機動戦士ガンダムII 哀・戦士編のレビュー・感想・評価

機動戦士ガンダムII 哀・戦士編

劇場公開日 1981年7月11日
2件を表示 映画レビューを書く

シャア復活 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

サブタイトルの哀戦士のネーミングは見事。主要キャラクター達が次々と死んでゆく。ランバラル戦からオデッサ作戦、ジャブロー戦と大きな話が続いてゆく中で、アムロの戦士としてのスキルが開花してゆく過程を描いている。井上大輔による劇中歌、哀戦士と風にひとりでも名曲です。

ミネルバ250
ミネルバ250さん / 2018年12月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、CS/BS/ケーブル、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何がなんでもガンダム2

1981年の作品
当時はなにがなんでもガンダムでした。
中学生の自分にとって映画を見るというだけで興奮していた
のを覚えています。
当時自分の周りのⅡの人気はあまり高くなかった
ような記憶がありますが今DVD等で見返してみてもアムロの
葛藤や、なんといってもカイの想い、またやしきたかじんさんの
主題歌等考えさせられる作品でした。
あの時、上映していた映画間もいまはありません。

とやひろ
とやひろさん / 2014年6月14日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi