神様のカルテのレビュー・感想・評価

メニュー

神様のカルテ

劇場公開日 2011年8月27日
44件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

静かに観る映画である

レビューに辛辣なモノがいくつか見受けられるが、これは静かに素直に見ればそれでいいんじゃないかと思います。

とかく、医療系のドラマは緊張感や人間関係の複雑さ、独特の社会を描いて視聴者を惹きつけようとするが、それが当たり前ではなく、こう言う現場医療に向き合って、日々忙殺されている医師たちや、少しでも今目の前にいる患者をなんとかしたいという医師の原点がこの映画に描かれています。

だから、ジェットコースターのようなストーリーは存在せず、確かに眠たくなるようなゆったりとした展開がこの映画の逆に見所として受け止めればいいと思います。

そう言う意味でのこのキャスティングはズレがなく、バランスの取れたいい映画に仕上がっています。

柄本明さん
宮﨑あおいさん
原田泰造さん
西岡徳馬さん
実にいい!

そして、松谷卓さんのサントラ🎼

ツアステ侍
ツアステ侍さん / 2018年5月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

期待せずに観て正解。まぁ残念。 主人公が住んでるとこはなんなんの?...

期待せずに観て正解。まぁ残念。
主人公が住んでるとこはなんなんの?
旅館っていってたけど、そこに他の住人と暮らしてるし、、、。
全然面白くないです。
キャスト目的の鑑賞なら
櫻井翔ファンの方はまだOK。
宮崎あおいファンの方は観ないでOK。登場シーンが少ないです。

へまち
へまちさん / 2017年11月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思い通りのストーリー展開

よくありがちなストーリー展開ですが、裏切られることもなく思い通りすぎるところが逆に見終わった後すっきりしました。
時代背景がよく分からなかったですが、面白かったと思います。

ブロッコリーミー
ブロッコリーミーさん / 2017年8月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャラクターがいい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

想像してた通りのお話といえばそうなんですが、評価でたたかれているよりは
 思ってたより結構よかったなーという印象の映画です。

私医者もの弱いっていうのもあるけど。

変人のイチ。
その奥さんのハルはすばらしいよき奥様。

同居人との友情、
医者としての葛藤、迷い、
余命宣告を受けている患者とのかかわり。。

とか、よくある内容なんやけど
それぞれのキャラクターがよかった。
全体的にのんびりとした空気。

柄本さんと池脇ちゃんと加賀さんがよかった。
2は借りてみようかな。

r!eco
r!ecoさん / 2017年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった

二回目だけどジーンとなる場面があった

piron
pironさん / 2015年7月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本が好きな人って…

櫻井翔の髪型が変だと思っていたら、髪型以外も変な人でした(笑)文学青年キャラのウケが悪いみたいですが、個人的にはソコがツボ。森見登美彦っぽくてイイね。宮崎あおいのキャラもハマってたし。内容はありきたりでベタですが、結構泣けました。

サケビオース
サケビオースさん / 2015年7月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

睡眠導入剤

これを見るとよく眠れます!

ワッキッキ
ワッキッキさん / 2015年6月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハルさん、いい! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

観終わった後、なぜか幸せな気分になれた。加賀まりこ演じる患者が幸せな感じで逝ったのと、主人公が最先端医療現場にいかず、予想通り患者のそばで働こうと決意したからなのだろうか。ハルさんが妊娠したというのもあるかもしれない。
あと、同居人との関係やハルさんとの関係がいい感じだった。特にハルさんはゆったりとしたやさしさで非常に魅力的。

ちびちょ
ちびちょさん / 2015年4月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そういえば最近宮崎あおい見なくなったなぁ。

