「おまけがいい」ファイナル・デッドブリッジ kossykossyさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ファイナル・デッドブリッジ

劇場公開日 2011年10月1日
全24件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

おまけがいい

 工事中の橋。真ん中辺りで止められたバスが被害に遭う。プレサージ社のバスは17名が死亡、8名が生き残った。事故原因は強風と工事による強度不足。

 最初の犠牲者はピーター(フィッシャー)の恋人キャンディス。趣味の体操の練習をしていた時。次はオタクでナンパなアイザック。死んだ同僚の机から盗み取った中国式マッサージの券を使ったからだった。現場で不気味な検死官に出会ったサム(ダゴスト)、元カノのモリー(ベル)、ピーターは、死ぬ運命にあった者が生きていることで、現実にゆがみが生じていると聞かされる。また、代わりに誰かが死ねば生き残れることも・・・そして、オリヴィアがレーシック手術の際に事故で右目が!その直後駆けつけた彼らの目の前でガラスを突き破って転落死。ここで予知夢で死んだ順番を考えてるサム。

 新ルールとかで、黒人の新任副工場長のネイサン(アーレン・エスカーペタ)が組合のロイと言い争ってた時に、身代わりにロイが事故死。そして次は、部下の名前を覚えられないイヤミな部長のデニス(デヴィッド・ケックナー)だ。これで順番通りに5人が死んだと確信するサムたちであった。ただ、モリーだけは夢の中でも死んでいなかった。

 自分の身代わりを見つけようとしていたピーター。サムがバイトしているレストランでモリーを殺そうと考えていたのだ。そこへ銃声を聞いたブロック捜査官がかけつけ、不運にもピーターは彼を射殺する。ピーターは寿命を得たが刑務所には行きたくないと執拗にモリーを狙う。結局はサムがピーターを殺し、彼が捜査官の寿命をもらった・・・ハッピーエンディングかと思えば、パリに修行に出るサムはモリーとともに飛行機に乗るのだが、それは第1作の墜落した旅客機だった!といった展開。唯一生き残ったネイサンも、ロイには元々大きな腫瘍があって死ぬ運命だったと聞かされ、結局はその飛行機の破片が墜落して・・・でいいのか?

 エンディングでは今までのシリーズの惨死場面の総集編がおまけでついてくる!

『ファイナル・デスティネーション』
『デッドコースター』
『ファイナル・デッドコースター』
『ファイナル・デッドサーキット』

kossykossy
さん / 2018年11月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報