フレンズ もののけ島のナキのレビュー・感想・評価

フレンズ もののけ島のナキ

劇場公開日 2011年12月17日
25件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

泣いた赤鬼

 後で『泣いた赤鬼』の話を調べてみると納得してしまった。青鬼(ここではグンジョー)が人間と赤鬼(ナキ)と仲良くさせるために芝居をうつストーリー。青鬼が人間を襲い、それを赤鬼に助けさせるという単純な物語。ただし、原作では赤鬼はもともと人間が好きで、仲良くなりたかったという設定であるが、この映画では凄まじいことになっている。人間は元々残酷で凶暴。これまで何度ももののけを襲い滅ぼしてきた歴史があるのだ。この設定だけは子ども向けではない!民族の違いによる争いとか、そんな戦争が起きる現実社会を見事に描いている。

 映像は初期の3DCGっぽくデフォルメしまくりの人間たち。『モンスターズ・インク』のようにどこか愛着を感じられるもののけキャラてところがイマイチか・・・

kossykossy
kossykossyさん / 2018年11月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あざとい

泣かせにかかるあざとい演出にはがっかり。声も変だし、全く共感できなかった。山崎監督推しなのも商業的でダメ

ともろう
ともろうさん / 2017年6月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣きました。

観賞時の自分の精神状態のせいか、あれほど泣かされた映画ははじめてでした。

あのような話に涙もろいのかもしれません。

話の内容は、友情物です。

○すみません、内容はよく覚えていないので、また観たときに追記します。

lava
lavaさん / 2016年9月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

侮っていたけど、感動した。

侮っていたけど、感動した。

もか
もかさん / 2016年6月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動

レンタルで観たんですが、予想外の感動でヤバかったです(T_T)

ニックネーマー
ニックネーマーさん / 2015年6月1日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ツッコミどころがチラホラ。・・☆⑤なのに③になった訳は?

そう。
・・惜しいのだ。

モンスターズインクとトトロと・・
『昔話のあのお話(*ネタバレになるので明かさない)』を足した作品だ(´・Д・)」

後半は素晴らしいが、前半が俄然に退屈だヾ(@⌒ー⌒@)ノ

①いつも思うのだが、脚本だ!
物語の前後ろ入れ替えるだけで、作品の趣はかなり変わるのに・・
②充実の声優陣。
香取さんは悪くない!むしろ素晴らしい!
だが、山寺さんやユーさんや阿部サダヲさんや加藤清史郎君や・・
周りが上手過ぎるのだ!!!

作画、CV、音楽(*MISHA素晴らしい!)、全てが完璧!
唯一・・脚本が(´・Д・)」

残念♪(´ε` )

☆評価は・・
DVD100円基準で(*^^)v③〜④

DVD買う度 ◎◎◎
モ1回見たい度 ◆◆
おすすめ度 *****
デートで見る度 ◇◇◇◇◇(映画経験値低い方に特にオススメ!)

観た後の食べたいキノコ】
天女ダケ*\(^o^)/**\(^o^)/**\(^o^)/*

直近のレビュー、◎さかさまのパテマと同じようなレビューになってしまった。
スクリプト?映画のミソは脚本よね(´・Д・)」

えびかに伯爵
えびかに伯爵さん / 2014年11月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アニメ

最近のアニメの中でもすごく面白い~
映像もきれいで良い~♪

また何回も観たいと思った
小竹が愛くるしい~。
またもののけたちも個性的
涙あり友情あり笑いありお気に入りの映画

コダック
コダックさん / 2014年2月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

退屈

最後はちょっと良かったけどそれまでが見ててかなり退屈だった。
CGアニメとしてもディズニー、ピクサー、ドリームワークス等に比べるとしょぼく感じる。
久々に眠くなるような映画だった。
でもなにより残念だったのは香取慎吾さんの吹き替え。
本人は嫌いではないがこれは合ってないと思った。
CGアニメ映画好きな自分でも子供向けだなあと感じました。

