インモータルズ 神々の戦いのレビュー・感想・評価

インモータルズ 神々の戦い

劇場公開日 2011年11月11日
35件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

期待

以上に面白かった。

映像も綺麗で迫力あって良かった。

が、ストーリー次第では、もっと名作に成り得たはず!

REpower
REpowerさん / 2018年6月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少しはギリシャ神話を知らないとしっくりこない

ギリシャ神話系映画ではとても楽しめた作品。
映像特典でも語られていたが進化し続ける神話。
アクションの映像も個人的に好きでした。
少しはギリシャ神話を知らないとしっくりこない映画だと思います。
神々にも掟があり人間のような演出も○。
神々が無双していとも簡単に勝ってしまう
ありふれた映画がお好みならオススメはしない。
気になったことはミッキーの被り物が
クワガタ又はうさぎに見えて怖さが半減してたとこぐらいw

Gomez
Gomezさん / 2017年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

勿体無い

ストーリーをもっと掘り下げていれば、素晴らしい作品だったと思う分とても残念でならない。
戦うシーンや、映像の美しさ、キャストも含めて私好みでとても素晴らしいのに…

mizupoyo
mizupoyoさん / 2017年8月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

舞台芸術を観てる様!

ターセム&石岡瑛子のゴールデンコンビ作品。
ストーリーは単純だけど、美意識が半端ない!
ゴージャスな舞台芸術を観てる様で何度観ても飽きない。ラストの神々の戦いシーンは、日本のアニメの影響を感じられ、ムッチャカッコイイ♡

HIROKICHI
HIROKICHIさん / 2015年6月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ガッカリしました

神様が豪快に戦うと思っていましたけど
基本は人間の戦いですね
アクションシーンはグロくてカッコいいのですけど、ストーリーが最悪でした
勿体ない

スノークの息子
スノークの息子さん / 2015年2月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ターセム+ギリシャ神話=「300」「タイタンの戦い」に及ばず…

「ザ・セル」「落下の王国」のターセムが描く、ギリシャ神話の世界。
世界支配を目論む邪悪なハイペリオンに、勇者テセウスが立ち向かう。
独特のビジュアルセンスを持つターセムとギリシャ神話の融合。ちょっと期待していたのだが…。

結論から言うと、ターセムが「タイタンの戦い」を「300」のような映像で作って外しました、という印象。
確かにターセムならではの映像センスは炸裂している。
が、しかし、アクションの高揚感も斬新さもケレン味も「300」に遠く及ばず。エンタメ度も「タイタンの戦い」と比べると乏しい。
最もテンションが上がるバトルシーンはラストぐらいで、金ピカ神様たちはあまり強くないし、インパクトのあるクリーチャーも登場しない。

ストーリーがメリハリに欠け、単調なのも痛い。
母を殺された主人公の復讐、神への信仰、神々と人間…面白味のある要素を詰め込んであるものの、全ては映像センスの前に活かせずじまいで終わっている。
登場人物も個性薄。ミッキー・ロークの悪役は凄みあるけど、どうもタイプキャスト…。

否定的な意見ばかり述べたが、主人公ヘンリー・カヴィルの彫りの濃い魅力や、故・石岡瑛子の奇抜な衣装はさすが。

それだけに、残念でならない。

近大
近大さん / 2013年4月6日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

腑に落ちず ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

変な冠を被った神様達。
人間味有りすぎ。

衣装や舞台セットが凝ったところは、「ザ・セル」の監督らしい。なんか演劇の延長な印象。

明らかに室内撮影のシーンは感情移入できない。

効果音もド派手なのを期待しましたが、足りない。

神様達の戦闘シーンは、
目新しい感じ。

全体的に物足りない。

マンハッタン
マンハッタンさん / 2013年1月31日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんだこれ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

もうなんか自己完結しとるんとちゃうん?と聞きたくなるような作品。
全体的に「まとまりがない」、「投げっぱなし」の展開の数々。まるでばらまいた伏線を全て無かった事にされたかのような、もどかしいというか意味が分からないというか、どうしてこうなったとかそんな感想ばかりが浮かんできました。
最古のファンタジーである神話を悪い意味でそのまま再現していると言いますか。

製作者と視聴者を繋ぐ道にフィルターがなく、大変理解に苦しみました。

あと小道具が安っぽい。冒頭の巫女達のシーンで思わず目を瞬かすレベル。
何かの間違いかと思いましたが、物語が進むに連れて確かな諦めへ変わりました。
撮り方が悪いのか、演技が悪いのか、小道具が悪いのか知りませんが、悪役を演じる俳優さんからの小物臭もなんだかなぁ、という感じ。

