「染谷と二階堂の組み合わせだけで映画としては勝ち」ヒミズ mimiccuさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ヒミズ」 > レビュー > mimiccuさんのレビュー
メニュー

ヒミズ

劇場公開日 2012年1月14日
全126件中、7件目を表示
  •  
映画レビューを書く

染谷と二階堂の組み合わせだけで映画としては勝ち

紙一重の狂気という点で古谷実の世界は漫画が最も味わえるというのを再確認。ストリートミュージシャン(西島隆弘)とバス内でおばさん(木野花)が襲われるシーンの臨場感はさすが。金銭強盗に入った二人(窪塚と渡辺哲)のもとに家主が帰ってきて一悶着あるシーンが恐怖の中の笑いが表現できてて一番古谷実らしかった。ラストが拳銃自殺せずに走り出す改変(すみだがんばれー!)はいいと思った。製作途中に震災が起きてしまったゆえ、瓦礫の映像を入れざるを得ない監督の意図は伝わるが、物語とは関係ない印象を持ってしまった。

mimiccu
さん / 2018年6月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報