恋するナポリタン 世界で一番おいしい愛され方のレビュー・感想・評価

恋するナポリタン 世界で一番おいしい愛され方

劇場公開日 2010年9月11日
6件を表示 映画レビューを書く

真面目に作ってるのに全然よくない作品。相武紗季は可愛いがそれ以外褒...

真面目に作ってるのに全然よくない作品。相武紗季は可愛いがそれ以外褒めようがない。お話も設定も継ぎたして継ぎたしてつくっていったような作品。脳死っていうためだけに茂木健一郎登場する。

yonda?
yonda?さん / 2018年11月24日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

☆★★★ ※ 鑑賞直後のメモから 「ナポリ〜!」 出た〜!『転校生...

☆★★★

※ 鑑賞直後のメモから

「ナポリ〜!」

出た〜!『転校生』+『ゴースト』の超絶カルトコメディー映画(爆笑)

大体周りの人間が、身体が入れ替わった事に対して、さも当然の様に思っているだけで、もうお馬鹿映画確定(^^)
何故、事故の時に2人がマキダイの住むマンションに行き、塚本高史もそこに2人が居る事が分かっているのか?全然理解出来ん。

「あたしは◯◯◯◯が憎い!」…と言い放つ相武紗季。

全く疑問を感じないだもんなあ〜?
そう言えば、最後の手◯も…。
もう意味分かんね〜(ー ー;)

さらに「わたしの前から◯えて!」には、椅子から転げ落ちそうになったわ。
何度も「ナポリ!ナポリ!」という度に、笑いを堪えるのが大変でした。

北大路欣也が登場する場面で、疑問を持たない人は居ない筈。
誰の?どうゆう経緯で?

2010年9月13日 TOHOシネマズ西新井/スクリーン6

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2018年1月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あ〜…

相武紗季演じるヒロインと塚本高史演じるシェフの幼なじみが居て、突然塚本が自殺しようとしていたMAKIDAI演じるピアニストと衝突、その衝撃で、MAKIDAIの体に塚本の魂が入り…。
美味しそうな料理と、フレッシュなキャストが織り成す奇妙な三角関係。
もっとハッピー&ちょっぴり切ないラブストーリーを期待していたんだけど、設定がちぐはぐ、話も弾まない。
相武紗季や塚本高史は頑張っているんだけど、MAKIDAIの演技が…。
フレッシュなメイン3人の他に、大御所や歌舞伎界や宝塚からも豪華俳優が揃ったのに、何だか勿体無い。
ツンデレな相武紗季が可愛いだけ。

近大
近大さん / 2012年9月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おいしい映画のつくり方。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

こよなく映画を愛するファンの皆さまからこっぴどく!?
お叱りを受けているこの映画。
いや~悪いけど私も賛同してしまいますね…残念ながら^^;
なんだろう。言いたいことはなんだったのか?的な、
観た後のハテナ感?もさることながら、俳優たちの人選も
どうも今ひとつ理解しがたい…。あー残念。
(エグザイルがどうのというわけではないけれど、どうして
彼らが俳優になる必要性があるのか私には分からない^^;)

塚本高史と相武紗季が気の毒だ。(爆)という意見も
分かります。仕方ない、彼らの巧さが際立ってしまうのは。
演技をなんと心得るか。が分かって作られている映画と、
美味しそう、楽しそう、カッコいいし、というその雰囲気で
仕上げられてしまう映画。作風は監督が作り出すものだと
しても、それを捉える側の観点を完全に無視して独断専行
してしまうとこうなります。のいい例だったかもしれない…
(すいませんね、でも言うべきことはハッキリ言わないと^^;)

では…やはりタイトルにもあるように、お料理が主体!?
かと思うと、そっちも中途半端。
もっと美味しそうに撮れただろう!?というシーンが満載で
ナポリタン(なんて名前はどうでもいいから^^;)を全面的に
美味しい主役に据えてみた方が良かったんじゃないか…。
観る側の観点はおろか、監督の視点もほぼ定まらないまま、
テーマが勝手にイタリアン化してしまった、そんな感じだ。
これでラブストーリー、って言われましてもー。

本当に残念。
ありがちな話とはいえ、もっとうまく料理できたはずなのに。
こういう作品に映画ファンは厳しく言ってあげていいと思う。
だって美味しい映画を観たいんですもんねぇ。

(もっと映画作りに恋をして、おいしい撮り方を学んだ方が^^;)