ストーリーの展開上、或いは仕方がなかったのかもしれませんが、一体誰が主役なのか、という所も問題がありました。
肝心な所で主人公が脇に追いやられていたりして、神々とのバランスが非常に悪い。

アクションシーンは流石でした。テセウスの力強くも流麗なアクションは手に汗握る白熱ぶり、神々に関しては若干食傷気味とは言え、スローモーションを多用した例のアクションシーンは興奮モノでした。
アクションシーンは誰が見てもかっこいいと言えるのではないでしょうか。

少々バイオレンスなシーンがあり、グロいというよりもエグい。
神官の舌切りや巫女達の惨殺、アテナの殺害シーンはその手の物に慣れた人でもやや不快感を感じ得ない。
良く言えばリアリティーに溢れていました。

見終えて感じたのは戸惑いでした。
とてもやるせない。

ゆうたろう
ゆうたろうさん / 2013年1月4日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

神話系映画なんで観たんですが・・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

300の色を濃くしたギリシャ神話の物語。
実は私、昔からこの手の作品大好きでした。
古くは「シンドバッド 黄金の航海」や最近の「タイタンの戦い」
まで、みんなわくわくして観ていました。
やっぱり、神話系は冒険だよ、アドベンチャー!!
その点ではこの作品は少しがっかり。

みんなが知ってるギリシャ神話の冒険が描かれているのかと
思いきや、きつく言うならマザコンの青年の物語。
母親の復讐をなした、テーセスウはめでたく神になりましたとさ。
と言われても納得いかない事多すぎですよ、監督さん。

①テーセウスに触れた将来のビジョンが外れた。
未来見えるんじゃなかったっけ?
②人に加勢し、父親に殺される神様
※タイタン族にも結構やられちゃいましたが・・。
③無限に出てくるタイタン族、入れ物どう見ても30人がいっぱい。
④最後に脱ぎ捨てた鎧(甲冑の胸当て)、どう見ても銀色の布

って意地悪な見方をしていますが①だけはあかんでしょ。
なんでって叫んでしまいました。

でもね、でもね、この作品の面白さもあるんです。
①ミッキー・ロークの渋い悪役の演技。
地声がハスキーなので最高
②ミノタウルスの宮殿の物語のエッセンス
③300にも劣らずのアクションシーン
④賛否両論のすごく若い、神々(ゼウス、ポセイドン・・・)
※個人的には変わってて良いかもと思います。

って部分も多いので観ておいて損は無いかもね。
でも観る人選ぶ映画かな。

としぱぱ
としぱぱさん / 2012年7月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

●ザ・セルや●ドラキュラにタッチが似てるな‥と思ったら‥

‥‥たら~ヽ('ー`)ノ~

●ザ・セルと同じ監督‥
●ドラキュラと同じ衣装デザイン(故石岡暎子女史)だた‥(*^_^*)

俺、個人的に‥
こう言うプロローグやアプローチ‥嫌いぢゃ無い(o^-')b

昔‥
『俺はいきなりクライマックスだぜ!』と言った仮面ライダーが居た‥。
●スタートレック(JJエイブラムス版)も開始1分からつかみがOKだったな‥そう言えば(*'-^)-☆

超ボーイズムービー└|∵|┐♪┌|∵|┘
(↑※女子は見る事なかれヽ('ー'#)/)

内容はほとんど無い‥!
が‥
(衣装含む)映像美(?)とカメラワークが素敵だど(^-^)♪

100分が長く感じる不思議('◇')ゞ

☆評は‥
DVD\100水準にて‥(^-^)♪

DVD買う度⇒③★★★
モ、1回見たい度⇒①☆
オススメ度⇒②♪♪
デートで見る度⇒①◎

観る相方o(^o^)o】‥いや‥女子には向かない~ヽ('ー`)ノ~
‥間違いなくッ‥!

脚本が上手いのか?下手なのか?がそもそも分からん(`o'ヾ

≫ゼウスの神様‥
強いのか?弱いのか?
良い人なのか?悪い人なのか?

結びは陳腐です(`曲´#)

えびかに伯爵
えびかに伯爵さん / 2012年7月19日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

“殺るか殺られるか”の世界

結論としては、“良かった”と”いまいち”の中間くらいでした。

「300」のスタッフが関わっているというので、「300」と同じような内容では?と予想していましたが、あながち外れてはいませんでした。

最近はギリシャ神話系ベースの作品が色々と製作されているので、物語に特に新しさというのは感じられません。

「300」がさらに威力を増したかのような戦闘シーンは、肉が飛び散り血で血を洗うという感じ。そして筋肉と汗と泥まみれ。
悪く言えば残虐で汚らしい。良く言えば生身の殺し合いのリアル感。

つまり、殺伐とした戦闘シーンだけは、そこそこ見応えがあったと思える作品でした(ホームシアター環境でBlu-rayで見た感想)。

あとは個人的に良かったのは、神ゼウスを演じていたルーク・エヴァンスのルックスが好きなので。(「三銃士」のアラミスもかっこよかった)

しかし、息子が神の掟を破ったからといって、なにも殺さなくても…と思いますが。
そして意外だったのは、あの伝説の弓。
主人公テセウスの武器として活躍するのかと思いきや、敵に奪われてずっとそのまま。

この作品、衣装担当が故・石岡瑛子さんで、神様勢の独特の衣装(あの金色のやつ)とか、私個人的には「タイタンの戦い」シリーズの神様のキラキラ鎧より個性的でいいかなと思います(しかし好き嫌いが激しく分かれるでしょうね)。

決して私が筋肉マニアというわけではありませんが、この作品ではあの衣装で人間勢との格差があまり無くて、全体的に調和が取れているのでは?
「300」と同じで、露出度が高い方があの作風には合っているのかと思います。

銀平
銀平さん / 2012年5月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

多いね

どうもましゃです(*^。^*)ギリシャ神話関係映画は非常に多く、特に最近のはかなり大掛かりな、CGをふんだんに使った作品が多くなってきている。
そういう物語を作りたいのか、作り易いのかはどっちでもいいが、どれもこれも似たような感じになっていてどうも、感動したり、面白かったと思わせる作品にあまり出会えないのがつらいところ。
そういう作品を敬遠すればいいのだが、迫力映像に負けて観てしまう。
こういう題材は神が肝になる感じがする。ゼウス含め神々の特徴などが作品を重くしたりするわけで、今回は出番があまりないが軽く感じた。
敵のボスのミッキーロークの神々を嫌う理由も深くなく、ラストまで神々との絡みないし、敵軍達のボスへの魅力をどこに感じて集まったのかもあまりわからない。とはいえ、映像は迫力あるし戦いも真実味があり、観ていて退屈はしないしストレスも溜まらない。首が飛ぶなどの残酷描写が良かったのかも。
続編がありそうな雰囲気だが、今度は脚本をしっかりさせ、同じような迫力映像を見せてもらいたい。

ましゃ
ましゃさん / 2012年4月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

懲りすぎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ロブスターのヘルメットも、赤いドレスに黒いチェーンも、天井画を意識したエンディングも、懲りすぎ。。 ミッキー・ロークの悪役も 私的には微妙なところだし、いくら監督が インドびいきだからって フリーダ・ピントを預言者に抜擢するなら もっと演技指導してほしかった。 そう、まさにあのお尻のボディ・ダブルが出たシーンから 退屈と感じたし、退席する人たちもいました。

あまりにも激しい戦闘シーンや拷問シーンに その趣旨を見失いそうになるし、フライングして罰せられたアレスは、無駄死にしていく戦士たちを雲の上の上から見て「ほら、俺が正しかった」と思っていることでしょう。 アレス役のダニエル・シャーマン、かなりイケメン☆

やたらと血を見るシーンが イタい演出で逆効果。 それに『300』の製作スタッフ参加という宣伝の仕方は イヤですね。。 だって(『300』の)足元にも及ばない作品なので。 ゴールドすぎる神々は “神々しさがなく”安っぽかったし、死んじゃうってのもねぇ。。

次期スーパーマンを演じる ヘンリー・カビル(テセウス)を売り込むという意味では 成功したと思う本作品。 時代は繰り返す?って おい、殺し合いを助長するなよ。 続編はいらないな。 どうしても作るなら 監督交代でセンス良くお願いします。

作品評価1.5 + イケメンたちの肉体美・戦う姿が良かった 1.0のトータル 2.5。 「ハイぺリオン組への入会の儀式」で 場内の男性客たちがそろって「オォ。。。」と悶絶していたのが ちょっと笑えました。

Blue
Blueさん / 2012年1月13日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

拷問こわいよ~

ターセム監督大好き!!!!!!!!!!!!!
って言いたくなるほど
ターセム感炸裂してましたねぇ~!!

あの世界観は、たまらんですなぁ~!!