毒ガス丸
毒ガス丸さん / 2014年1月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは好き。

とても見やすい映画でした。

こんな感じの映画好きだわ〜

見て損する事は無いですよ!
逆に見ないで損するかも‼

ritz
ritzさん / 2013年7月7日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣いたナキ

童話「泣いた赤おに」をベースに、人間の赤ん坊と“もののけ”の交流を描いた、和製「モンスターズ・インク」とも言うべきファンタジーCGアニメーション。

「ALWAYS」の山崎貴が監督なだけあって、CG技術は見事。
映像も背景も美しく、動きもダイナミックで(特にナキの驚異的なジャンプ力)、日本のCGアニメとしてはなかなかレベルが高い。

話自体はファミリー向けで予定調和だが、しっかりツボを押さえている。
横暴で嫌われ者だった“赤おに”ナキに次第に芽生える優しい心。
ナキの幼なじみの“青おに”グンジョーがナキの為に一肌脱いだ友情。
人間の赤ん坊コタケとの、人間ともののけの垣根を越えた交流。
どれも分かっちゃいるけど感動し、心温まる。

ナキは幼い頃に人間に親を殺され、以来人間を憎み、そのせいでひねくれ、もののけ仲間からも嫌われ者に。しかし、コタケと触れ合って、憎みが消え、ナキの世界は広がっていく。憎みだけでは何も得る物は無い。

昔の争いから人間はもののけを恐れているが、もののけもそう。もののけは人間を脅かすだけだが、人間はもののけを殺そうとする。度を越した人間の恐怖心の方が恐ろしい。

ハートフルな作風の中にもそんな意味合いをやんわりと織り込み、笑えて、心温まれて、感動して、素直に楽しめる好感のアニメーション。

近大
近大さん / 2013年6月14日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

簡潔に、男の友情を描(えが)いている ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作の児童文学「泣いた赤鬼/浜田廣介」は未読の状態で視聴しました。

ストーリーは簡潔に、男の友情を描(えが)いている(ナキとグンジョウの友情)。

主なストーリーは2本。
(一)もののけ島に漂着した小竹(人間の赤ん坊)、初めは追い返そうと躍起だったナキが、次第に小竹(人間の赤ん坊)と心を通わせて行く。
(二)人間に母親を殺害された過去を持つ2人(グンジョウとナキ)、グンジョウがナキのために一芝居打ち(グンジョウが悪者になる芝居)、ナキと人間たち&ナキともののけたちの仲をとりもつ。

視聴後、ぼくは泣きました。

不死鳥
不死鳥さん / 2013年5月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジブリ映画よりよほど子供に観せたい作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「friends -フレンズ- もののけ島のナキ」は試写会と劇場3D、2回見ました。
泣きました。すごく心に響きました。
この話は有名な「泣いた赤鬼」が原作の、心温まるストーリーです。
香取慎吾さんが声を絞って野太い声の、荒々しくもチャーミングな「赤鬼」を演じていらっしゃいます。
軽い感じではなく猛々しい声の感じが声とは正反対の「優しい赤鬼の性格」をくっきり際立たせていて、とても素敵です。

お話は最初は「人間、ひどっ」って思いますが、
話は80%くらいハッピーエンドです。
20%くらい切なさが残ります。

泣いた赤鬼の原作は結構な感じで切なさばかり残りますが
こちらは切なさ多少除去仕様に出来上がっています。(笑)
子供が喜びそうな小ネタを散りばめていて笑える部分はたくさんあります。

自分を笑い者にして自己犠牲できる人は多いと思いますが
自分を悪者にして自己犠牲できる人って、なかなかいないですね。

誰だって人に嫌われたくないですし。。

青鬼の優しさは強さだなぁ…って思います。
私はどんな風景描写の高尚なジブリ作品より
メッセージ性が強く、心に残るこちらの作品の方が
子どもに見せたいものだと思いました。

ちなみに3Dと2Dを観ましたがこの映画は正直2Dで十分。
ところどころに3Dならではの飛び出し感メリットはありますが。
わざわざ高いお金を出して3Dで見る必要はありません。

覆面A子
覆面A子さん / 2012年2月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ディズニーを超えた! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最後号泣していました。この作品に出会えて幸せです。ぜひ続編も期待しています。ぜひグンジョーとナキの冒険で!あの二人と一杯やりたいなーオイラも母を亡くしてるから気持ちわかる!グンジョーきっと母に会えるよ=!

