性の尊重」として受け入れていこうという強いメッセージがこの作品から感じられただけで観る価値があったと思う。また登場人物のほとんどが女性だというところに、陰湿さや嫉妬深さがより増長させる結果になっているところもなかなか面白いなと感じた。
オクタビア・スペンサーやジェシカ・チャステインなど脇も名優が揃っていていい芝居をされているが、ジェシカのキャラがこの作品にいいスパイスを与えていて、結果的にそこが作品全体の「救い」になっている点は脚本上なかなか巧妙だと思えた。
作品を観ながら同じ差別問題を描いた「フルートベール駅で」をふと思い出したので、また久しぶりにそちらの作品も見返してみようと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キース@Keith
「ヘルプ 心がつなぐストーリー」の作品トップへ