そういえば最近宮崎あおい見なくなったなぁ。

ちかし
ちかしさん / 2015年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生をリセット

こういう作品を見ると普段考えていない病気のことについて自分の最後はどうなるのか、誰もが迎える死について考えさせられる。お涙ちょうだい的な映画だからこそ、こういう映画は必要である。映画を見るときに誰が演じているかということも大事だが、もっと内容を重視した見方も大事たと思う。
いつも忙しい毎日を送っている人こそこの映画を見てほしい。そして見て、少しでもいいから、自分の人生について考える時間を設けてほしい。
映画を見ると一止はとても仕事に恵まれていて、なかなか患者から信頼を受けているように見える。とても幸せな人生で、私からすればうらやましい限り。いろんな人間がいていいと思う。ばりばり新しい医学を求めて突っ走る人生もあれば、一人一人の患者をじっくり診る医師もいていいと思う。この世の中はうまいことバランスが取れている世界である。その証拠に人間は男、女がだいたい半々である。暑い夏が続けば、必ず寒い冬が訪れる。
また、夫婦の関係もこの映画はいろいろ教えてくれる。この映画を見ればわかるが、とても見ていてじーんと来るものがある。まだ新婚一年目のほどの夫婦であるが、自分の新婚の時を思い出し、自分の気持ちをリセットしてくれる。
こういう映画を見ることによって、自分の人生を見直すことができるということは、とても素晴らしいことだと思う。
脇役の熟年俳優は、本当に映画を引き締めてくれる。セリフ一つ一つがとても感動を受ける。
ぜひ、いろんな方に見てもらいたい作品である。
また、映像と音楽の素晴らしさが一層この映画を素晴らしいものにさせている。

casiopea
casiopeaさん / 2015年3月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本映画の演出って。。。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

どうして日本映画の演出ってこう、しらじらしいのか。。門出を祝っての「万歳」。ありえねー。ガン末期の患者の誕生日を病院の屋上で病院の関係者大勢で祝う。ありえねー。いつも廊下で遊んでる女の子。ありえねー。(なんで入院してるの??遊びに来てるの??)唯一つらかったのは来てない親族が来るまで心拍停止させないために肋骨全部折ってまでの措置、何やってんだろう、ってところ。

penguin
penguinさん / 2014年8月15日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2の前に見てみました

2の公開前に見るかどうか判断する為に借りて来て見ました。
カッコイイ櫻井翔のイメージではないけどこれもありだと思いましたね。
次回作は大好きな藤原竜也も出ますので見に行こうと思います。

かずくん
かずくんさん / 2014年5月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

事務的に見えるが純粋な思いが伝わる作品

映画評価:60点

神様のカルテとは、治療の出来ない終末医療の患者さんに希望を与えるというもの

少しボケボケしている主人公の熱心な誠意に患者さんが救われているのを観ていると心が締め付けられますね。

最後まで主人公の生活感(妻や仲間)は不要だと感じていましたが、やはり支えを描くのは重要なのかもしれない。

この主人公の性格を表すには生活感は必要でした
あとは主任看護婦が良いスパイスになっていて、むしろ奥さんより重要ですね。

観ている私が一番感情移入出来るのは彼女でした。

続編もある様ですので、期待したいですね。

【2014.4.23】

ヨコタス@名作探検家
ヨコタス@名作探検家さん / 2014年4月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動を演出しようというふつうの作品

がん患者を使って感動を演出する。
それはまあいいとして、その先に何を伝えたいのだろうか。何が伝わったのだろうか?
孤独死?
患者の自由意思?
医療関係者への問題提起?
家族や愛は大切だと?
厳しいね。リアルにやったらドキュメンタリーになってしまうし。物語にするならやっぱり感動イベントのシナリオにするしかないし。

絶対に病院じゃやらないような突飛なイベントを創ったり、余命で破天荒なことをする話が映画にはたくさんあるが、それは本当のがん患者の時間の中の1%さえ満たさない。
切り落とされたその他99%を描こうとする作品はありえないのだろうか。

ともきち
ともきちさん / 2014年4月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんか切ない

宮崎あおいちゃんが可愛すぎる。櫻井翔くんの髪型が最後まで馴染めず。病の映画は苦手だけど癒し系の映画でした

2014年3月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

のんびりとした詩的な医療現場の演出でした

総合65点 ( ストーリー:65点|キャスト:65点|演出:65点|ビジュアル:70点|音楽:65点 )

 医療現場で人の生き死にを見届けながら成長する若手医師の話なのだが、主人公とその妻は終始のんびり癒し系で詩的な雰囲気が漂い、重々しい医療現場という感じではない。原作がそうなのか監督の意向なのかわからないが、その雰囲気のままに患者の命を看取るという部分に焦点が当たりすぎて、現実感が掴みにくい。要は医療の話というよりも人情話になってしまっているのだが、でもこんな雰囲気の作品もたまにはありなのかな。

Cape God
Cape Godさん / 2014年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中途半端な作品

主演が櫻井翔という時点で最初からあまり期待はしていなかったが、予想通り彼の演技はやや力不足の感が否めなかった
もっとも、彼の本業は俳優ではなくジャニーズであるので、それは大目に見ることができる