琉球海賊王
琉球海賊王さん / 2012年2月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑えました

笑えますし、心温まりました。子供も大笑いだし、感動してました。
作品の長さも幼児にもギリギリ大丈夫でした。

たかひろん
たかひろんさん / 2012年1月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不覚にも泣いてしまった__D_F9AB__

日本映画なだけに日本人の心にぐっと来る温かさがありました__D_F9C6__
大人には先が読めてしまうんですけど、何て言うのかな〜。。。それでもやっぱり幸せな気分にさせてくれる映画でした__D_F995__
いい意味で期待を裏切らないみたいな__D_F99F__
そしてとにかく笑えました__D_F9F8__阿部サダ最高__D_F9CF__

れに
れにさん / 2012年1月6日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ぼろっぼろ涙が出ました。。

元々作品の詳細を調べたりしないので、予告編で観た知識くらいしかなかったので、どんな展開かわから内で見ていたんですが、途中で、「泣いた赤鬼」がベースなのか、と気付いて、結末がわかったんですが、それでも涙がダバダバでちゃいました。
ナキやもののけたちが、何故人間を嫌うのか、お互いの確執、原因を語るシーンは心が痛みました。
現実の世界でも、妖怪と人じゃなくて、人間どうしてどういうことが起きているなぁ、、とか。
本作は、山崎監督が子供の頃から好きだった「泣いた赤おに」をベースに、監督自らがアレンジを加えたものだそうです。。見終わって、日本っていいお話を持っているんだなって、改めて思いました。
こういう昔話って、今の子供読んでいるのかな。。。こういう形でも、子供達が接してくれたらいいなと思いました。
阿部サダヲのゴーヤの妖怪とか可愛い、無駄におかしいwwwアニメでもアベサダ魅力満載w
個人的にはナキの相棒、グンジョウ(群青ってカッコイイ名前ですよね)の声優が、山寺宏一なのが、ちょっと残念だった。いい声優さんなのかもしれないけど、この役にはあってなかったかな。。もっと落ち着いた感じの声がよかったなぁ。。。ネームバリューはあるけど、渋い群青がよかったな。と、思いました。かっこいいので。
自分に子供はいませんが、子供がいたら是非見せたい作品です。

NAO
NAOさん / 2012年1月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1234ゴーヤ

予告を観る限りシチュエーションやキャラ的にはモンスターズインクであったが、本編は日本的お涙ちょうだい物語だった。小竹がもっと活躍すると思ったがイマイチ。ナキも水面をピヨンピョンから森へダイブが見せ場か?グンジョーの怒り爆発して村を襲うシーンはもののけ退治人との対決を期待したが、退治人はトットと逃げた。変身して大怪獣となったグンジョーが村人を襲うのは違和感があった。ナキへの便りでその違和感は払しょくされた。グンジョーは大人だね。それにしても阿部サダヲはいつももうけ役だ。いや、阿部サダヲだからできる役なのだろう。

ace
aceさん / 2011年12月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣いたオバサン。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

子供の頃に読んだ「泣いた赤おに」は、とてもシンプルなお話だ。
人間好きの赤おにが村の人々となんとか仲良くなりたいと思う。
しかし村の人々は(もちろん鬼だから)怖がって近づこうとしない。
そこで仲間の青おにがある思案をもちかける。さて、どうなったか。
このお話の素晴らしいところは、「ともだち」「なかま」の存在である。
だから今作がタイトルに「friends」と付けたところは頷ける。
誰もが自分ひとりで生きているのではなく、大勢の仲間に支えられ、
どこかで助けられているのだということを教えるお話でもある。
だから学校教材にも使われるわけだ。至極納得のいく話である。

で、VFXオタクの山崎監督が^^;ど~しても撮りたくなっちゃって、
なんとプレスコから二年もかけて制作し、やっと公開にこぎつけた。
この監督ならではのこだわり(画への)はいつもながらスゴイと思う。
でも私は(すいませんが)2Dで観ちゃった。それでもかなりキレイ。
コタケの顔形はどうなんだろうとか、動きがおかしくないかとか、
どう見てもナキとグンジョーはポケモンに出てくる怪獣じゃないか^^;
とか、いろいろありますけど…やっぱり泣けるんだわ、最後の最後。
泣きじゃくるナキを見て、単純ながら、友達の意味を考えてしまう。

よく恋愛なんかでも
大好きなアナタのために(私ではダメだから)別れる、ってのがある。
相手を想って身を退く…ってやつですが^^;コレできる人少ないよねぇ。
そもそもどうしてそんなことが自分で分かるんだ?とも思えるし、
相手の気持ちは聞かないでいいのか?なんて風にも思えてしまう。
だけど真に心から相手を想うと、それができちゃうのかもしれない。
相手にとっての幸せって何だ?どうすればいちばん幸せになれる?
常に相手を見つめていなければ(見つめてるだけじゃダメですけど^^;)
絶対に起こせないような行動を(深く考えあぐねて)実現させてしまう。

友情も(少し違うけど)それに近いものがあるにはある。
自分の大切な親友が、大きな夢を持っていたとする。
しかし夢の実現には大きな壁があり、友人が自立する必要がある。
叱咤激励を超え、自分から突き放す勇気が持てるかどうか。
相手の幸せを祈る。とか、成功を祈る。なんて、口では言えるが、
とかく自分に甘い人間にはとても難しい。何たって一番は自分だから。
寂しい想いをするのは自分で、成功を治めるのは向こうだ(という前提)
それでも相手を一番に考えようとする人間が、この世にはいるのだ。

素晴らしき哉、友だちの存在。

悲しい、口惜しい、情けない、憎い、恨めしい、怒り心頭、バカ野郎、
子供の頃に「泣く」のはそんな感情の起伏が主だった。
そこに「歓び」や「感謝」で泣くことを教えてくれたのがこの本だった。
今作にはアニメらしい味付けが随所に為され、時間的にもまぁ長い^^;
それでも大切なテーマはしっかりと後半で描かれる。
コタケの愛らしさとグンジョーの名演(さすが山ちゃん)、ナキ以上に
目を真っ赤に泣きはらしたオバサンが私で「泣いたオバサン」なのだ。

(だけど本当は差別のない世の中で皆と仲良くできるのが一番だよね)

ハチコ
ハチコさん / 2011年12月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

たしかに泣いたあかおに ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

子どものころに感動したΓ泣いたあかおに」だった。
CGも3Dもなかなかやるじゃん。

…ただ、あかおにのナキが両さんだった。( ̄ー ̄)
相変わらずSMAPに辛い俺。
違う声優居ないのかよ。

オダギリサン
オダギリサンさん / 2011年12月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣いた赤鬼

3Dで見ましたが 3Dで見る価値はないです
3D感が無いです ほんの少し感じられる場面あったけど
その為に追加料金ってのは馬鹿げてます
希望の上映時間が3Dしかなかったため選びましたが
今後3Dは衰退していくんだなと思えました
CGや脚本は昨今のハリウッド映画からすればレベルは低いです

この映画の良さってのは やはり古くから語り継がれる日本昔ばなしが根底にあるから
だろうと思います。
日本人には 泣いた赤鬼 という昔話での最後のシーンはじ~~んとくるんですねぇ~
日本昔話を観に行くつもりで鑑賞してください。

小さな親子連れが多かったのですが子供は賢くみてるのに母親とかが
逆にうるさくて、ポップコーンを落とすわ 子供にいちいち説明するわ ガハハ笑うわで
茶の間でTVみてんのかよw と思うほどでした。

そういうのあるかもですがご注意して行ってくださいw

ヘイポー
ヘイポーさん / 2011年12月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

25件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報