「私は楽しめましたけれども」宇宙兄弟 じゃがいもさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「宇宙兄弟」 > レビュー > じゃがいもさんのレビュー
メニュー

宇宙兄弟

劇場公開日 2012年5月5日
全86件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

私は楽しめましたけれども

原作を知らずに見ました。
宇宙が好きなら楽しめる作品だと思っています。

ネタバレするので詳細は割愛させていただきますが、みなさんのおっしゃる通り、終わりの10分間の尻切れトンボ感は否めません。
しかし私にはファンのみなさんが言うほど、酷い作品とは思えませんでした。

映画が良い作品だと思えたので、原作の漫画を購入し最新刊まで読み、ようやく追い付きました。
原作を読んだあとでも、私の映画への評価は変わらなかったので、映画化される作品についてコメントいたしたいと思います。

本作に限ったことではありませんが。

原作がマンガ、小説、アニメであった作品を実写化させる際、ファンの方たちは一言目にも二言目にも原作、原作と言います。

実写映画化するにあたり「原作と同じ」との宣伝があったのでしょうか?

ジャンルを問わず、原作ありの実写化映画をいくつか見ています。
が、私の知る限り、そのようなうたい文句で公開された作品を知りません。

「実写化は原作の設定を生かした並行世界である。」

「原作者、監督、脚本家などが描きたかったもうひとつの世界である。」

そう捉えることはできませんか?

アニメの映画では珍しいことではないですよね?
TV放映の設定や結末と異なる形での映画化。
アニメ映画では並行世界は大方容認され、実写化となると袋叩きにする。

私にはなぜそのようにいつも偏った意見ばかりになるのか。不思議でならないです。

ではここで質問です。

「原作と違う」
そうおっしゃったファンのみなさん。
もし、原作と全く同じ設定で同じセリフ、同じ話の流れならば、どのように評価するのでしょうか?

「見た目が違う」
「誰々さんはこんな風貌じゃない」
などと言い出すのではないでしょうか。

「原作と同じだから展開が読めてつまらない」
などと言い出す人もいそうですね。

たまには頭の中を空っぽにして実写化作品を見てみませんか?

それよりもっと宇宙の話をしませんか?

じゃがいも
さん / 2018年11月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報