「園組オールスター」ヒミズ オレさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ヒミズ」 > レビュー > オレさんのレビュー
メニュー

ヒミズ

劇場公開日 2012年1月14日
全128件中、16件目を表示
  •  
映画レビューを書く

園組オールスター

普通に生きることが目的のボート屋の息子、住田と病的なほど彼に夢中な少女、茶沢の2人をメインに理不尽で容赦ない現実を描いた園子温監督の怪作にして傑作と呼び声の高い一本。

THE園映画な作品を鑑賞。
キャスト的にも園組オールスターといってもいいのではないだろうか。
これだけのキャスト陣の中で主役を張る染谷将太。園子温監督に会いたい一心で新宿のゴールデン街に中高生にして出入りしていたという噂もあるが、本当なのか?笑
無気力だが普通に生きることを目標とし、周囲のホームレスからやたら好かれる謎の多い中学生を演じる。
親父から虐待され、借金を押し付けられ、何度も何度もお前は産まれて来なければ良かったと面と向かって言われ続けること1時間超。
溜まりに溜まった怒りを一心不乱に親父にぶつけ、とうとう殺害。様々な感情が混じり合い精神不安定になり、泥の中をのたうちまわるシーンは壮絶にして正直ちょっとシュールで笑えちゃう笑。
警察へ行く前に少しでもこの命を世のため人のために役立てようとする突然のトラヴィス思考で出刃包丁一本持って東京へ。
雑魚めのチンピラ新井浩文を刺すも、とある理由をきっかけにでんでんヤクザからの借金の取り立てが止み、目標を見失ったかのように絶望する。
中学生らしさを一切見せない理解不能な行動を次々とみせる染谷将太は見もの。

ヒロイン役には当時まだ無名に近かったのかもしれない二階堂ふみ。
住田のことが好きすぎて語録を作り部屋中に貼り付ける奇行、五七五の俳句を瞬時に言えなければ叩かれる俳句五七五ゲームという珍行を次々と繰り出すも住田への純愛で彼の暴走を止めようと奮闘する。
逆にその純愛さが振り切れてて超ウザい笑。
可愛くなかったら犯罪だわ茶沢さん笑。
ホームレスの夜野さんに突き飛ばされ、パンチラどころかパンモロするなどやたら体を張っていた笑。

ちなみに他のキャストも地味に豪華。
住田たちと直接絡むわけではないチョイ役に窪塚洋介。スリの達人として街中をうろついていたところ、住田の借金をなんとかしてやりたいとさまよう夜野と遭遇。
まさかのIWGPのキングと父ちゃんの再演かと思いきやまさかの泥沼展開で窪塚あっという間にヤられてしまう笑。
その彼女に吉高由里子も出ててすげぇチョイ役扱いするなと思った笑。

とりあえず泥だらけ絵の具だらけになって街中を奇声あげながら駆ける染谷将太は見もの。
あと映像特典にあったファミレスのチンピラが住田たちへ復讐にやってくる戦闘シーンが雰囲気に合わなすぎて違和感やばかった笑。

オレ
さん / 2017年7月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報