ハチコ
ハチコさん / 2010年10月9日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

料理の記憶を通じた主人公のふたりの絆の深さに、思わず涙がこみ上げ来ました。

 鑑賞券が800円で売られていたので、あまり期待しないで鑑賞しました。ちょっと突っ込みたくなる無理な設定にはダメだしする人も多いことでしょう。さらに冒頭は、やや演出のノリが悪く、台詞に固さを感じてしまいました。
 でも、美味しい料理に託さされた心暖まるメッセージ。そして後半に明かされていく、主人の二人の絆の深さに思わずホロリとされられ、見終わったときには心がほこほこと暖かい思いで一杯になりました。二人を繋ぐ年少時から馴染んできた味というのは、忘れがたいものですね。
 最後はちょっと悲しい結末になるのだけれど、幼なじみ以上恋人未満という、二人の微妙な関係にヤキモキしつつも、こういうのも素敵だなと思いました。
 もちろん料理のシーンもたくさん出てきます。美味しそうだし、ペロンチーノの基本テクニックなどイタリア料理のコツにも触れられているので、料理の参考にもなる作品でした。

 『かもめ食堂』などグルメがメインの映画と違って、こちらは『転校生』のような人格転換がメインのドラマです。でも『転校生』のようにハッピーなものではなく、ピアニストの槙原佑樹が飛び降りたところに、たまたま田中武が走り込んできて、ぶつかってしまうというもの。
 武は死んでしまうけれど、何故か生き残った佑樹の意識だけ乗り移ってしまうという設定なのです。
 幼なじみを殺された、佐藤瑠璃は当然佑樹を憎んでいます。どんなに佑樹の肉体に潜り込んだ武の意識が、二人しか知らない昔の話をしても、無視をされ、武である証明のために料理を作っても、口もつけず拒絶されてしまいます。

 瑠璃は、武が生まれ育ったイタリアで孤児になって、日本の親戚に預けられたときから親しくなり、ずっと料理自慢の武の料理を味わってきたのでした。そして武は、自分の料理を世界一美味しそうに食べる瑠璃の笑顔を見ることが生き甲斐となり、より料理の世界に没頭していったのです。
 そんな関係だから、武は料理さえ味わって貰えばわかるはずと思ったのですが、外見は自分を死に追いやった佑樹のままでは、どうしても瑠璃を説得できません。俺なんだぁ!叫ぶ武の気持ちが切なかったです。

 佑樹との対面を厭がることはわかっていても、武はどうしても瑠璃に伝えたいことがあったのです。
 それは、あの事故の直前のこと。自分の元上司のオーナーシェフ水沢譲二が瑠璃にプロポーズすることを知った武は、瑠璃に自分の気持ちを伝えたくて、一目散に駆け込んだのでした。しかし、死んでしまい思いを伝えられなかったのが、心残りだったのです。

 どうして仲のいい二人は、恋人にならなかったのかと不思議に思われるでしょう。ストーリーは何度もカットバックしながら、兄妹のように仲のよすぎたふたりの関係を描いていきます。そして瑠璃の父親が死んだことに触れて、武には何でも気持ちを打ち明けられる家族同様の関係を瑠璃が求めていたことを、上手く示していました。そんな複雑な瑠璃の気持ちを相武紗季が好演していて、充分に彼女の気持ちが伝わってきました。

 佑樹は、瑠璃の苦しむところを気遣い、自分の意識の時に、わざと瑠璃にキスを求めて、武ではないことを自覚させて、辛い気持ちを起こさせまいとします。
 佑樹は、著名ピアニストの父親に認められないということの他に、余命が行くばかりもないという絶望感に包まれていたのです。しかし武と合体して、料理の楽しさを共有するなかで、自身のときも残された時間にポジティブに向かっていく意欲を持ちます。そんな複雑な役柄を眞木大輔が渋く、演じていました。

 佑樹が迫ったことで、かえって踏ん切りが付いた、瑠璃は水沢に逆プロボーズします。結婚が決まった水沢に、武は結婚式の料理を作らせてくれと頼みます。佑樹の作る料理を味わった水沢は、武の味が完璧に再現されていることに驚き、承諾します。

 結婚式当日、瑠璃には料理人の名前を明かさず次々に登場する料理の数々。それは、幼い頃から瑠璃がせがんで武に作って貰ったものばかりでした。一つ一つの料理が出される度に、その料理にまつわる子供の頃の思い出にカットバックされて、涙ぐむ瑠璃。そのピュアな涙に見ている方も思わずもらい泣きしてしまいました。

 思わず武の元へ駆け出す花嫁。瑠璃を見た瞬間、実はホントは言いたかったことがといいつつ倒れてしまう武。
 起き上がったとき、急に君は誰と言い始め出します。一体何が起こったのか、感動のラストはスクリーンでお確かめください。

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2010年9月26日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おいしそう__AU_F7B2__

とにかく出てくる料理が美味しそうで__AU_F7F4__食欲を誘われる映画です。幼なじみっていうのは本当にいいなって思えて、悲しいけど前向きな主人公がとても印象的でした__AU_F37E__「恋愛感情なしに抱きしめてくれることがどれだけ救われることか」(ちょっと記憶が曖昧であってるか微妙です__AU_F7CE__)っていうセリフはぐっと来ました__AU_F399__

いかれ帽子屋
いかれ帽子屋さん / 2010年9月17日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報