ラブコメ娘
ラブコメ娘さん / 2012年1月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

神話は気にしないと面白い

毎度、神話系の映画では神話伝説との違いが気になるものだが、今回は神々(インモータルズ)はともかく、人間(モータルズ)の名前は知らない人ばっかりだったので、神話のことは気にせず見た。

予告も見ないうちに写真だけの第一印象から「神話版300」だと思っていたが、ほぼそのまんまだった。
スプラッターといえばスプラッターで、首が飛んだり肉体がはじけたりするシーンが頻出し、また、その多くがスローで描かれるなど「300」のグロぶりに拍車がかかる映像。

筋肉ムキムキ「300」大好きであればお勧めだが、グロ、格闘系はちょっとという人にはお勧めできない。



テセウスのヘンリー・カビルは、2013年公開予定の「マン・オブ・スティール」では、クラーク・ケント、すなわちスーパーマンを演じる。

ゼウスが化けた老人役のジョン・ハートは、「ハリー・ポッター」のダイヤゴン横丁の杖屋のオリバンダーで、「エイリアン」では、最初にエイリアンに腹を食い破られる宇宙飛行士。

フリーダ・ピントは「スラムドッグ・ミリオネア」のラキータ、「猿の惑星:創世記」では獣医のキャロライン。

KGR
KGRさん / 2011年12月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

低い期待のハードルをさらに… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

副題は神々の戦いだが、序盤・中盤は人間の戦いが中心。まあ、それなりには面白い。
ああ、ゼウスやアレスたちが敵と戦うのは後半なのだなと少し期待。

そして終盤、万を持してタイタン族と神々の戦い…が、どうにもちゃちい肉弾戦。さらに、ここで初めて登場する太陽の神アポロも一瞬にしてやられてフェードアウト。。

この映画一番の見せ場のはずなのに、はっきり言ってショボい、ショボすぎる。
タイタン族どう見てもザコキャラの集まりにしか見えないし、こんなのにゼウスが苦戦するかぁ?雷(いかづち)で一蹴できるんじゃあ?と思えて仕方がない。

いっちー
いっちーさん / 2011年12月10日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ギリシャ神話の都合 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

どなたかの感想に「映像にねじ伏せられてる」と
書かれてましたが、まあぶっちゃけそんな感じw

監督は「セル」や「落下の王国」の(ターセム・シン)。
プロデューサーは「300」の方。
監督の壮大な宗教絵画のような美的センスは好きだし
ギリシャ神話の設定でその表現を観てみたいというのは
わかる気もするけど、いかんせんストーリーがもう少し
どうにか調整できなかったのかと悔やまれます。

地上を支配しようとするハイペリオン(ミッキー・ローク)
率いる邪悪な軍団と、その野望を阻止しようとする英雄
主人公テセウス(ヘンリー・カヴィル)+神様集団の戦いw

オリンポスの神々が封印した闇の神タイタン族を、
鍵となる“エピロスの弓”で解放し、闇の力を手に
入れようと企むハイペリオン軍団が宣戦布告。
人類滅亡の危機を前に全能の神ゼウスが選んだ人間
テセウスにその阻止を託すのですが、、、

運命の英雄テセウスが弓を手にし大活躍、、、
とはならずあっさり横取りされてびっくりw
肉弾戦でヘトヘトになりながらもボッコボコ闘う
のですが、ここぞというピンチには神様が参上して
一蹴してしまうwww。と、これじゃハラハラ
ドキドキが元も子もないではないか!!!
と憤慨してしまいそうな不公平展開で、
派手で華麗なアクションも神様がぶっちぎりに
殺戮まつりしてしまう展開。

そもそもギリシャ神話を少しでも興味ないと“?”だらけ
じゃなかろうかと危惧せざるえないとこもあり。

いろんな説、組み合わせがあると思いますが
劇中に説明がなかった為になんでやねん!と
ツッコミそうになりましたw

・神様なのに死んでしまうという何故
(オリンポスの神々とはいえ、闇の神々タイタン族と闘って
 負ければ死ぬ)

・弱い人間を指名した意味、助けてしまう理由
(人間に希望を期待すると同時に人間の意思協力がないと
 タイタン族に勝利できない)