だが、何よりも話が巧くまとまっていなかったことが痛かった
原作の世界観を全然再現できていなかったのである
私は、彼が力不足なことを踏まえた上でこの作品を観たのだから、話くらいはまともであることを期待していた
それがこの体たらくである
この点をなんとかしなければ、ただのアイドル映画に成り下がってしまいかねない
次作以降に期待したい

Possessed Antichrist
Possessed Antichristさん / 2014年3月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何かちぐはぐ。

うーん、微妙ですな。
見終わってしっくり来ない。
多分、主人公のキャラクター性から
背景、生い立ちが薄っぺらいから。
小説の丁寧な書き込みが使えない分
映画は如何にそれを省けるか。
この作品はその典型とも言える。
夏目漱石好きな気の弱い変わり者の
医師が日々、命を失う場面に苦しみ
悩むんだか、感情移入出来ねー。

だから見送り、何?って感じで
中途半端感、満載です。

伝えたかったであろう、
神様のカルテの意味も作り込みが
甘いせいで感動薄く・・・。

宮崎あおいも好きなんですが
何かフワフワした役多いです。

結局、
変わり者の気弱な医師と
その変わり者の仲間たち
としか思えなかった。
残念。

としぱぱ
としぱぱさん / 2014年3月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イイ“雰囲気”の映画

地方病院の青年医師イチが、写真家の妻ハルや同僚や患者に支えられ、成長していく姿を描いた、ベストセラー小説の映画化。
主演に“嵐”の櫻井翔と宮崎あおい、共演者にも個性的で実力のある面々。
患者との向き合い方、避けては通れない患者の生と死、医師としての成長…。
登場人物も皆善意に溢れ、テーマも内容も温かく、涙を誘い、見た後は優しく幸せな気持ちに浸れる。

でもでもでも、何なんだろう、この終始地に足が着いていない感じは?
どのエピソードも魅力的ではあるが、美しく語られているに過ぎず、善意溢れる登場人物もファンタジーの世界の住人のよう。好感度の高い役者の顔触れがさらに拍車をかける。
ボーッとして文学的な台詞を喋る主人公イチがどうも空っぽに見えて、感情移入しづらい。夏目漱石好きの愛読家で古風な性格という人物設定なのだけれど。
24時間365日対応の現状とか地方の医療現場の実態とか重みが足りず、見る者の心にズシンとくるものが無い。
この映画は現実を描いているのではない、理想を描いているのである。医療の世界という現実味たっぷりの“リアル”を描いている以上、致命的。
“イイ雰囲気の映画”であって、“イイ映画”とは特別思わなかった。

宮崎あおいは相変わらず可愛い。
でも最近、似たような役柄が続く。櫻井翔の奥さん、堺雅人の奥さん、岡田准一の奥さん、向井理の奥さん…。「わが母の記」での自立した女性は良かったのだが。
好きな女優なので、このままタイプキャストになってほしくない。

近大
近大さん / 2013年2月5日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悩め、悩め、悩め。悩まない若者は生意気だぁ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「神様のカルテ」(深川栄洋監督)から。
物語後半、そう言うことか、とタイトルの意味を噛みしめた。
主人公、栗原一止(イチ)は若手の医師、妻の榛名(ハル)は写真家。
人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔さんと宮崎あおいさんが、
絶妙の間合いで、この夫婦を演じていく。
この夫婦、全く違う分野で仕事をしながらも、
なぜか「寄り添う」という単語が似合う夫婦、という感じがした。
ところが、今回選んだのは、主人公が自分の進むべき医療の道を
研究中心の大学病院か、寝る暇も与えられないほど忙しい最前線か、
悩んでいたところ、先輩医師役の柄本明さんが、ホロ酔い気分で叫ぶ。
「悩め、悩め、悩め。悩まない若者は生意気だぁ」
最近、社会全体で、とことん悩むなんてことが少なくなった為か、
この「悩まない若者は生意気」というフレーズが心に残った。
「悩むこと」は決して悪いことではないし、むしろ思慮深くなる。
若い時には、仕事にも、恋愛にも、そして人生にも、悩んだ方がいい。
「若きウェルテル」のように、婚約者のいる身である女性に恋をし、
叶わぬ思いに絶望して自殺してしまってはまずいが・・(汗)
男でも女でも、悩んでいる顔って、意外とカッコいいんだよねぇ。

shimo
shimoさん / 2012年6月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

44件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi