劇場公開日 2011年4月16日

  • 予告編を見る

ダンシング・チャップリンのレビュー・感想・評価

3.79
47%
16%
26%
11%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全9件を表示

4.0いいわあ、これ!!!

CBさん
2020年6月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

チャップリンはほとんど観ておらず、バレエもほとんど知らない俺なのに、これぞチャップリン、これぞバレエ、という気持ちにさせてくれる。これこそ、ドキュメンタリーの醍醐味ではないだろうか。

そしてまた、"作品を作りあげる人" という、同じ立場の、監督と振付師が言い争う 「警官のシーンを、野外で撮影するか否か」も、プロフェッショナル同士の、譲れない主張であり、その結末がどうなったかを、後半で確認するのも観客の楽しみ。

作り手も踊り手も、プロばかり集まる真剣さ。だからこそのものづくりの楽しさが、前半の画面から滲み出る。劇を作る、バレエを作る、映画を作るということ、そういう沢山のことが、適度な緊張感と共に、楽しく入っている。さらに、前半の練習シーンを見れるからこそ、バレエがスポーツであり、芸術であることが実感される。う〜ん、ディスイズドキュメンタリー!

先ほど警官のシーンの話を書いたが、前半の練習シーンが、後半のどこに入っているかも、観客としては楽しめるところ。周防監督、上手だなあ、と心から思いました。

前半と後半の間には5分間の「幕間」があり、映画館では実際に休憩になりました。これは、終わってから気づいたのだけれど、とても重要。
映画だから両方観ている訳だけれど、実際には我々は、後半の作品だけを観る。それを、体験するためには、この幕間休憩で、前半をすっかり忘れて、あらためて舞台の最初から没入しなければならない。
なぜなら、後半の舞台にも、起承転結みたいな "流れ" があるから。俺は今回は、切替が上手くできなくて、後半の最初に停滞感を感じてしまったが、すごくすごくもったいなかった。これから観る人がいれば、是非伝えたい。後半は、これで一つの舞台です!

俺は、観てもいない「街の灯」で、ポロリと涙をこぼしちゃいました。チャップリンの映画も、ちゃんと観なきゃ!

追伸
これが、草刈民代の最後のバレエだったと、見終わってから知りました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
CB

3.5ストイック

2015年11月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

2011.8.13
夫と横浜ジャック&ベティで鑑賞したのをふいに思い出した…

周防監督と草刈民代のライフワーク総集編的なドキュメント映画
バレエもチャップリンも美しい…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mamagamasako

2.0ダンシング・チャップリン

pironさん
2015年9月26日
iPhoneアプリから投稿

チャップリン風の舞台の稽古場面と舞台映像。草刈民代が素敵。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
piron

2.5このまま聞いても、俺の心が乱れてる

shimoさん
2013年4月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
shimo

4.5舞台と映画の攻防技。

ハチコさん
2011年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ハチコ

4.5映画(≒チャップリンの滑稽)×舞台(≒バレエの躍動美)=(映画+夫婦)愛2乗

全竜さん
2011年5月19日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
全竜

5.0民代さんが美しい。。☆=。。

2011年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

幸せ

プティの、「チャップリンと踊ろう」というバレエを、
ルイジ・ボニーノさんと 草刈民代さんで リメイクした作品。
第一幕がメイキング(約1時間)、第二幕がバレエで、
間に5分間の休憩があります。
バレエは、それほど思い入れがないうえに、
リメイクのほうがいいことって、まずないよね。。
と、思っていたのですが★
ボニーノさんの陽気なキャラクターと、
民代さんの、あの人間離れした可愛らしさがマッチして、
うお~~ 芸術~~ と、思いました。
個人的には、警察官のバレエも良かったです☆
周防監督の作品は、はずれがないですねvv ^-^

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
まごちゃん

4.5やっぱりチャップリン

xtc4241さん
2011年4月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

知的

こんにちは(いま4月17日11:48頃です)

この映画のテーマはいろいろとある。ありすぎるくらいだ。
たとえば、
①振付家ローラン・プテイとチャップリンの出会い
②ローラン・プテイと周防監督の芸術に対する葛藤
③ルイジ・ボニーノというダンサーの集大成であること
④草刈民代というダンサーのラストダンスであること
⑤チャップリンに対する周防監督のリスペクト

ちょっと上げただけでもこんなにあるのだ。
でも、僕はやっぱりチャップリンのことを書こうと思った。
それはこの作品のすべてのひとがチャップリンへのリスペクト
があって、そこから生まれたものだと思うからだ。

それはパンのダンスから始まった・・・

チャップリンの「パンのダンス」。クロワッサンにフォークを刺して、
左右の手を動かして、クラッシックダンスを踊るように見せる・・・
有名な場面だ。
ローラン・プテイは引退したチャップリンと出あったとき、食事の
とき何度も見せてくれた。あ~あ、やっぱり天才だと思った。

僕も思う。
単に機械の様に正確だというのではない。リズムに乗っているだけ
ではない。なにか、タメとか、マととかいった人間が持っている
ファジーな動きまで表現されている。

「街の灯」にはいつもやられる・・・

映画の終盤に出てくる「街の灯」の音楽・・・。
それだけで涙腺が緩んでしまう、条件反射のように。
こんなシーンがほかにあるだろうか。そう思ってしまった。

盲目の売り娘と錆びれた紳士の出逢いの場面
こんなに叙情性と哀愁と純粋な愛を表わした場面はない。
それは長続きしないものではないにしても、一瞬の輝きは
唯一無比な場面だと思うのだ。

天才という言葉には安易に使いたくはないが、
やっぱりチャップリンは天才というしかないと思ってしまった。

というわけで、映画も、あまり見る気もしなかったのだが、
ひさしぶりの感動を呼び起こしてくれたのでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
xtc4241

5.0美しい出会い

earth1さん
2011年3月3日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

知的

幸せ

チャップリンとプティ、周防監督と草刈民代さんとの出会いが生んだ美しい作品です。
チャップリンの美しく優しい心の世界が広がります。生きる歓びと哀しみにあふれ、心が浄化されます。
バレエと映画が見事に融合して、泪がにじみます。
第一幕のプティと周防監督、ルイジと民代さんが作品を創り上げる苦闘も見応えあります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
earth1
「ダンシング・チャップリン」の作品トップへ