とか、知ってる知らないじゃ、ちょっと印象違うかも。

主人公テセウス(ヘンリー・カヴィル)
なかなかの男前で次回のスーパーマンだとか。
衣装も似合っててそのまま偶像になりそうな佇まい。

敵役ハイペリオン(ミッキー・ローク)
カニばさみメット姿がちょっとお茶目w
「レスラー」を彷彿させる重量級なキング悪を好演。

神ゼウス(ルーク・エヴァンス)
ちょうど上映中の「三銃士」のアラミス役の方。
今作では、ズバーン!と地上に登場して見せ場満載ですw

衣装デザインは(石岡暎子)さんなんだけど
毎回、うっとりするような斬新さですw

個人的には神話ベースのゲームとか好きなんで
バッサバッサ切り倒される描写には慣れているし
それなりに楽しめましたが、ファンタジックな
魔物なし爽快感はあってもハラハラ感に疑問が
残る説明不足な内容だったりは観る人選ぶかも。

harizo
harizoさん / 2011年12月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

インモータルズ 神々の戦い

 うーん「なんだこれっ!?」が観終わった後の感想。
前作「300」と比べたら全然面白くない。

 そもそも両陣営の動機付けが十分でないため、何のために戦っているのか
が良く分からない。神々とタイタン族の説明も良く分からない。

 でもやっぱり、ギリシャの神々が戦闘シーンを展開し、切られて死んでいく…これには面喰ってしまった。日本で言うなら日本武尊や大国主尊たちが剣を持って戦って、切られて死んでいくわけでしょ?そんなの嫌だな…

 まぁ時間つぶすのにはいいけど、下手すると気分の悪くなる映画です。

komaje
komajeさん / 2011年12月6日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

低体温スプラッタスペクタクル

MTV界出身の映像派ターセム監督と『300』の制作スタッフが放つスペクタクルアクション。
僕の知り合いは本作がザック・スナイダー監督の新作だと勘違いしてたので、皆さんもちょっと注意。
ところで、本作に参加してた『300』のスタッフって誰? 調べてみたものの分からず終い。

さて本作。
未詳とはいえ『300』のスタッフ参加を謳うだけあり、
VFXを駆使したアクションシーンは流麗かつ血しぶき飛びまくり。
衣装(金ぴか!)・画作り(火のムチ!)・小道具(うし!)など、
美術的にも大変美しい映画だ。

しかし……
本作、全体的にちょっと体温が低い感じがする。35.2℃くらい。
ラストに入る直前の“不滅”に関する演説のシーンには
グッと来るものがあったが、暗くて鬱々した雰囲気のシーンの方がずっと多い。

それもあってか、アクションや画は派手なのにどうも気分が乗らない。
クライマックス以外のアクションは細切れだし、
満を持して登場する神々のアクションは、なかなかだが活躍の時間は長くない。

物語の鍵を握るタイタン族もタイタン(巨神)という割にゃ大きさは人間サイズだし。
並の人間よりは強いんだろうが、神々にバッサバッサやられてたし。
神話じゃ地球を背中で背負えるほどデカい方々のハズなので、
大暴れする超巨大なタイタン族!みたいなのも少し期待してたんですよねー、
まあ、勝手な期待か。

またこの映画、
壮大な物語であるにも関わらず、妙に空間が狭く感じられる。
上手く言えないが、この映画は『額縁入りの綺麗な絵画』という印象だ。
心を惹き付ける絵画なら額縁の外にまでその世界の拡がりを感じるハズでしょ。
この映画は、画は綺麗でも、その拡がりを感じない。
むむ、言いたいこと伝わらんかなあ。
とにかく、爽快感・没入感不足!と思えた訳です。

けど、主人公を演じたヘンリー・カヴィルは良い。
ギリシャ彫刻みたいに美しい筋肉のイケメン。
演説シーンや、カメラが横スクロールするアクションシーンでの美しい剣捌き・槍捌きに唸る。
他にも見事なマッスルの持ち主が沢山登場するし、
衣装もやたらにマッスルを強調するような装飾だし、
筋肉好きな方には全力でオススメできる映画だ(?)。

そうそう、最後にひとつ。
太陽神アポロ……名前のテロップが出るタイミングが……か、悲し過ぎる(笑)。
思わず吹き出しそうになってしまった。

<2011/11/12鑑賞>

浮遊きびなご
浮遊きびなごさん / 2011年12月4日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ミッキー・ロークって結構強いぞ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

公開終了間近なので急いで見に行った。
 感想を言えばミッキー・ロークの演じるハイぺリオンがヤバい位に強すぎです。
 アンタ別に巨人族を手に入れなくてもガチで強くって残忍やん。
 これに対するは母親を殺され復讐に燃える戦士テセウス。
 彼を導くのはギリシャ神話の神ゼウス。
ギリシャ神話の神様は不思議なルールで自分を縛り、なかなかテセウスを助けようともしませんが、終盤にはさっきまでの自縛っぷりは何処に行ったか戒めを解かれた巨人族を相手に暴れまくります。
 最後はテセウスもハイぺリオンと相打ちに成り、ギリシャの神々も次々と倒れてゆきます。
 ラストは俺たちの戦いは続くぜパターンです。

マコゾン
マコゾンさん / 2011年12月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

35件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報